ブログトップ

マダイ・タチウオ@沼津内浦湾

1月24日(土) 伊豆の大瀬崎に午前中用事があったので、午後からのマダイと夜釣りのタチウオに予約を入れて行ってみた。
結果、1キロ強のマダイ2枚という結果。
タチウオは、強風のため、出船せず。

このところ、沼津沖のタチウオの夜釣りの調子が良いので、マダイと合わせて行ってみたが、タチウオが出来なかったのが、とても残念。
でも、自然が相手だからしょうがない。

 ということで、今日はマダイについて。
13時に客3名を乗せて一路、千本浜沖へ。
私がかれこれ10年ほど通っている船宿だが、初めてのポイント。
タチウオのポイントの沖。
最初の指示ダナは83メートル。
仕掛けは、ハリス10メートルなので、私は90メートル落とし、ここからコマセを数回振って83メートルで当たりを待った。
まず、私の側のトモのお客さんが、40センチ級のアマダイを釣り上げ、その2分後に私に当たりが。
上がってきたのは、綺麗なピンクのマダイ。1.2キロ。
一匹釣ったら、気分は落ち着く。
30分後に、再度当たりがあるも、すっぽ抜け。
その後、魚からの音信は不通。
2時ごろから、べた凪だった海も風が吹き始め、普段は風呂屋のように波一つ無い海面も、次第に荒れだして来る。
それと同時に、移動する等のアナウンスがあり、出船した港近くまで戻り、指示ダナ40メートルで開始。
船中当たり無く、次に指示ダナ20メートルに移動。
ここは若干生体反応があるようで、エサが取られる。
小さな当たりで、20センチほどのイサキやアジが釣れる。
3時過ぎに、船長が「魚が浮き出した」というアナウンスの後、1メートルほどエサを動かした瞬間、当たりが。
上がってきたのは、先ほどと同じ型のマダイ。
トモの客さんにも、直ぐにヒット。
この後、ますます風も強くなり、竿先の揺れも激しく、小さな当たりは分からない状態が続くも、当たりも無く5時半に終了となりました。
この時点で、風速10メートル以上の風が吹き、タチウオ夜釣り出船無しは納得。
でも、この風の中、正面の沼津沖に船の明かりが5つほど点いてましたから、驚き。
江梨の方を見ると、前回お世話になったマルイカ、ヤリイカの夜釣りの明かりが6つほど点っていました。
私はあまりの寒さに、この後、伊豆長岡の温泉で温まってから帰りました。

さて、今日の思ったこと。
まず、この日の釣果は3人でマダイ2~0とのこと。
下船してから船長と立ち話で反省会をしたが、釣るか釣らないかの明暗はタナ取りとのこと。
船長曰く、「指示ダナから10メートル下げて、そこから3メートル上げた所からコマセを振り、指示ダナで待つ。」これがポイントだ。
私は8メートル下げた所からコマセを振っていたので、まあまあ及第点かな?
それから、仕掛けだが、80号のFLのステン管に1メートルのクッション。ハリスは6号6メートルと4号4メートルのハリスを極小のスイベルで繋いだ2段テーパーに、今回初めて使った東邦産業のフロートパイプ(ケイムラ)を針の上に2センチほどのカットして付けてみた。針も今回初めて使用したササメ針の「ヤイバ食わせマダイケイムラ」9号。どちらもケイムラで統一してみたが、まあ、一応釣れました。まだ1回しか使っていないので、どうこうは言えないが、まあいいんじゃないの?

e0125217_1771870.jpg


e0125217_1771851.jpg


次に、この日のように風、波の強い日は、当たりを待つときに竿掛けで待つようなことは絶対しないこと。必ず、持ち竿で船の上下動を上手く交わして、コマセ籠が揺れないようにすること。
私はこの船宿に乗船する際は、ほとんど持ち竿で頑張っている。
この日も、3メートルのマダイ竿を使っていたが、頑張って終始持ち竿だった。
そして、誘いを必ず入れること。
私は指示ダナ上下1メートルでこの日は動かしていたが、当たりが出たのは全て上に揚げて止めた舜簡だった。
人より釣ろうと思ったら、身体を酷使しなきゃね。
下船したら、腕はボロボロでした。
厳寒のこの時期、2枚も釣れば上出来。
この後、春から5月の連休明けの沼津内浦湾のマダイ釣りは面白くなる。
3月に入ったら、通いそう。

2段テーパーについては、このページが参考になりますよ。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~kouyuu/madai_shikake_balance.html

写真は、最初にマダイをヒットさせ、格闘中のわたし。
e0125217_1791530.jpg

[PR]
by tongchai0208 | 2014-01-27 17:09 | 釣行紀 | Comments(0)