私の備忘録


by tongchai0208
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カサゴ釣り@茅ヶ崎

e0125217_10332719.jpg



e0125217_10164058.jpg



昨日は、会社で言うところの”創立記念日”。
と言うことで、仕事をしたかったんだけど(大ウソ)、強制的にお休みを取らされたので、前回に続いてカサゴ釣りに行ってみた。
普段は東京湾の波穏やかな湾内の堤防近くで釣っているのだが、今回は相模湾の荒波に揉まれた特大カサゴを釣ってみたいと思い、茅ヶ崎の某船宿に行ってみた。

当日は曇りで、カサゴつりには絶好のコンディション。
私を含め6人で出船。
この釣りは、どちらかと言うと船の前の席がよろしい。
理由は、後日書きましょう。
で、私の席は船の一番後ろの左側。
まあ、左側には前と後ろの2名だけm真ん中には誰もいなかったので、どこでもよかったんだけど・・・

さて、最初の釣り場は港の裏の平島の横。
水深わずか6メートルから開始。
一投目で幸先よく20センチほどのカサゴをゲット。
2本針の仕掛けのため、一度の2匹釣れるなんていうことも数回あり。一時間ほどで14匹キープ。
次に、あの有名な烏帽子岩へ場所を移動するも、潮の流れ無く、釣れるのは小型ばかり、
それもエサのサバに短冊と同じ大きさ(5センチほど)んも赤ちゃんカサゴまで釣れてくるが、全て「親を呼んでこい!」と海にお帰り願う。
ここは、水深が2~3メートル。
超浅い釣り場なので、20センチ以上のカサゴが当たると、竿先をグイと引き込んで行くので、ドキッとする。
そして、掛かったカサゴが横走りするので、細い糸(ハリス1.5号使用)を使っているので、とてもスリリング。
海底がホンダワラのジャングルのような所を流していたときに、船中一匹だけの大きなメバルが釣れたが、水深が浅いため、抜きあげるまでに私を随分とてこずらせた。

お昼前から南の風が強くなり、烏帽子岩の陰に移動し(岩礁まで10メートルと離れていない)、ここで終了まで本日のハイライト、入れ食いを堪能。
一時過ぎに、益々風が出てきたので早上がりとなったが、結果、キープは29匹だが、小さめのカサゴは14匹リリースで船中トップでした。

ちなみに、船長には29匹で7匹リリースと言ったら、船宿のホームページのコメントは、以下の通り。

今日も好調てした!
朝は小型ながら一荷釣りも多かったです。
中盤シブかったけど、昼を周りカシマ潮が動きポツポツ!
トップの方はキープ以外にちびちゃん7匹リリースとのことでした!
今後も期待!!

だって!!


ちなみに、最低で14匹でした。

一番上の写真は、港の直ぐ裏、平島の釣り場。
いかにもにも釣れそうでしょ?
ここは水深、6メートルで入れ食い!
写真の左、遠くに見えるのは、江ノ島。
次の写真は、船中唯一の特大メバル君。
30センチありました。
下の写真は、私のキープしたカサゴ君たち。
クーラーに選別していたら、船長に写真を撮られましたので、こんな写真になりました。


茅ヶ崎のカサゴ釣り、行くんなら今ですよ!


明日は、昨日感じた茅ヶ崎のカサゴ釣り釣果アップのお話しでも書きましょうか???

e0125217_1017288.jpg

[PR]
by tongchai0208 | 2009-06-11 10:19 | 釣行紀 | Comments(0)