私の備忘録


by tongchai0208
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

相模湾キハダ完全燃焼⇒撃沈!

e0125217_15234368.jpg

e0125217_15242811.jpg

先週に続き、相模湾のキハダマグロ狙いで11月2日、連休の真ん中に行ってきました。
結果、キハダマグロと呼べるような大物は釣れず、5キロほどのキメジのみ。

キハダ・カツオも最終戦。
まだ今年もキハダだけは釣り上げていないので、今期、本当に最後との思いで、葉山へ。
最初は3日を予定していたが、2日の午後から3日にかけて南風で荒れる予報なので、1日夕方に予約を入れると、キハダ船は満船とのこと。
やむなく、カツオ・マグロ船に予約を入れることができた。
まあ、この時期、釣り場は一緒だし・・・・。

6時前に船に乗船したのは、9名。
私は右側のトモに陣取り、道具を準備。
船長が出船までの時間、ミヨシの常連と一緒に朝のミーティング。
開口一番、私に「いい加減、気がついてよ。獲れない人は獲れないんだから・・・。」と。
それ、私たちに言ってるの????
しかし、案の定、この話に参加していた2人は、見事にサメに食われました!
船長、良くわかっているね。
今時のミーティングでの話は、「今日、思ったこと」で。

カツオ狙い、あわよくばマグロも釣ってみましょうと言う船に乗りこんだ私、『クーラーボックス、空っぽ上等!!』と言う気持ちで、クーラーにはお弁当とお茶が冷える分の氷を入れた。
船長に、「早く、漁協で氷買ってきなよ!」と言われる始末。
無視を決め込み、ハリス22号5メートルに針を結び、船長に見せつけてやった。

葉山鐙摺港を6時30分前に出船し、一路南下。
50分ほどで、今、カツオ・マグロで熱い海域に。
うねりは少々あるが、ベタ凪。
総勢10隻ほどと盛期に比べだいぶ船数も減ったが、名だたる船宿の船が集結。
私の乗った船は、この集団には入らず群れを探す。
10分ほどで、急に船が止まり「40メートル」のアナウンスで、本日第一投。
直ぐに群れを追いかけ、「50メートル」で、第二投。
コマセを振った直後、持ち竿に当たりが。
すかさず合わせて巻き始めるが、カツオとは違う引き。
船長が「メボウだよ。大事に上げてね!!」をマグロ狙いの私にマイクで指摘(イヤミ)。
チャッチャとタマ網に掬ったのは。5キロほどのキハダマグロのお子様。
このとき、氷を足しておけばと悔やむ。
このあと、単独で群れ探しのクルージング。
10時までに10回以上エサを落としたが、船中で上がったのはカツオ1匹のみ。
船長があまり食わないので、私と2名の常連さんの所に来て「マグロもいいけど、カツオ狙ってよ! このままじゃ、やばいよ!!」耳打ち。
でもね~、今日はマグロなの。
常連さんは、直ぐにハリス14号で仕掛けを変えて各自1本ずつ上げていた。
でもね~、カツオ狙いの方々はどうしちゃったの??
まだ釣れてない。
常連さんも、仕掛けを戻し(ハリス26号と30号に)再びマグロ狙い。
11時頃、城ヶ島の真南(だと思われる)に移動。
葉山の船がまばらに2隻。
はるか遠くに先ほどまでいた船団が見える。

ここで60mの指示が出て、ミヨシの常連さんがマグロヒット。
しかし、サメの餌食に。
その後直ぐに、私にマグロがヒット。
この日は作戦を変え、スタンディングではなく竿掛に掛けたままでファイト。
180メートルでマグロは止まり、巻いては出しを数回繰り返し、サメのいる80メートルも難なく通過したが、あと30メートルで急にマグロが暴れだし、20メートルほど走られた後、サメに横取りされました。
正直、気分のいいこと。
先週に引き続き、2回ともサメに食われるとは。
落ち込むどころか、益々のめり込んでいる自分に笑っちゃいました。
来期は、とうとうマグロリングも持参するしかないね。
12時には、南の風が強くなり全船撤収となり、私の今年のマグロチャレンジは終了しました。

この日思ったこと。
まだ、たくさんのマグロやカツオは泳いでいます。
魚探で何度も見せていただきました。
第一希望だったマグロ船の釣果は、20キロ台~30キロ強まで4本上がっていました。
まあ、私が乗っても釣れたかどうか???
この船も、集団から離れ、私たちと同じ行動で、4本とも11時前後に同じポイントでヒットしてました。

カツオですが、船長曰く、盛期のような短いハリスでは食わないとのこと。3m以上の仕掛けを使うようにと。

マグロとのファイトですが、船長曰く「10分以内!」とのこと。
もう、ドラグをきつめに締めて遊ばせないで巻かないと、みんなサメの餌食です。
今回も、私はサメにやられましたが、船長曰く、「遊ばせ過ぎ」。
つくづくマグロをゲットされた方に頭が下がります。
先ほども書きましたが、マグロリング、有効ですね。
以前、マグロリングを入れて獲った場面を何度か見ましたが、上がってくるのが早い。
下手な私は、電気ショッカーを使いたいですが、来期はリングを持参することにします。
でも、マグロリングですが、そのまま使うのではなく秘策があるのです。
それは、来期シーズンに突入したら書きましょう。

8月から始まったコマセカツオ・マグロも、ここでは私は完全燃焼して終了とさせていただきます。
仕掛け等の道具は、昨日、押入れの奥に仕舞いました。
今週の土日もチャンスありそうですが、私は両日とも仕事。

さて、次回の挑戦はブリ一本にターゲットを絞り、年内中にチャレンジ予定。
マダイ釣りがかすんでます。

写真は、この日に釣れたキハダマグロのお子様。
[PR]
Commented by ヨシケン at 2014-11-04 21:28 x
お疲れさまでした。
真夏の酷暑のときから、
晩秋も近づいてきた11月初旬まで通うのですから、
本当にマグロ狂ですよね。
そして物凄く魅力のある
対象魚、フィールド、船宿?ですよね。
長三郎丸ですか?
また来年が楽しみですね。

今後の相模湾ブリも楽しみですね。
その前に私はお食い初め用のマダイを釣りに南房にいく予定です。
Commented by tongchai0208 at 2014-11-05 12:07
ヨシケンさん、こんちわ。
私の夏は終わりました。
これだけサメに横取りされると、笑っちゃいますね。
船宿はたいぞう丸ですが、乗ったのはカツオ・マグロ船。
来年、一緒に乗りましょう。
11/2のたいぞう丸のHPをご覧下さい。
私は写っていませんが。
ヨシケンさんは、マダイ釣りですか?
海老丸だと思いますが、私も一度船長に会ってみたいと思っています。
生まれた子供のためにも、がんばって下さいね!

by tongchai0208 | 2014-11-04 15:24 | 釣行紀 | Comments(2)