ブログトップ

イサキ釣り@利島

e0125217_20524967.jpg

昨日のチャリティーバザーもようやく終わり、ちょっと息抜きと思い静岡県の熱海の南にある網代から「網代南沖のイサキ釣り」に行ってみた。

昨日の3時過ぎにネットでこの日爆釣と書かれていて、それならばと急遽参戦。

午前3時集合、一路伊豆七島の利島へ向け出航。
5時前には島の東側に到着。

この釣りのポイントは、船長の指示されるタナを守ること。
例えば、最初に30メートルの指示があっても、2分後には28メートル、25メートルとどんどん浅いタナを指示してくる。
コマセについたイサキが、上のほうに上がってくるからだ。
今日は20メートルから15メートルが一番多かった。

それからサバが多いので、コマセ籠にはオキアミのコマセをタップリと入れないこと。
船長の指示は、10~15粒ぐらいで十分。
それ以上撒くと、サバが寄ってきて釣りにならなくなる。
それでも私も2本のサバを釣ったけど・・・・・
それだけ多いということ。


仕掛けは、ハリス4号6メートル3本針。
これが基本だが、オキアミの餌を付けるのが面倒なので、私は2本針を使ったけど。
食いの良いときは、3本針で3匹もいいけど、漁師じゃないんだから。

この日は、朝一番から30分ほど入れ食いタイム。
2本針に2匹掛けが5回ほどあった。
3本針だったら??
まあ、無理でしょう、私には・・・・

この日は潮の流れが速く、船長が思ったように船を流せないので、移動の連続だった。
しかし、マイクでここは大物がいるなどとアナウンスしてくれるのがうれしい。
私も、7時前にマダイの大きいのが釣れるポイントだからドラッグをゆるくするようにと言うアナウンスがあった瞬間、持ち竿で当たりを待っていたら、物凄い当たりで、ズルズルを20メートルほど糸が出て行ってしまった。それも指示ダナ15メートルで。
5分ほどやり取りをしてコマセ籠をつかんでさあお魚の顔を拝見しようじゃないのと思った瞬間、軽くなってしまった。
枝針の4号のハリスがギザギザの切断面を残して上がってきて、私、意気消沈。
私の推測では、3キロ以上の石鯛だと思う。
シマアジやヒラマさなどの青物の引きではなかった。
その2分後にも、大きな当たりがあり、ドラッグから5メートルほど糸が出て行ったところで、プッツン!
2連荘のバラシは、さすがの私もショックだった。

でも、こんな大物の当たりがあるのも利島の魅力。
7月に入れば、とても美味しいアオダイやウメイロも釣れて来る。

たまには遠征釣り、楽しいですよ!

と、ここで今日はおしまい。
睡魔には勝てません。

おやすみなさい。

e0125217_20535863.jpg
e0125217_20542193.jpg
e0125217_2054384.jpg


ちなみに、今日の船長のコメントがHPに載っていましたので、貼り付けておきます。

早朝、出航するときとても霧が濃くて360度何も見えない状態だったのでちょっと不安でしたが、すこし走り始めるとパッと霧が晴れて現場は天気良くお日様サンサンでした
イサキは連日好調です。昨日ほど入れ食い時間が長くありませんでしたが、入れ食いはありました
潮が昨日と違いところどころ早かったり遅かったりで少し釣りににくかったです
水温が上がってどこでもイサキは釣れるので連日好調が続いています
大物は数回ヒットしましたが、ハリス切れで残念 姿が見えなかったので何者か?
大きかったのはメジナで1㌔級も多く混じって釣れたので良かったです
タカベもたくさん釣れた人もいて丸々としていたので塩焼きで美味しそうでした


コメントに、「大物は数回ヒットしましたが、ハリス切れで残念 姿が見えなかったので何者か?
」とありますが、これは私のことです。
[PR]
Commented by uta at 2011-06-30 15:50 x
大物残念でしたね(>_<)
でも凄い美味しかったです( ´ ▽ ` )ノ
また楽しみにしてます( ̄▽ ̄)
by tongchai0208 | 2011-06-27 20:54 | 釣行紀 | Comments(1)