私の備忘録


by tongchai0208
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

相模湾キハダ・カツオ今期最後@葉山

e0125217_9231396.jpg

このところ、平ソーダが相模湾で釣れているということで、そんな話を聞いているうちに無性に食べたくなった。こりゃ、釣るしかない。と思ったのが、10日の夜。
金曜日は仕事だし、土曜日も一日仕事。次の週に代休を取ろうと思ったが、スケジュール表夜まで真っ黒。週末の休みは船が混んでいるので行きたくないが、14日の月曜日(体育の日)に行くことを決めた。経験から連休最後の日は比較的船も空いている。
さすがにキハダ・マグロ船は超人気のため、混雑を予想してクーラーボックスで場所取りをする船宿は除外し、予約するシステムの船宿をチョイス。 今釣れているのは城ヶ島沖のパヤオ周辺から江ノ島沖。小田原から出ようか、茅ヶ崎?と考えた末に、釣り場に一番近い葉山港出船の船宿に的を絞る。前日で大丈夫だろうと前日3時過ぎに電話を入れたが、長三郎丸3隻出しで満席(この日は格安デー)、正美丸満席とことごとく満席。そして、ネットを見たらたいぞう丸がまだ空きがありそうな気配。電話をすると、2隻出すので14日は大丈夫とのコト。
一安心。
たいぞう丸、今まで気になっていた船宿。良く釣らせることで有名。

さて、当日はちょっと早めに家を出て、開店前の店の前の座席表に記入。
2隻出しということで、2号船のトモ(後ろ)の左側が空いていたので名前を記入。
この日は北風で前日の潮の流れが小田原方面から城ヶ島に向かって流れるカシマという流れだったので、できれば右側に座りたかった。なぜって? コマセが左側から右に流れるのです。
定刻の6時に12名を乗せ(休日には珍しく、ゆったり釣行)出船。
進路を南にとり、15分もしないでまず第一戦。
指示タナ20mで開始するも、全員カスリもせず。
南下を続け、30分ほど走って第二戦。
指示タナ40m。ここで私は1.5キロほどのお子様サイズのカツオをゲット。
その後、転々と移動を繰り返すが、どうも魚に食い気が無いのか肩透かし状態が続く。
10時には、カツオ2本と念願の平ソーダを釣り上げていたので、10時以降、ハリス18号(23号のハリスをバッグに入れ忘れ)に上げて、万が一キハダがきても対処できる仕掛けにしていた。
船長の無線からは、釣れないとの各船長からの声が終日流れていた。
帰ってからの話だが、たいぞう丸の1号船は5ヒットでゲットできずとのこと。

e0125217_9233219.jpg

写真の場所で、キハダに仕掛けを切られる。
遠くに江ノ島が。


12時前に指示タナ50mのときに当たりがあり、50mほど走られ、プッツン。
そして、午後1時ごろ、今朝最初に仕掛けを落とした港から15分の場所に戻り、指示タナ30mで当たりを待つと一気に竿が海面に突き刺さり、軽く100m出され慌てた。
こんな近い所にデカマグロは居ないだろうと、少々きつめにドラグを締めていたにもかかわらず、10色出てしまった。
2度ほどの突込みを交わし、あと20mほどになったとき「これは捕れる」と確信し、どうやって持って帰ろうかなどと調子のいいコトを考えながらリールを巻き続けると、15m先にキハダマグロの魚体が見えた。
と、その時・・・・・・・
4mはあろうかという憎きサメちゃんが出現。
パクッとマグロの尻尾に食いついた。
先ほどまで頭にあった「これは捕れる」は無残にも消え去り、おまけに横から同じ大きさのサメが2匹出てきて、マグロに3匹のサメが食いつき、私は竿1本に対し、巨大魚4匹を相手にしていることになった。
結果、トロたっぷりの頭の部分も食われて、残ったのは18号のハリスのみ。

この時点で、戦意喪失。

魚は船に着いているようで、その後、10キロクラスのキハダがここで2本上がっていたが、頭の中が空っぽなため、その後は見物してました。

さて、今年は8月当初のコマセ解禁から直ぐに釣れ始め、8月7日に今季初の釣行で25キロ級のキハダを掛けて取り込み失敗したのが運から見放されるきっかけのようで。。
その後数回行くも、ほとんど瞬殺、ハリス切れ、そしてサメ。
なぜか今年は、サメが多いそうに感じられた年でした。
今年は仕事の都合でキハダには出漁できそうにありません。
今年のキハダはこれにて終了とします。
また、来年、パワーアップして再チャレンジ。
今年釣り損なったキハダマグロ君、来年まで待っていろよ!
必ず、釣り上げるから・・・・・・


e0125217_9261246.jpg

本日のお持ち帰り釣果
真ん中の平ソーダ、絶品でした。
[PR]
Commented by ヨシケン at 2013-10-19 22:27 x
お疲れさまでした。
キハダのアタリがあったのは熱いですね。
獲れないのはもちろん残念ですが、
それでもキハダとコンタクトしてやり取りしたのはすばらしいことですよね。
キハダは本当に賢くて強くてむずかしい魚だと思います。
来年に楽しみを残したので、これから一年間頑張れますね(笑)
Commented by 釣りおやじ at 2013-10-20 10:54 x
ヨシケンさん、ご訪問ありがとうございました。
キハダ、本当に難しい。
数年前には8キロぐらいでヒーヒー言っていたのに、30~40キロがオキアミで食い付くとは・・・・。
燃えますね~、あの引き。
あれは、キハダを掛けた人でないとわからないでしょうね??
完全に嵌っています。
ブログでは、今年はやめたなんて書きましたが、本心は・・・・。
電撃釣行しちゃうかも?? アマエビ持って!
私も次年度に向けて、作戦考えます。
なお、周りの釣り上げている人は、ハリスに編みこみしてますね。これが今後の私の課題です。
ではまた!!
by tongchai0208 | 2013-10-17 09:27 | 釣行紀 | Comments(2)