私の備忘録


by tongchai0208
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2012年初釣りマダイ爆釣@東京湾久里浜沖

e0125217_11385354.jpg


予定通り、1月4日水曜日に初釣りに行きました。

しかし・・・。

天気予報は最悪の情報で、南西の風が吹き荒れるとのこと。
2012年の最初を飾る釣行なのでマダイと最初から決めていたが、前日、東京湾にしようか相模湾にしようか、それとも沼津?といろいろと考えた末、決まらず。
道具だけを車に積み、就寝。
翌日、気象庁の予報をチェックすると、伊豆大島で南西の風が10メートル。
一か八かで、東京湾の金沢八景に決めた。

船宿に着くと、やはり風の様子をみているとのこと。
船長も最悪の場合は、港前でアジ釣りに行こうとお誘い。
とりあえず、荷物をマダイ船に置き(この日は、風を計算に入れて右舷トモに)、待合室で常連さんと歓談。
マアジに乗り換えるお客も多く、どうしようか迷ったが、10時ごろまでは出来るだろうと初志貫徹で乗り返せずにマダイ決定。

7時半前に出航。客は8名。マアジ船は満員御礼状態。
久里浜沖まで約40分。
船が観音崎灯台を過ぎた当たりから、波が荒くなってくる。
久里浜の東電の大きな煙突が見える沖が、今日の釣り場。
久里浜と金谷を結ぶフェリーの航路のすぐ横。

この日の私のお道具は、マダイ竿に電動リール、80号のサニービシに1メートルのクッションゴム。
その先に、ハリス4号4メートルに小さなヨリモドシを付け、その先に2.5号のハリス4メートルを結び、ハリはマダイ針9号を付けたもの。
最近の久里浜沖のマダイ釣りは、平均して8メートルのハリスが主流になってきている。
以前だったら、6メートルが標準だったが。
そして、お魚が小型が多いので、ハリスの太さも2.5号と細い。
まあ、大型が掛かったら、後は腕次第だけどね。

この船宿、コマセは少量のアミコマセとオキアミ。
マダイ釣りに関しては、コマセを大量に撒けと言う船宿もあるが、ここは、極力少量を撒きましょうという主義で、この日もエサ取りが多いので、終日、オキアミをほんのひとつまみ程度コマセ籠に入れただけ。
この船に乗る常連は、皆さん、こんな感じで釣っている。

また、この時期はなぜかマダイが底から結構上の位置に泳いでいるらしく、コマセ籠を一旦底まで落としてコマセを巻きながら、ハリスの長さ分の位置前後で当たりを待つ従来の釣り方ではなく、この日は水面からのタナ取り。
この日は終日移動しなかったので、船長からの指示は、55メートルまでコマセ籠を落とし、そこでコマセを出して、5メートル巻き上げた水面から50メートルで当たりを待つというもの。
リールからのPEラインには、10メートルごとに色分けされており、さらに1メートルごとに色が付いているのだ。
それを見ながら、指示通りに釣ればいい。
私はこの釣り方は好きだ。
まあ、他の船宿では底からのタナ取りが多いが、底の魚を驚かさない点では、利に叶っている釣り方だ。

さて、8時過ぎに開始。
10分過ぎに他の客がマダイを釣り上げるが、私には9時半まで音沙汰無し。
この時点で、8名中、5名がマダイをゲットしているが私は蚊帳の外。
初釣りだからという分けではないが、この日の天候を考えるといつ撤収してもいいぐらいの状況。
南からのうねりが激しく(2メートル以上の波)、トモにいる私の場所は、上下動1メートル以上。
風は強いし、立って釣りことは難しい状況で、船に乗るのがお好きではない方は、一発で船酔い確定。
まあ、余ほどの物好きでない限り、釣りをしようと言う状況ではないのです。
そんな状況の中、諦め掛けた10時前に待望の当たりがあり、1匹ゲット。
ここから、11時半まで、怒涛のマダイの入れ食いが始まった。
なんと、1時間半で7枚のマダイが釣れてしまった。
これは自己新記録。
その中には、ハリス切れが3回。
入れれば食うとまでは言いませんが、よく釣れました。
しかし、左舷の方は蚊帳の外でした。

何故でしょう??

この日の干潮は7時ごろで、そこから上げ潮に変わり、満潮が12時過ぎでした。
風は南西の予報と言うことで、船の舳先は神奈川県側を向き、7時過ぎからは、潮が左舷から右舷に流れるという理屈です。
こうなれば、私のエサは常に船から先端にある状態になるわけです。
そんなことを頭に入れ、私は右舷のトモに場所を取りました。
これが大正解。見事に予想が当たりました。
この日トップ10枚を上げた方は、右舷ミヨシ(船の前)の方でした。

それから、この日の入れ食いにはもう一つ、訳が。
釣れていた人は、置き竿ではなかったということ。
上下動の激しいこんな日に、置竿にしていたら、コマセ籠が上下に踊ってしまい、エサも不自然な動きに。
こんな日は、不精をしないで、持ち竿で竿先を船の揺れに逆らって上下動を押さえましょう。
そして、誘いをかけましょう。
この日釣れたマダイ全てが、誘いで釣れました。
特に、竿を下げてエサが沈んでいるときに食うパターンが多かったです。

こんなことも参考にされてみては???

と言う事で、今の久里浜沖のマダイ釣り、絶好調です。
行くなら今ですよ!!

さて、今日は2012年初出勤の日。
適当に仕事をこなして、がみや一丁目に行きますか?
昨日のマダイを昨日渡してあります。
Uta君、今日はどんな料理を食べさせてくれるのかな??

おっと、昨年末の久里浜沖のマダイ釣りの釣果をお知らせしていませんでしたね。
マダイ1匹とイナダ君1匹で撃沈でした!!
報告が遅れました。
[PR]
by tongchai0208 | 2012-01-05 11:38 | 釣行紀 | Comments(0)