ブログトップ

2013年第一弾!沼津沖太刀魚爆釣!!

e0125217_17393156.jpg

やっと2013年初釣り、行って来ました。
それも、東京の大雪の翌日、1月15日に・・・・。
昨年から車には、こんな日もあるだろうとスタッドレスタイヤに交換していたので、問題なし!
前日、天気予報と各船宿のHPをにらめっこ。
東京湾周辺は交通機関が麻痺しているだろうから、静岡県に的を絞る。
下田のマダイと沼津の太刀魚に絞り込むも、雪道のため、両親の病院の送迎を言い渡され、見事に昼間の釣りは却下。
残るは、夜釣りの太刀魚しかないので、決定!

昨年から、沼津湾の太刀魚の調子がよく、ロングランで釣れ盛っている。
14日に電話を入れ予約OK。

当日は15:30に港に集合と言うことで、家族の罵声を浴びながら昼過ぎに出発。
東名高速に乗り、厚木を過ぎた当たりから雪がない。
渋滞も無く、2時過ぎに港に到着。

4時過ぎに乗り込み、出船するも、この日は沼津港横の千本浜を右に見ながら10分程度でイカリを入れる。
もう、海岸から100メートルほどの距離。
投げ釣りだったら、届くような所。

e0125217_17403774.jpg


今日の私のお道具は、竿、ダイワのリーディングXA-55 2mに電動リール。60号のオモリを付けた天秤に、自作の仕掛け。
ダイワのリーディングXA-55は、軽くて私のお気に入りの1本。普段はマダイ釣りで使っているが、意外と太刀魚釣りでもよく見かける竿。掛かった瞬間、これでもかと曲がる竿を見るのがスキです。

仕掛けでは自作と書きましたが、全長3m、中間に枝針を出す2本針タイプ。枝針のハリスの長さは60cmとしました。タコベイトなどの飾り物はつけず、シンプルに蛍光のパイプを3cmほど切って通しただけ。ハリスはこの日は6号使用。

エサは配られた秋刀魚の身エサ。

釣り開始は、5時半頃から釣れだすのでとアナウンス。
早く出航したのは、場所取りのため。
時間まで、昼寝でもしようと考えたが、尋常じゃない寒さ。
ボーっと時間まで過ごす。

e0125217_17413511.jpg


この日は、エサ釣り2名、ルアー5名だったかな? これだけ。
6時過ぎに、開始の合図があり、最初のアナウンスは、「30mから20mを探って?」。
道糸で確認しながら30mまで仕掛けを落とし、そこから1mほどしゃくってから3秒ほど待ち、また1m巻いて待っての繰り返しで、20mまで行い、また、30mまで沈めての繰り返し。
10分ほど当たりがなかったが、隣のルアーマンに待望の第一号。
それを見ていたら、ガツンとはっきりした当たりが出て、合わせるも針掛りせず。
急いで巻き、仕掛けを確認すると、ハリス切れ。
相手はでかいなどと思いつつも、出鼻をくじかれました。
急いで針を結び、投入するも10分ほど音信不通。
ルアーマンはボツボツと釣り上げているが、エサ釣りは撃沈ムード。

隣のエサ釣りの人よりも先に釣ろうなんてスケベ根性丸出しでしゃくっていると、待望のヒット。
そこから8時過ぎまで入れ食い。
30本ほどをこの時点でゲット。
しかし、この後、徐々に太刀魚の泳いでいる水深が深くなり、最初に行っていたじゃ繰り方では食わなくなってきた。
9時過ぎには45mまで落とし、20m付近までと変化するが、隣のエサ釣りの方が、1キロ級の特大太刀魚を釣り上げた。まさしくドラゴン。掛かった水深を聞くと40m付近との事。

このときの釣り方は後ほど書かせていただくとして、10時半の終了までに私は46匹(大きさは大半は指3本、1割程度が4本級でした)で船中トップ。船中平均は30匹ほどとの事でした。

さて、恒例のこの日思ったこと。
まず仕掛けですが、今の沼津ではシンプルなものが良いようで。自作ばかりで心もとないので、お守りの意味で地元の釣具屋で一番売れている仕掛けを買って試しましたが、入れ食い状態にもかかわらず、いまいち。
この仕掛け、針の結び目がワイヤーになっていて派手なタコベイトが付いていました。
行かれるなら、蛍光パイプのみのシンプルなものをお勧めします。
また、私は2本針でしたが、糸がらみも多く、そんなロスを考えると1本針の方がいいかも?
ちなみにこの日、一度に2匹食いついたのは3回でした。
また、隣の常連の方も1本針に蛍光パイプでした。
次に、しゃくり方。
最初は1m間隔でしたが、いろいろなパターンを試して下さい。
太刀魚という魚、エサを見つけたらずっと追いかけてくると昔漁師から聞いたことがあります。
この日も、指示された水深45mから35mというときに、遊び半分で45mから上にしゃくり続け、錘が見えるところまでと思いながら当たりもないままに、海面まで後3mということろで掛かって驚いた場面もありました。
魚がエサを追いかけてきたのだと思います。
そこで、この日9時以降のしゃくり方は、45mまで仕掛けを降ろし、3mほど巻き上げ、エサを魚にアピールさせて、止めたところで食わせるという方法に切り替えました。
この方法が当たり、入れ食いとまでは行かない状態でしたが、ルアーでも食わない時間にぽつぽつと釣れ、数を伸ばすことができました。

しかし、太刀魚釣り、奥が深くて嵌ります。

e0125217_17422438.jpg


ぜひ、沼津湾の太刀魚釣り、服を着込んで行って下さい。
ドラゴン級も泳いでいます。

尚、本日、これより太刀魚宴会。



たちうお 46匹
[PR]
Commented by 汐留の漁労長 at 2013-01-18 20:57 x
釣り親父さん こんばんは!
タチウオ46本とはすごいですね♪
駿河湾の夜タチは、東京湾のタチウオ釣りとまた趣が
ことなりますね~
どちらかというと柔らかい長めの竿で、ゆっくりシャクルと
ズド~~ンという感触が私も好きです。
でも、46本の顛末にもちょっと興味があります。!(^^)!
Commented by tongchai0208 at 2013-01-21 10:55
漁労長殿
早速のおちょくり、ありがとうございます。
東京湾の太刀魚釣りには数度行きましたが、深いのと魚影の濃さでは、沼津に軍配が。
ヒットした瞬間の、あの持ち上がらない感がいいですね!
魚はほとんど近所に配り、数匹を飲み屋に持ち込んで、塩焼きで焼酎でした。もちろん、翌日は二日酔いでしたが。
漁労長も、鼻水垂らしながら、沼津の太刀魚釣り、行って見てください。爆釣間違いなし!
次回は、アマダイはメダイでしょう。

今年もヨロシク!
by tongchai0208 | 2013-01-17 17:42 | 釣行紀 | Comments(2)