ブログトップ

相模湾カツオ惨敗

久しぶりの更新です。

今日、仲間と大磯から仕立てでカツオコマセ釣りに行ってきましたが、8名で玉砕。

このところ、一時のような食いがないのが心配でしたが、全員でドツボにハマってしまいました。

しかし、群れは多く、江ノ島がよく見える至近距離。
前回の釣行よりも、とても岸寄りなのには驚きました。

結果、全員ボーズ!!

まあ、こんあこともあるよね?
カツオの群れは前回よりも多い反面、餌のコマセに無反応。
船長に魚探を見せてもらったけど、25メートル付近の群れが、コマセを投入後にカツオの群れがコマセの上下5~10メートル、上がってしまったり潜ってしまったり。
コマセの水深には魚の反応が無くなってしまう状態が多かったです。

でも、どこかの船がハリス14号のオキアミ餌で、32キロのキハダマグロを釣り上げたとのこと??
すげ~な~?????

今の相模湾、大きなキハダマグロがウジャウジャいることは間違いありません。

今日も、6時の出船で、大磯港を出て10分ほどで大きな鳥山に遭遇しましたが、これが全部キハダマグロのナブラ。
2メートル近いマグロがボコボコと水面ジャンプ。
同じ船宿のルアー船の到着を待つまで、5分ほどマグロ見学。
到着後、直ぐに2名がヒットし、1名が188センチ75キロのキハダマグロをゲット!

と、ヒットの瞬間もランディングも見てませんが、カツオの船団に合流するまでに、これ以外にマグロのナブラを4つほど見ました。

下に、今日、同じ船宿のルアー船が仕留めた75キロのキハダマグロの写真を載せておきます。

でかい!!

e0125217_2010432.jpg
e0125217_2011886.jpg
e0125217_20112794.jpg

[PR]
by tongchai0208 | 2011-09-16 20:11 | 釣行紀 | Comments(0)