ブログトップ

キハダ・カツオ@相模湾 撃沈!

e0125217_1572059.jpg


このところ、調子の良い相模湾のキハダ・カツオ狙いで、11月7日(水)に大磯より出船。
結果は、私1人、ボーズでした。
しかし、これには訳が・・・・・・。

前日、どこから出ようか迷いに迷った末、久しぶりに大磯もいいかも?と考え、即予約。
普段は茅ヶ崎から出漁するのだが、たまにはのんびりと少人数の船もいいかも?という考えがあったからだ。
しかし、結果的にはこれがアダとなりました。

当日、ルアーマンが5名、コマセは私を含めて4名。
写真の通り、ガラガラのスキスキ。
こりゃ、コマセが効かないな?と思ったのは言うまでもない。

この日は、物凄い濃霧で、出船は7時半を回ったころ。
港を出て、一路城ヶ島沖へ。
今は相模湾全域に群れが散らばっているのではなく、城ヶ島沖にほとんど固まっているようだ。
私のこの日は、トモ(船の後ろ)に釣り座を構える。
釣り場到着までしばし、睡眠。いや爆睡してました(船長に起こされました)。

この日は、カツオはもういいと思い、20キロ以上のキハダマグロ1本に狙いを定め、船長にもその旨を話す。
仕掛けも、20号ハリス4mにカン付きカツオ・メジの15号を坂本結びで(当日は、この針しか無かった。本当はオーナーのムツサークルフック1/0を使いたかった。私のお勧めの針です。)
コマセ籠はサニービシの100号使用。

8時過ぎに第1投。
指示ダナは50m。
コマセ籠が50mの所で止め、コマセを一気に出す。
しかし,当たりなし。
1時間ほど群れを追いかけながら、船中ボツボツとカツオが上がるが、私には生体反応は無い。
9時半ごろ、大きな鳥山の下にいるイワシが団子状になり、2.3の船が網でイワシを掬っているときに、私に待望の当たりが。
一気に180メートルほど糸が引き出され、止まった所から巻きに入る。
しかし、50メートルほど巻き上げた所で、強烈にマグロが走り出し、痛恨のラインブレイク。
直ぐに仕掛けを代えて、またヒット。
これは、100メートルほど走られて、そのままハリス切れ。
1時間後に、今度は当たったと思ったら、瞬殺でハリス切れ。
まだまだマグロは居ます。
そして、12時過ぎにカツオが掛かり、コマセ籠を掴んだ瞬間、バラシ。
魚を見たが、推定4キロ級の戻りカツオ。
丸々と太っていて、旨そうだった。

そして、次に入れてコマセを振って竿掛に竿を掛けて手を洗おうとした瞬間に、真下に突っ込む当たり。
ドラグはユルユルなのでそのまま止まるまで手に持って糸を出し続ける。
止まった瞬間、合わせとともに巻きに掛かるが、またしても走り出す。
230メートル走られ、何とかあと30mまで巻き上げた瞬間、物凄い力で下に突っ込み、そのままサヨナラ。
仕掛けを上げてみると、針が曲がっていた。
船長曰く、30キロ以上はあったよ!
もうこれ以上釣りをする気力も失せ、道具はお片付け。
1時間ほど周りのお客さんのタモ掬いをしてこの日は終了。

e0125217_1582420.jpg

この時の針。左の針がマグロにやられたもの。

今年は25キロ以上の大きなキハダマグロに沸いた年だった。
しかし、私は釣行する時間が無く、この日を含めて3回かな?
今期は5~8キロ級のキハダしか釣れませんでした。
今年度のカツオ・キハダは、まだ群れは居るけど、終了ということにします。
このあと2週間は休みが取れません。

でも、まだ今年はあの黒マグロの子供が残っています。この日も、2キロ級のメジがそこそこ食ってました。
12月まで残っていてくれることを願います。

今のキハダ・カツオもそろそろ南の海へ旅立っていくことでしょう。

ラストチャンスですよ!


それから、この日の反省。
はやりこの釣り、大勢の人数が乗っていた方が、コマセも効くし魚の寄りも良いということを痛感しました。
混んでいるから、おまつりがいやだからも分かりますが、断然、コマセの量の多い方に軍配が上がるのは確かですよ。最後の流しでは、5人対18人。向こうは全員入れ食い状態でした。明らかに負けました。


ちなみに、この日、念願の平ソーダが釣れました(今年はまだ釣っていなかった。)
カツオよりもキメジよりも釣りたかったお魚。
丁寧に血抜きをした平ソーダ、戻りガツオよりも断然旨いと思うのは、私だけではないと思います。
実際の所、全身大トロで抜群の旨さでした。

e0125217_15101665.jpg


おわり
[PR]
by tongchai0208 | 2012-11-09 15:10 | 釣行紀 | Comments(0)