ブログトップ

相模湾クルーズ

e0125217_12462334.jpg


このところ仕事も忙しく、9日・10日は出勤と言う事で、世の中、3連休だとか言っている人がうらやましかった。
しかし、11日の月曜日は何とかお休みにしておいた。

今年は楽しみにしていた相模湾のカツオのが思いの他よくない。
ところが10日の日曜日、突如爆釣の報が入ってきた。
どのホームページを見ても大爆釣で、早上がりなんて書いてある船宿も。
天気予報を見ると、晴天で気温も高いという。
しかし、最後の連休、混雑は必至!

悩んだ。

しかし、もう11月までは釣には行けそうもない。

そして、あえて込み合うのを承知で、湘南の某船宿に行ってみた。

早朝にもかかわらずもの凄い混雑。
マダイの船に変更しようかと思ったぐらい。
当日は、運良くミヨシに席を取ることができた。
船の一番前の席だ。

6時出船。
一路、真沖へ。
しかし・・・・・
午前中、魚影見つからず。
鳥山もなし。
昨日の今日?
船長も首をかしげ、カツオを探している他の釣り船の船長の無線からは、ため息が・・・・

相模湾クルージング6時間。
コマセも乾ききり、タバコの本数が増すだけ。
1時間ほど昼寝をしてしまった。
隣のオヤジと「今日は無理だね。戦意喪失だよ。」
なんて話していたときに、急にエンジンの音が唸りだした。
ちょうど、初島が見える当たりから小田原方向に全速力。
二宮の沖に鳥山ができたとのこと。
20分ほどで、前方に5隻ほどの船団が見えてきた。
周りを見回すと、相模湾クルーズ?の船がこちらに向ってきているのが見える。
全員が、コマセを詰め、餌をつけて戦闘準備完了。
エンジン音が小さくなるや、「30メートル、急いで~」と船長から突撃命令が。
しかし、この回は空振り。
周りを見回すと、10艘ほどの船が。
葉山、江ノ島、茅ヶ崎、平塚、大磯、小田原のカツオ船が二宮沖に集結。
ルアーの釣り人が、カツオを揚げているのを目撃。
カツオはいる!!

次に、鳥山が団子状態になっている所に走り、指示は15メートル。

ここで、私に初めての当たりが!
強引に巻き上げ、上がってきたのは3キロ級の丸々と太ったかつお君。
船内をみると、カツオと引張りっこをしている人や、隣近所の仕掛けをカツオの引きに負けてぐちゃぐちゃにオマツリしている人。
1本ゲットしたら、気持ちに余裕が。
私の隣のオヤジもオマツリに参加していたので、少々お手伝い。
このとき、時間は2時過ぎ。
普通なら、もうとっくに帰る時間。
しかし、どの船も帰ろうとしない。
私の船は2時半に終了したが、半数近くの船はまだまだ残業していた。

この日、私の釣果は2本のカツオ。
最後に釣り上げたカツオは4キロ以上あった。
船中20名でトップ2本が3人。
ボーズは10名だった。

この日は雲ひとつない快晴で、私の顔と腕は真っ黒に日焼けしてしまった。

カツオ釣り、本当に終わるまでわからない。
今月はもう行きたくても無理だが、11月にまだいるようだったら、もう一度チャレンジしたい。

おまけ
4キロのカツオ、昨晩捌いてみたけど、物凄く脂が乗って全身トロのよう。
今夜、美味しくいただきます。

釣り上げたカツオの写真は携帯電話の電池切れのため、写せず。
上の写真は、11日の二宮沖のカツオ船軍団。
[PR]
by tongchai0208 | 2010-10-12 12:46 | 釣行紀 | Comments(0)