ブログトップ

アマダイ釣り@茅ヶ崎沖

e0125217_9481011.jpg


12月13日(火)にアマダイ釣りに行ってみた。
2年ぶりのアマダイ君。
このところ、調子が良いらしく、賑わっているとの情報。

マダイに行こうかと思ったが、もれなくイナダ君がおまけで付いてくるし、寒いのでいちいちコマセを詰めるのも面倒だし・・・・などと思い、シンプルにオキアミのエサだけ付ければいいアマダイに決定。

当日、7時出船も、客は私を含め4名。
座席は、船の後ろトモの右側。四隅を4人で固めた状態で出船。

ポイントは茅ヶ崎港の真南、水深80mほどの場所。

当日の私のお道具は、2mのマダイの竿に電動リール、30㎝の天秤に60号のオモリ。
仕掛けは、面倒なので船宿にあったものを購入。
全長2.2m、ハリス3号2本針の仕掛け。

これにオキアミを丁寧に付け、第一投。
オモリが底まで着いたら、1mオモリを上げて待つ。
これがこの日の基本の釣り方だった。

しかし、アマダイと言うお魚、これでは釣れません。
1m底から上げた状態で、エサが底付近を引きずっているかちょっと上を漂っている状態です。
これにアクションを加え、50cmほど上にちょうどエビが底から跳ねているイメージでゆっくりと竿先を上げます。
これが基本です。
私は、この日は20秒間隔で動かしていました。
絶対に竿掛けに掛けて、当たりを待たないように。
この日も、これをやっていて船長に注意されている人がいました。

そしてここから、人よりも多く釣る方法を教えます。
まず、海底の水深は常に変化しています。
この日も80mの水深でも、海底は少しずつ起伏があり、1回の流しでも上下3mほどの差がありました。
最初に底から1m上げた所から、ずっとその位置をキープしていた場合、エサの位置が相当にずれてきます。
基本的に、エサは底をはっているイメージですから少しでも深くなった場合はこれでは釣れません。
ということで、1分に1回はもう一度オモリを底まで落とし、再度1m上げるようにしましょう。

次に、これからお話しする方法は、昔大磯の船長から教わった釣り方です。
オモリが底に着いたら、すぐに上にあげないで、オモリで底の泥をパタパタとかき回すように操作するのです。
ただ竿先をオモリのテンションを感じながら動かすだけですが・・・・・。
これによって、濁りが出て底にいる魚もこの濁りに興味を持ってきます。
そして、ス~ッとオモリを1m上げるのです。
多く場合、ここで当たりが出ることが多いです。
外道と呼ばれる魚が多く掛かることは否めませんが、この日は、終日、この方法を行っていました。

10時半頃までに上記の方法を行いながら、大型は出ませんでしたが、7匹と絶好調。
こりゃ、15匹は行けるんじゃないか?と、思った瞬間から、その後、2時間私には当たり無し。
まあ、釣りってこんなもんでしょう。

14時の終了間際に本日最大の38センチを追加し、この日は8匹で船中トップでした。

大型は釣れませんでしたが、他船では45cm級も釣れたようですし、トップ14匹何で言う船もあったそうです。

只今、相模湾のアマダイ釣り、絶好調です。
是非、行ってみて下さい。
そしてこのアマダイ、釣りも楽しいですが、お楽しみは、このお味。
さて、何にして食べましょうかね??

Uta君、木曜日に行きますから!!
美味しいアマダイ料理、お願いします!!
[PR]
by tongchai0208 | 2011-12-14 09:39 | 釣行紀 | Comments(0)