私の備忘録


by tongchai0208
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

久里浜沖ワラサ 第?弾 

予告通り、昨日、出漁して来ました。
行き先は、考えあぐねた結果、いつもの金沢八景より久里浜沖へ。
狙うは、またしてもワラサ。
一時不調だったが、ここに来て調子が良くなったようだ。

平日ということもあって、さすがに船団はできていなかったけれど、客は多かった。
協定で金沢八景の船は、午前8時から釣り開始。

ちょうど8時に、第一投。
55メートルコマセ籠を沈め、ここでコマセを出し、5メートル巻き上げて50メートルで当たりを待つ。
仕掛けは、6号ハリス6メートル。針はワラサの11号。
この日は、北東の風で干潮がお昼ごろと言う事で、私は船の後ろ方へ陣取った。
オキアミをたっぷり入れたコマセをふんだんに撒き、5投目に早くも当たり。
しかし、食いが浅かったのか、スッポヌケ。
まわりの常連に、野次られる。
すぐに、後ろの常連がヒット。
上がってきたのは、3キロ強のワラサ。
ここで、客が一斉にコマセ撒き。
そして、私に本日の第一号が。
同じ大きさのワラサ。

潮が船の前から後ろに流れているので、後ろにいる私は昼までが勝負と黙々と釣り続け、午前中で4本をゲット。
11時ごろには食いも一服し、前回同様に、マダイ釣りに切り替える。
ハリス3号6メートル、タナはワラサと同じ。
30分ほどで、1.5キロのマダイを仕留め、潮止まりまでに小さい物も含め3枚を追加。
1時半過ぎにまたワラサがまわりだし、ワラサの仕掛けに変更し、終了の15時までに2本を追加してこの日は終了となりました。
おかげさまで、結果はワラサが6本、マダイが4枚と大漁。

と、ここまで書くと上乗の釣りだったと思われるが、この日に使った針の数が20本以上。
下手だからワラサに切られたのかという理由ではない。
原因は、フグの仕業。
当たりも出ないで、巻き上げて餌を見ると針が無い状態。
この日、トップでワラサを9本釣り上げた常連は、30本以上針を取られたとか??
このフグの正体は、「ホシフグ」。
それも、コマセを食べ続けているからよく太っていて、25~30センチの大きさ。
これが、トラフグだったら別の意味で歓迎するけど、このフグ、皮膚にも微弱ながら毒があるそうで、やたらと手で触って針なんか外さないように。

ホシフグの馬鹿野郎!!

これから久里浜沖にワラサやマダイを釣りに行く方、針は多めに持って行きましょう。
市販の仕掛けしかもって行かない方でも、予備の針は必要ですよ。

下の写真は、そのホシフグ。


e0125217_9463997.jpg



おわび
いつも釣果を写真でお見せしていたのですが、この日はどうしたことか忘れました。
気がついたら、もう解体後でした。
あしからず

さて、本日は行きつけの飲み屋でワラサのシャブシャブとカマ焼き、鯛めし決定。
[PR]
by tongchai0208 | 2010-11-25 09:41 | 釣行紀 | Comments(0)