私の備忘録


by tongchai0208
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

新春第一弾ヤリイカ→×しかしマルイカ大漁@大瀬崎沖

e0125217_11215338.jpg


新春第一弾は、例年とは趣向を変えて、夜釣りのイカ釣りに行ってみた。
12月後半は、シケなどで都合がつかず、悶々としたまま年を越してしまった。
1月4日(土)にちょうど時間が空いたので、現在良く釣れている西伊豆戸田港のふじ丸に予約を入れる。船長が、「なるべく軽い道具を持ってきてね! それから、集合時間は15時だから、遅れないでね。」とご案内が。
道具を積んで、ちょっと早いが9時半には自宅を出発。
圏央道相模原愛川ICより厚木経由で沼津まですいすいと流れ、11時過ぎには沼津市街を抜け、海岸沿いの道まで来ていた。
時間もあるので、海を見ながらのんびりと大瀬崎経由で戸田港には1時前に着いてしまった。
でも、もう先客あり。
船の前に車を止め、慌てて積込んだ道具の点検。
この日の私のお道具は、カサゴ釣りで抜群の威力を発揮する1.8mのLTロッドにPE1号を100mまいた手巻きのリール。
イカ仕掛けは、1.2m間隔の5本角。
マルイカが多いとの情報なので。ウキスッテ2.5号を4本と中間にヤリイカ用の11cmのプラ角。
ブランコ仕掛けで、幹糸と角の間隔は、2cmほどと短くしてみた。
オモリは、30、40、50、60号を用意。

e0125217_1123442.jpg

普段東京湾のカサゴ釣りに使っている竿とリールと使用。

e0125217_11243270.jpg

この日のベスト仕掛け。右側が上で左がオモリ側。


3時になっても出船とはならず、渋滞にはまった客がまだ来ない。
30分ほどして、ようやく全員集合。私を含め合計8名での出船。
港を出て、進路を大瀬崎方面へ。
この日のポイントは・・・・・、岸から投げ釣りでオモリが当たりそうなほど岸から近く。

e0125217_11281462.jpg

この日は、ずっとこの場所から動かなかった。

16時過ぎにポイントに着くも、釣れ出すのは暗くなってからとのこと。
念入りにポイントを探し出し、船はアンカーを入れる。
この日は、終日同じ場所だった。
潮の流れもそんなに速くなかったので、最初は40号のオモリから始める。
水深は約30m前後。
5時半頃にあたりが薄暗くなりだし、新春第一投。
30分ほど空振りが続き、2014年最初の獲物は6時過ぎに私の竿に掛かった。
胴長10cmほどの、マルイカ。
一番上の角に乗った。
立て続けに5杯ほど釣り上げた所で、隣の客にもようやく1杯目が。
「もう、隣でバンバン釣るから焦っちゃったよ!」と隣の客が言う。
しかし、結果的には、この人が竿頭で私は2番目でした。

ヤリイカは釣れないが、マルイカはボツボツと釣れ続く。
10時半に終了。
結果、私はヤリイカ1杯、スルメイカ1杯、マルイカ45杯でした。
お隣さんは、48杯で3杯の差で負けました。

e0125217_11301875.jpg

この日の釣果。

恒例のこの日思ったこと。
・とにかく寒いです。
 たっぷり着こんで下さいね。カップヌードルのカレー味は最高に温まります。
・船はアンカーを打っての釣りになりますが、船は常に風や潮の流れで右か左に動きます。
 水深も常に変わりますので、底立ちはきっちりしましましょう。
 底は砂地のようで、ところどころに根があるようで、この日、私は9時前に根掛かりで仕掛けをロスト。一番釣れている角を無くし、その後、釣果は激減しました。
・釣り方ですが、この日はほぼオモリが底から1m以内のところで食いました。
 オモリを底まで落とし、50cmほど上げたとろでマルイカ釣りの要領で竿をブルブルと揺らし、スーっと上に聞き合わせる方法でほぼ食いました。
 また、底から4回ほど1mずつしゃくり上げるのも有効でした。この場合、しゃくってから30秒ほど止めるのがコツ。
 置き竿は船長も言っていましたが、マルイカには不向きで、今の時期は手持ちで頑張りましょう。
・当たりは非常に微妙です。直接手に感じる当たりは、たまにぐらい。
 ほとんど竿先の微妙な当たりを合わせる感じでした。
・ヤリイカ、スルメイカは、ガツンと当たりますので誰でもわかりますが、マルイカは奥が深い。
・さて、皆さんが一番知りたい当たり角ですが、この日は、2.5号の赤と緑のウキスッテが一番乗り、次に赤と白のスッテ、3番目がヤリイカ用の11cmの角でした。この角は魚の形をしていて、平べったい角。この後、仕掛けをロストし、泡入りの普通の角に変えましたが、この角にもよく乗りました。
・この日は、一度に2匹も3匹も掛かる事はまれで、1匹ずつ上げてました。イカが乗ったら、直ぐに取り込みましょう。
・この日に乗船した最低は20匹でしたが、ほぼ置き竿でたまに手持ちでした。私が思うに、竿が柔らか過ぎたのかも? お隣さんは、マルイカの専用竿でした。
 カワハギ竿がベストかも? 当たりは本当に微妙で、合わせないと掛からないイカです。当たりが取れないと数を伸ばすのは難しいかも?
・最後に角ですが、マルイカ用のウキスッテを使うのであれば、大きめなものを使ったほうが良いようです。船長も言っていましたが、小さ目のウキスッテはこの地方では不向きだそうです。
 写真のようなウキスッテが良く食います。お隣さんも、これでした。

以上、思ったことを書きましたが、後は実践のみ。
美味しいイカを釣って下さい。
今なら、50杯も夢じゃないでしょう。

ヤリイカは不調のようですが、エサ巻きスッテには良く掛かるようです。
私はこの日は試しませんでしたが(持ち竿なので忙しかったので)、次回は挑戦しようかな??

定番のお刺身で食べましたが、やわらかく美味しいイカでした。
それより、ゲソとミミをさっと茹でて酢味噌で・・・・・。
ビールのすすむこと。

年末は、初島沖のイカブリに標準を絞っていましたが、シケ続きと私のお休みがかみ合わず3回のキャンセル。今期は諦めました。
そして、新春第2弾は、久里浜沖のマダイかな??
でも、イカにもまた行ってみたがけど・・・・・・。
[PR]
Commented by 汐留の漁労長 at 2014-01-07 21:17 x
釣りおやじさん お疲れ様でした。
45釣られて大漁ですね~!(^^)!
私は軟体系はどうも苦手なのですが、釣物のイカは
市販のイカとは別の種類かと思うほどに、柔らかくて
美味ですよね~!(^^)!。捌くのも楽ですし、やりたいなぁ~とは思いつつ足が遠のいちゃいます。
Commented by tongchai0208 at 2014-01-09 09:06
漁労長さん、ご訪問ありがとうございました。
お魚もいいですが、軟体動物系も意外とスキなんです。
そして、夜釣りも寒いけどスキですね。
この時期に、もう夜光虫が!
きれいでしたよ。
もちろん、マルイカ、抜群の旨さ。
さっと茹でて、酢味噌でいただきました。
ブログでは、えらそうなことを書きましたが、当たりなんか半分以上わからず、しゃくったら乗っていたという状態。
こんな私でも、釣れるので是非行かれては。
今年もよろしくお願い致します。
by tongchai0208 | 2014-01-06 11:30 | 釣行紀 | Comments(2)