ブログトップ

カツオ釣り@西伊豆土肥沖

e0125217_1338014.jpg

7月18日、天気予報では大型台風が来ると盛んに言っている中、伊豆半島戸田の船宿から出漁してきました。
前日予約を入れる際に、18日は大丈夫かと尋ねると、うねりだけで問題ないとのこと。

5時に戸田の港を出航。
今日は台風前にもかかわらず、予想に反して8名の客が。
この日の私の席は、前方右側。
ゆっくりと群れを探しながら土肥のあたりまで来ると、船が10隻ほど固まっていた。
船長が、戦闘準備のアナウンス。
そしてフルスロットルで、船団に加わり戦闘開始。
タナは10メートル。
コマセを撒き、そのまま待つと竿先が震えたかと思うと、ギューンと竿を持ち込むような当たり。
上がってきたのは、私の今日一番の大きさだった3.2キロのおデブなカツオ。
すかさず、コマセを詰め替えて当たりを待つも、このラウンドは終了。
この後、この場所で船を動かして何回かチャレンジするも、音沙汰なし。
時刻は6時5分だった。

昨年は同じ船宿でチャレンジしたが、全員ボーズだった。
そんなことが脳裏にかすめ、釣り上げるまでは不安だったが、1匹釣り上げてしまうと一安心。
しかし、この時点でカツオをゲットしたのは私のみ。

その後、カツオ探索で30分ほどクルージング。
次のラウンドは全員当たりなし。
こんな感じで、クルージングをしてカツオを見つけ、竿を下すというという釣りだ。

9時ごろ、この日最大の食いの立つナブラに遭遇し、私は6回ヒットさせ、3本ゲット。
外れてはしまったが、明らかにカツオとは違う引きの当たりがあったが、たぶん4キロ級のキハダマグロだったと思う。
その際、回りの船ではキハダを取り込んでいる光景を何回か見ている。

と言う事で、この9時ごろのナブラを最後に、この後はクルージングで終始し、11時前に帰港した。
結果、4私の釣果はカツオ4本でございました。


さて、この日思ったことを。
上記のように、半日の釣にかかわらず、釣りをしたのは1時間はなかったと思う。
この日は鳥山もなく、魚の跳ねを目視して群れを探すので、大きなバチャバチャしたカツオのナブラが見れなかったのは残念。
この日の私の仕掛けは、道糸PEライン10号にサニービシ80号に20号のオモリを入れたもの。
天秤にハリスはフロロカーボンの16号を2メートル。針はヒラマサの14号。
ビシはなるべくオモリを入れて重くしたほうが良い。
仕掛けを投入してから、魚の遊泳層までとにかく早く到達しなくては、魚が去ってしまう。
80号のビシしか持っていない人は、オモリをコマセを入れる部分に入れましょう。
とにかくエサを早く到達させること。

エサだが、終始マルキュウの船特オキアミを写真のように付け、オキアミを3匹付けたが、この日の4匹は全てこれだった。
e0125217_13464133.jpg

この日、一日中使用していたハリ。

特選オキアミは、4センチのピンクを使用。
ちなみに写真の仕掛け(ハリ)で4匹釣りました。この日は仕掛けの交換なし。

船が移動しているときに、コマセやハリへのエサ付けは済ませておこう。
いつ戦闘開始になるか分からない。
船長の合図と共に、仕掛けを投入しよう。
魚は物凄い勢いで泳いでいる。
魚が船の下を通過してからでは遅いのだ。。
e0125217_13395164.jpg

先回りをして、船が移動している所。

今の駿河湾の釣り方だが、群れ船で囲い魚の泳ぐ向きを計算し、魚よりも先回りをしてエサを入れる釣方だ。
この日もほとんどこの方法。
魚の通り道にエサを入れるのだ。
だから、素早い仕掛けの投入が要求される。

最後に、バランスの取れたタックル。
これは以外と皆さん、適当な感じがする。
この日も、柔らかめの竿で魚を浮かせられなく、隣の人とオマツリをすること数回。
見ていて、隣の人がかわいそうだった

私の場合、竿は2メートルのグラスロッドの竿。
とにかく安かった。
某“上○屋”で8,000円で買ったもの。
少々重いが、5キロクラスのメジマグロでも、すんなりと上がってくる。
この竿でワラサやタチウオ、ムギイカ何でもござれと重宝している。
リールは少々奮発して、それなりの物を使っているが、周りの人が2分、3分と奮闘しているのに、あっという間に魚を海面に上げることができる。
年に数回しか行かなくても、タックルはそれなりの物を使いましょう。
釣具屋に相談すれば、ちゃんと揃えてもらえますよ。

なお、このブログの2008年7月30日に注意事項が書いてあるので、お読み下さい。
このページで、コマセのことに触れていますが、これは相模湾でのことです。
駿河湾では、オキアミのみのコマセなので、駿河湾で釣行の際は関係ありませんので念のため。

さあ、今夜は釣れたカツオでビール飲みますか??
[PR]
by tongchai0208 | 2011-07-19 13:50 | 釣行紀 | Comments(0)