ブログトップ

東京湾久里浜沖 残念!!

e0125217_2064122.jpg


昨日の予告どおり、行ってきました。

早朝は風もあまり無く、こりゃ大丈夫だと家を出たが、途中で海上保安庁の東京海上交通センターの気象情報を携帯で覗いてみると、4時過ぎで大島16メートルと。
まあ、出船できたら昼間で釣れればいいんだけど・・・的な考えで金沢八景の某船宿へ。
水曜日だと言うのに、お客さんちらほら。
マダイ・ワラサ船は出港時間には5人とちょっと寂しい人数だが、ゆったりと釣れることを考えれば良し!

8時過ぎに久里浜沖のポイントで第一投。
狙うは、前回同様ワラサ。
55メートルでコマセを振り、50メートルで当たりを待つのも前回と一緒。
ハリス6号で行うも、2時間船中当たり無し。
そして10時過ぎに私の隣の方の竿が物凄い勢いで突っ込んだ。
そして、魚が浮いてきたのを見て驚いた。
デ・カ・イ・
前回釣り上げたワラサよりも一回り大きい魚体。

しかし、網で掬う際に痛恨の糸切れでサヨナラ・・・・

この頃から、私の後ろの方がマダイを2枚釣り上げた。

ここで私の頭の中はワラサをあきらめてマダイにチェンジしようかどうか、もうぐちゃぐちゃ。
そして考え抜いた末に、マダイを狙うことに。
ハリス6メートル3号で、竿もマダイ竿に変更。
タナはワラサと一緒で、三投目で1キロ級のマダイをゲット。
悩んだ結果がこれだから、うれしさ100倍。
13時までに2枚追加したところで、西風がますます激しく吹いてくる。
波やうねりも激しくなり、上潮も手伝って、私、戦意喪失。
3時まで粘りましたが、その後はお魚からの当たりはゼロ。

ということで、本日、マダイ3匹、ワラサのバラシ1回と言う結果に終わりました。

もう少し海の状態が良ければと悔やまれる一日でした。

でも、相当でかいワラサ、泳いでますよ。

行くなら今がチャンスかな?
[PR]
by tongchai0208 | 2010-11-10 20:06 | 釣行紀 | Comments(0)