ブログトップ

ワラサ@久里浜沖

e0125217_2156367.jpg

このところ、休日は休みなんだけどお付き合いのような用事でなかなか釣にも行けなかった。
カツオ君は旅立ったみたいだし、10月のチャンスは逃してしまった。

昨日、ネットで情報収集とばかりにいろいろと船宿のHPを見ていたが、相模湾はいまいち。
しかし、久里浜沖のワラサが火曜日は良かった様子。

ということで、11月3日の祝日、金沢八景より久里浜沖のワラサ釣りへ行ってみた。
本来は、マダイ船として出船しているのだが、外道としてワラサが食うらしい。

3ヶ月ぶりの船宿。
船長から、「今日はワラサで行こう。最低でも5号のハリスを使ってね?」とのお言葉。

3日は干潮が朝8時過ぎで、それ以降、上潮。
東京湾の奥へと潮が流れていく。
風は北東。
と言うことは、船の舳先は湾奥を向く。
潮の流れは、船の後ろから前へ流れる計算だ。
8時以降、ミヨシ(船の前)で釣れば、自分の針は一番前にあるということになる。
すなわち、コマセで誘われた魚が、最初に食いつくと言うわけ。

こんなことを考え、今日はミヨシの右側に座席を取る。
(この日は、早朝は客も少なく、どこでも自由に座席が選べた。)


7時半出船。
8時前に久里浜の沖に到着。
休日なのに、船の数がいやにに少なかったのには驚いた。

この日の私の仕掛けは、サニービシ80号に1mのクッションゴム、ハリスは6号を使用。
付け餌はオキアミを抱き合わせに2匹付け。

船長から、「55メートルまでビシを沈めて、コマを出し、50メートルまでビシを巻き上げて当たりを待つ」との指示が。

コマセの巻き方は、皆さん、いろんな方法をとられているが、私のこの日の撒き方は、55メートルでコマセを全部出し切り、そのまま5メートル巻き上げて当たりを待つ方法で一貫した。
サニービシは上の窓は全開、下の隙間は閉めた状態。
55メートルでコマセの煙幕をイメージした。
もちろん、アミコマセより、オキアミの量は多めで!

8時過ぎに第一投。
早くも、一番後ろ(トモ)のお客さんがヒット。
3キロほどのワラサ。
立て続けに、後ろ側が活気付く。
しかし、7回当たって3本しか上がっていなかった。
皆さん、当たりのあった方は糸を切られていた。
まだ、コマセは後ろに流れているので、先頭はちょっと不利。

9時前に今度は流れが逆になり始め、私にも、コマセを振って50メートルで待った瞬間に、強烈な当たりが!!
糸を出したり巻いたりとゆっくりとやり取りをしながらタモ網に収まったのは、4キロ強のでっぷりとしたワラサ。
夏のイナワラとは別物の風格が。
ブリに一歩手前風。

その30分後に1匹追加して、当たりは止まってしまった。

ここで記念撮影。

e0125217_21559100.jpg



潮の流れが速くなり、11時から1時前までは辛抱の釣り。

1時過ぎにパタパタと当たり出し、私も1匹追加。

その後、終了の午後3時まで当たり無しでこの日を終えた。

今日は、まあ釣れないだろうとクーラーもマダイに使っているクーラーを持っていったが、3匹とも、身体を曲げてもフタが閉まらず、とうとう自宅までフタを閉めずに持ち帰った。

まあ、私にもこんな日があるんだね。

1匹をさばいてみたけど、物凄い脂。
刺身で食べてみたけど、獲れたてピチピチはいまいち旨くなかった。
あのねっとりとした魚の脂を堪能したいなら、明日以降だね。

e0125217_2157669.jpg


と言うことで、明日はワラサパーティーだ!!

全身がトロのような久里浜沖のワラサを食べたかったら、今がチャンスですよ!!

本日の釣果
3.5~4キロ強のワラサ3本のみ。

お疲れなので、もう寝ます。
おやすみなさい。

一番上の写真は、1匹さばいた後に写真を撮るのを忘れて、慌てて撮ったもの。
マイルドセブンのタバコの箱が小さく見えるでしょ?
それだけデカイのよ!!

一番下は、とりあえずお刺身にしてみましたと言う写真。
これで片身の3分の2の量。
半分食べて、残りはヅケに。
明日の朝は、熱いご飯にヅケを乗せてお茶かけて・・・・
抜群に旨いです。
[PR]
by tongchai0208 | 2010-11-03 22:01 | 釣行紀 | Comments(0)