ブログトップ

まだまだカツオ・キハダ居ます@相模湾

昨日のご報告を。
23日日曜日に行ったときは、天気も悪く遠く房総の洲崎が良く見える場所でカツオ1匹と振るわず。
どうしてもまた美味しいキハダマグロが食べたいとの思いが強く、近日中に行ってやろうと思っていた矢先、昨日水曜日にポッカリと仕事の空白が出来(無理やりですが・・・)、リベンジ!

6時半前に茅ヶ崎港出船。
前日南風の強い中、良い釣果が出たにもかかわらず、この日も強い北風が麻からピューピュー。おまけに波も高く、余ほどの物好きでなければ行かない様な条件にもかかわらず、10名近くが乗船。
この日も前回同様に、城ヶ島沖のパヤオの南に向け波を欠き分けノロノロと。

パヤオを通過した当たりから、カツオ狙いの船が船団を形成していた。
その船団に合流。
今現在、相模湾でカツオを狙っている船のほとんどが集結。
盛期の賑わいはなく、10隻にも満たない船の数。
しかし周りを見ると、カツオが上がっている。
上から40mの指示で、希望に胸を膨らませて第1投。
この日の私の仕掛けは、ハリス16号3m、オキアミ2匹掛け。
ポツポツとカツオが上がりはじめるが、私の竿には一向に当たりなし!
カツオも2キロクラスの小さなものばかりで、内心「あれはいらないや」と思いながら、ひたすらキハダの当たりを待つも、時間だけが・・・・・。
20分ほどで他の船は船団から離れだし場所移動を始めたが、本船はこの後、3時間ほど全く場所を移動せず。
まるでマダイ釣りのようで、せっせとコマセを撒いての繰り返し。
この日は、風と波でのんびりと釣りを楽しむといった海ではなく、移動もままならない状況。
でも、お魚はたくさん居るようで、群れが終始コマセに反応していて、ポツポツと船中で当たっていた。

しかし!!
私の竿には全く変化なし。
ほとんどの人が、小さめのカツオやキハダを上げているのに、当たりが無いと、正直、焦りが出てくる。
終いには、バカにしていた小さなカツオでも釣れてくれ!と言う気持ちに。

船団を形成していた船は、パヤオの南側あたりに船団を作り、徐々にパヤオを越え、北西方向に移動していた。
群れが、ちょっとだけ岸に近づいている。

11時ごろ、ようやく最初の場所を移動し、そこで4キロ級のカツオをこの日、初めてゲット!
この群れを追いかけるように移動を繰り返したが、この群れはキハダが相当混ざっている群れのようで、皆さん、18号のハリスを切られたり、200メートルほど走られたりと、結構な群れだった。
カツオも4~5キロ級の旨そうな魚体が多かった。
しかし、この日はサメの邪魔が物凄く、掛かった瞬簡に食われてしまうことも多く、水面に上がってきても針に掛かった魚を食べようと海面に顔を出してくる場面も多々ありました。
このサメの正体は、ヨシキリザメ。
水面に出てくるときは、エサを前にして興奮しているので、落ちようものならパックリをやられちゃうでしょうね。
揺れる船の上で、真下にサメが泳いでいる海でのフィッシング。
ビビリました。

私にはこの日は、カツオ1本だけの釣果でしたが、船中トップは3匹で、ボーズは2名様。
常連さんは、早急にリベンジを約束してました。
私にも!

この日はとても魚が多く、一時は上から30mから60mまでびっしりと魚探に映っている場面があり、また、上記の文にも書きましたが、群れがパヤオから北上しているようです。
帰りには、パヤオから相当北西に行ったところにも船は居ましたし、鳥の群れも多かったです。
今日はどうかわかりませんが。

まだまだ行けますよ!
お天気の良い凪の日を狙っていけば、キハダの夢も叶うかも??

私?
これ以上行くと、家族にバカ呼ばわりされちゃうから思案中。

でも、楽しいよね!
年に1回の大物釣りのチャンス。


やっぱり、近日中に行きますので・・・・・・

おまけ
昨日釣り上げたカツオ、お刺身にしていただきましたが、背の部分の脂が乗って抜群に旨かったです。
タタキにするなんて、もったいない。
[PR]
by tongchai0208 | 2011-10-27 18:10 | 釣行紀 | Comments(0)