ブログトップ

今年初参戦カツオ・キハダ@相模湾

e0125217_13192465.jpg

8月19日、お盆休みの最終日に只今超絶好調の相模湾のカツオ、キハダマグロ釣りに茅ヶ崎港から行ってきました。
結果から言うと、6キロ級キハダマグロと4キロ級カツオ各1匹のみ。
当たりは6回ほどありましたが・・・・・・。

今年は例年に比べ、カツオの群れが少ないようで、圧倒的にキハダマグロの群れが多いようです。
それもサイズが半端じゃない。
この日も、28キロなんていう大きさがオキアミエサに食いついて来るんだから。
私も、この時に2回ほど当たっていますが、瞬殺、秒殺。
16号のハリスが見事に切られてしまいました。

また、例年に比べ釣れるポイントも近く、第1投は茅ヶ崎港を真南に南下して15分程度の場所でした。

この日は魚の浮きも良かったようで、例年のような大船団ではなく、相模湾一帯を4つほどの船団で釣っていたようです。
しかし、この日は例年のように鳥の姿があまり見られず、多くても10羽程度。
ソナーを使って魚を追いかける釣りなので、魚がバシャバシャしているのを見ながらの釣りと違い、ちょっと興奮しないね?

当日の道具は、サニービシ80号に天秤を付け、ハリス16号3メートルに針はヒラマサの14号といたってシンプルなもの。
船長は18号を使えと言っていたが、16号しか持ち合わせなし。
それと、できれば20号のハリスも持って行きましょう。
キハダがデカイです。

今回は最初から16号で釣りましたが、カツオも大きいのが回っているし、18号を使用している方もカツオを掛けていましたよ。
ここで欲を出してカツオの群れのときに、12号などの細いハリスを使っていた方が、5キロほどのマグロが食いついても切られて船長に怒られてました。

これから行かれる方は、18号を使ってください。
他船で30キロ級のキハダマグロを上げた方は、16号だったとか??

それから、私はハリスの長さを取り込みのしやすさから2.5メートルにしていますが、マグロが多い場合は3メートルにしています。
今いかれるなら、ハリスの長さは3メートルがいいでしょう。

それからエサ付けですが、なるべくたくさんオキアミを針に刺しましょう。2匹がけの方も居ますが、圧倒的に釣れている人は4匹以上つけてました。


この日は、終日船長の指示ダナは30メートル。
しかし、35~40メートルと深くなった場合は、大型キハダマグロの当たる確立が大です。

美味しいマグロとカツオが食べたい人は、会社をズル休みしてでも行きましょう。
しかし、釣れているからと言っても、この日もボーズの人は何人もいました。
私も他の人は釣れているのに、6時に出船して、10時ごろまでボーズでした。

来週、再度出かける予定。

写真は昨日の釣果。
新聞紙を広げた上に置きました。
おおよその大きさはお分かりでしょうか?
[PR]
by tongchai0208 | 2012-08-20 13:16 | 釣行紀 | Comments(0)