ブログトップ

本日カツオ1匹ゲット@相模湾?

e0125217_1949394.jpg

e0125217_19501672.jpg


いやいや、今日は疲れました。
結果、私はカツオ1本のみでした。

茅ヶ崎から6時出船のカツオコマセ釣りの乗合船に乗ってきましたが、ほぼ終日、湾内クルージングと言っても過言ではありませんでした。
午前中は、11時頃までカツオ探索でクルージング。
今日は南の風のため、少々波がポチャポチャしてたけど、なかなかカツオが見つからない。
船長がようやくソナーで魚群を探知し、この日の第一投は、10時前。
水深40メートルの指示が出て、コマセを振るも、当たりなし。
この時点で、南には大島が大きく見え、右端には利島まで見えていた。
そして三浦半島の先端が見え、房総半島の先端がよく見えるあたりだった。
そう、ここは東京湾を出たあたりの”沖の瀬”と呼ばれる海域。
房総半島のよく見える陸地は、館山の洲崎だ。

茅ヶ崎からカツオを探して、よくこんな遠くまで来たもんだ。
でも周りの船は、おなじみの相模湾沿岸の船。
乗船している私も驚いたぐらいだから、みんなさぞかし驚いたんじゃない?

昨日は、城ヶ島の沖に浮かぶパヤオで瀑釣との情報だったが、今日はカツオ君、もっと南下してました。

12時前に、前方にものすごくたくさんの鳥が飛んでいる。
近づくと、上の写真(今日の鳥山です)のようにこの日一番大きな鳥山ができていた。
下からカツオ君がイワシを捕食しながら上に追い上げ、空からは鳥がイワシをパクパク。
ものすごい数の鳥だった。

しかし!!
10分ほどの長い鳥山にかかわらず、オキアミの餌には、カツオ君、見向きもせず。
しかし、船長、釣り客、アドレナリン、マックス!!
でも、食わず!

その後、沖上がりの13時過ぎになっても、船中誰も1匹のカツオもゲットできず。
いわゆる、船中全員ボーズというやつでした。

ここで船長、意地でも1匹釣るまでは・・・・
との思いで、自主残業決定!

そろそろ諦めかけた、2時前に、ようやく3キロほどのカツオをお客がゲット。
今まで散々肩透かしを食らわせていたカツオ君が、オキアミに反応し出し、なんと私の竿にもアタリが!
同じような3キロほどのカツオ君を私もゲットし、ボーズはまぬがれました。
またルアーで乗船されていた方も、ジギングで7キロほどのキハダマグロをゲット。
船中、にわかに活気づき、15分ほどで5人ほどの方がカツオをキープされ、船長、ホッと一息!

そして、帰路についたわけですが、茅ヶ崎港まで遠いこと。
私、飛沫を浴びているのも気がつかず、瀑睡してました。
港に帰ったら、全身ずぶ濡れでした。

まだ、カツオ、キハダマグロはいます。
美味しいカタクチイワシが沢山いて、それを捕食しているのでオキアミの餌に食ってくれないのでしょう。
この調子だと、そろそろカツオ船を取りやめようかと言っていた船宿も、もう少し営業するのでは?

ラストチャンスです。
魚はいます。

ぜひ、近日中に行かれては??

私にも釣れました。

船長の残業決定がなければ、全員ボーズだったね。

ちなみに、ラストチャンスに居なかった船は、ほぼ船中全員がボーズのようでした。

カツオ釣り、何があるかわからないね~
昨日は瀑釣でも、今日は???
はっきり言って、博打だぜ!


写真は、私の釣り座から撮った”鳥山”です。
この下にカツオとキハダがイワシを持ち上げているのです。
海面に逃げるイワシが、鳥の餌食に・・・・・
自然界の営みです。
[PR]
by tongchai0208 | 2011-10-23 19:50 | 釣行紀 | Comments(0)