ブログトップ

ヤリイカ夜釣り@大瀬崎沖

e0125217_16485796.jpg

e0125217_1639214.jpg


1月28日(木)、ヤリイカが無性に食べたくなり、西伊豆戸田港の夜釣りのヤリイカへ行ってみた。
お世話になったのは、以前から通っている戸田港のふじ丸。
気さくでフレンドリーな船長だ。
考えれば、これが今年初の釣行。
この日のふじ丸の釣果は、65杯から18杯。
私の釣果は、へたくそなので31杯。

この日は、トモの左側に座ってみた。
理由は、2本竿を出したかったから。

6名の客を乗せ、15時半に戸田港を出航。
ポイントは、大瀬崎を内浦湾にちょっと入ったあたり。
大瀬崎の湾より内側に船が10隻ほど並ぶ。
私たちは、大瀬崎の先端から1キロほど奥の水深35m、岸より100mほどのところにアンカーを打つ。
e0125217_1640895.jpg

e0125217_1643149.jpg


日が落ちないと釣りにならないので、のんびりと道具を取り付けにかかる。
1本は、2mのマダイ竿に電動リールを取り付け、餌巻き仕掛けをセット。
もう一本は、1.8mのライトタックルの竿に、11cmのプラ角を取り付け、PE2号を巻いた手巻きリールに錘は40号を使用。
e0125217_16443958.jpg

日が暮れるのを待っている間、スマホでFacebookに「これより、健全なオヤジの夜遊び開始」と書き込んだら、船長が「ただいま、イカが船の下を通過するよう祈ってます」の書き込んでくれた。
イカが船に寄らなければ、この釣りはアウト。
何処に船を着けるか、これは船長の腕次第。
幸いに6時半頃に船中で釣れだし、私も今年最初の獲物は胴長42cmの大きなオスのヤリイカがプラヅノに。
水深30mでこの大きさが釣れるのだから、笑いが止まらない。
11時まで頑張って、オス・メス併せて31匹の釣果で終わったが、大満足だった。
細かなところは、「今日思ったこと」で詳しく書きたい。

◆今日思ったこと
・この時期、ヤリイカ釣りが各地で行われているが、深く群れを追いかけてという釣りが主流を占めているので、投入機やら専用竿な道具も無い私には手の届かない釣り。
この時期の西伊豆のヤリイカの夜釣りは、水深も浅く、アンカーを打ってのあまり移動の無い釣り
で、専用道具も不要なので気に入っている。
・餌巻き仕掛けを使用したが、半数はこの仕掛けに乗った。それも、オスの大型がほとんど。昨年までは持って行かなかったのだが、良く釣れていたので、今年こそはとチャレンジしてみた。
写真のようなアオリイカのエギングのエギに似ているが、餌を巻く針金が付いているので、釣具屋ですぐわかる。
e0125217_16454737.jpg

これに、特製鳥ささ身を巻き付ける。
サメの身でも良いのだが、この周辺はささ身が圧倒的に多い。
スーパーのささ身をそのまま使うのではなく、加工する。
作り方は、ささ身に塩をたっぷり振りかけ、塩漬け状態にして、水分が無くなるまで天日干し。
これで完成。
今回使用したささ身は1年前に作ったもので、十分に乾いていれば、冷蔵庫で十分保存が利く。
これをエギの背中に合わせてカットし、付属のステンレスの針金で丁寧に巻けば出来上がり。
1回巻き付ければ、その日のエサはこれだけ。
よっぽどのことが無い限り、付け替えは不要。
今回の餌巻きエギの仕掛けは、おおよそこんな感じ。
幹糸6号に180cm間隔で回転ビーズを付け、3本の枝針使用にしてみた。
枝素は4号を40cm。その先に、餌巻きエギを取り付ける。
オモリは40号。
枝張りのハリスの長さに関してはいろいろあるようで、通常は10cmぐらいと言われているが、
食いの悪いときは、長めが良い。
案の定、隣の常連のオヤジは、60cmでやると豪語していた。
しかし、あまり長すぎると絡んでしょうがない。
この日は、40cmという長さでチャレンジ。
幹糸と枝素の間隔は、180cmもとらなくてよいのだろうが、気分的にこの日はこの長さでやってみた。
餌巻きエギでの釣り方だが、柔らかめのマダイ竿なんか面白い。
この日は、底まで落とし、そこからオモリを1m上げた所で竿掛に掛けて待つだけ。
当たりは、マダイ竿なので竿先が海面に突っ込むが、イカなのでその後フワフワした状態が続く。
食いの良い時は、もう少し待っていると3つの針全部にいかが乗っている場面のあった。
プラヅノの仕掛けをしゃくり続けながら、たまに餌巻きエギ仕掛けの竿を見張っていれば良い。
船の移動も無いので、当たればオマケで釣れたと思えばよい。
でも、この日は私のしゃくり方が宜しくなかったのか、エギ仕掛けで半分以上は釣れたことになる。
困ったのは、プラヅノ仕掛けに当たったと同時に、エギ仕掛けにも当たりがあったとき。
でも、最初にプラヅノ仕掛けを回収して、取り込んだら、エギ仕掛けを回収すれば良い。
こんなときは、1杯とはいわず2杯、3杯と乗っていることが多かった。
・当日は、イカが船に付くと言う感じではなく、当たるときは、群れが船の下を通過するときのみのようで、終わりまで底から7mの間で、浮いてくると言う感じではなかった。
・今回は、大瀬崎の内浦湾内だったが、今後は井田周辺に移ってくるものと思われる。

e0125217_16464710.jpg

e0125217_16473685.jpg


1週間ほど前の釣行のため、あれから釣果は上下しているが、まだまだヤリイカ爆釣も期待できるかも?
水深の浅いヤリイカの夜釣り。
防寒対策を万全に、行ってみて下さい。
超お勧め。
[PR]
Commented by ヨシケン at 2016-02-07 05:17 x
こんばんは。
こりゃまたなかなか珍しい?衝撃の釣りですね。
夜になると、そんな岸近くの浅場にやってくるのでしょうか。
伊豆だけですよね、こういう釣りをやってるのは。
私も土曜日に行ってきましたが、ヤリイカは旨いですね。
Commented by tongchai0208 at 2016-02-08 12:36
ヨシケンさん、こんにちは。
ヤリイカ、旨いよね!
水深100mや200mはちょっと手が出ませんが、
水深30mは中々楽しいです。
こんな釣りをしているのは、沼津・西伊豆だけでしょう。
このところ、あまり釣れていないようですね。
ブリもフェードアウトしちゃったし、次は何処に行こうか思案中。
ヨシケンさんも、頑張ってくださいね。
by tongchai0208 | 2016-02-05 16:49 | 釣行紀 | Comments(2)