ブログトップ

大爆釣@剣崎沖

e0125217_81844.jpg


今、東京湾剣崎沖のワラサ?が釣れ盛っているということで、
25日の日曜日に金沢八景の某船宿から行って見た。

常連さんや船長が、「今まで、どこに行っていたんだ?」とか「釣りを辞めたんじゃないか?」とうるさい。

この日は日曜日とあって、22人の客で満船。

私は常連さんたちと6人で後ろの方で一塊。

当日は80号のサニービシにハリス6号6メートルの1本針。
コマセ、付けエサ共にオキアミ。

剣崎沖に到着すると、それはもう物凄い数の船。
一大ワラサ船団だ。
70隻は数えたが、めんどくさいのでやめた。

この日は、8時過ぎの第一投から早くも当たりがあり、9時までに6本を釣り上げる。
しかし、客が多いのでおまつりの連発。

常連はもう、お土産は釣ったので早くも宴会モードに突入。
私も参加し、缶ビール。

9時過ぎまでは入れ食いだったが、1時間ほどの間をおいて、またしても入れ食いモード。
私も常連さんもハリスを8号に変更し、電動で強引に巻き上げタモ網を使わずに抜き上げていた。

12時を過ぎる頃には、エサを入れれば必ず釣れるほどの入れ食いになっていた。

結果、私は12匹でクーラーに入りきらないので12時過ぎに終了。

まじめにもくもくと釣っていた人は・・・・・・
20匹以上ということにしましょう。
詳しくは、書けません。

初心者の方でも4匹は釣っていました。


e0125217_8184013.jpg



さて、この釣りのポイントは、船長の指示するタナに正確にコマセ籠を止めて、最初に一気にコマセを
出し切ること。
魚はコマセノ中に突っ込んできますから。

入れ食いになったら、8号で行きましょう。
今の魚、8号でも充分食うし、お祭りを避ける意味でもお勧めです。

それから、この暑さ、半端じゃないです。
飲み物はたっぷりもって行きましょう。
でも、アルコールは含みませんよ。
そしてクーラーの氷ですが、普段の倍以上入れていってもすぐに解けてしまいます。
これでもか?というぐらいがちょうど良いと思います。

さあ、ワラサの入れ食い、今なら堪能できますよ。
今週の平日なんか、最高かも??
[PR]
by tongchai0208 | 2010-07-26 08:18 | 釣行紀 | Comments(0)