ブログトップ

東京湾下浦沖マダイ釣り詳細

e0125217_1019574.jpg

11月27日(日)、のご報告。
この日は、久しぶりに東京湾のマダイ釣りに行ってきた。
前回、ワラサ釣りに行った以来で、久しぶりの東京湾。

7時過ぎに、八景の小柴漁港を出航。
しかし、日曜日にもかかわらず6名と大名釣りの様そう。
私ともう1名の客を除き、残りの4名は常連の大ベテラン。
この日は、トモ(船の後ろ側)の左側の座席を取った。

仕掛けは、80号のサニービシに天秤を介し、クッションゴム1メートルの先に基本は3号のハリスを使用するのだが、この所ちょっと小ぶりが多いとのことで、常連の薦める2.5号と細くして8メートル1本針とした。

e0125217_10202783.jpg

私のお道具


大半の船は、久里浜沖か剣崎沖に行くが、この所状況が悪いので、久里浜火力発電所の先の下浦と言うポイントへ向う。
8時過ぎに、第一投。
ここの常連は、コマセをたくさん入れずにオキアミを主に大さじ2杯分ほどで釣る。
他の船長だと、「コマセをたっぷり撒いて」とアナウンスし、客もこれでもかというほどコマセを撒くが、この時期、ウマズラハギなどのエサ取りも多く、マダイを寄せる前に外道を集めてしまう。
この船もアミコマセは配られるし、お代わりも自由。
しかし、常連は最初の1杯だけで、一日を過ごす。

私も東京湾でマダイを釣るときは、そんな感じです。
でも、ちゃんと釣れますよ!!

スカスカのコマセ籠で二投めに当たりがあり、400gの綺麗なマダイを釣り上げる。
9時の時点で、船の四隅の方は同じような型のマダイを私も含め二枚ずつゲット。
しかし、イナダが回ってきて、マダイが釣れなくなる。
ここでモーニングタイム終了。
ここから1時ごろまで沈黙の時間が続く。
船長も、無線で久里浜沖や剣崎沖の僚船とやり取りしているが、どこも芳しくない様子。
この船は、大移動することもなく、下浦のポイントを小移動を繰り返す。
2時過ぎに、潮が動き出し、イナダがまた釣れだし、2時半頃に立て続けに船内でマダイが上がりだす。
私も1枚追加し、3時に終了。

結果、マダイ3枚 イナダとりあえず6本(小型はリリース)。
その他に大きなマアジとマサバでした。
船中トップ4枚で3枚が私も含め2名、2枚が2名でボーズ1名を言う結果でした。
港に帰港して船長に聞いたが、久里浜で1日通していた船は船中ゼロの船もあったとか。

今の東京湾、ワラサが当たったら交通事故と思って、ハリス2.5号の8メートル。
コマセはアミコマセを少量。
これでやってみて下さい。

そうそう。
この日は、全て上からタナを取る方法で、この日の指示は35メートルまで仕掛けを降ろし、ここでコマセを振り、5メートル上げて35メートルのところで当たりを待ちました。
どうも、マダイが神経質なようで、仕掛けを降ろすと魚探から消えてしまうとアナウンスが度々ありました。
この周辺は、コマセをいったん海底まで降ろし、そこからコマセを巻いて待つ方法をとりますが、今日ボーズだった船は船宿名を聞いて、底でタナを取っている船でした。
ご参考までに!

e0125217_10213336.jpg

帰りに観音崎を通過 海上から見た観音崎灯台

e0125217_10231835.jpg

猿島沖通過 左に黒く見えるのが猿島
その横が横須賀
そして夕日に浮かぶ富士山。
[PR]
Commented by 岡野光男 at 2011-11-29 00:23 x
釣りおやじ様

2011年11月27日、私も、観音崎沖から富士山を眺めました。

鴨居港「純丸」で鴨居式鯛シャクリ釣り釣行し、釣果は塩焼きサイズ真鯛三枚でした。

真鯛のタナについてご考察をご教示頂ければ幸甚です。

鴨居式タイシャクリ釣りでは、タナは底~底から50センチと言われています。
by tongchai0208 | 2011-11-28 10:05 | 釣行紀 | Comments(1)