ブログトップ

白イカ@舞鶴沖 渋かった!


e0125217_16302724.jpg

e0125217_16313276.jpg


8月20日(土)、帰省先の西舞鶴のせきおう丸より、アジ五目と夜釣りの白イカに行って見た。

20年来帰省のたびにお世話になっている船宿だ。

当日、集合時間の1530分には船の前に12名の客が集まった。

大阪・兵庫・滋賀・京都市内の客が勢ぞろい。

私の車のナンバーを見て、皆が驚く。

東京からわざわざ来たの?

16時、定刻の出船。

私の釣り座は、くじ引きで後ろから4番目。

大きい船なので、ゆったりと釣りが出来る。

1時間もかからないで、丹後半島の伊根と冠島を結んだ最初のポイントに到着。

e0125217_16330509.jpg

イカリを降ろし、エンジンを切っての掛かり釣り。

水深60mの漁礁のポイントで、まずはアジを狙う。

仕掛けは、3mのマダイ竿に胴突き6本針。

オモリ、80号。

コマセ籠にオキアミを詰め、針にオキアミを付ける。

関東の人間には、馴染みの無い仕掛けなので、一度糸がこんがらがってしまうと手に負えない。

まして、針が6本もついているのだから尚更。

初めてではないものの、手こずり、6本に餌をつけるのも時間がかかるし、6本全てに魚がかかるわけでもないので、2本の針を切り取り4本針で開始した。

5時過ぎに一投目。

オモリが底に着いてコマセを振って1m巻き上げたところで当たりを待つと、直ぐに当たりが。

上がってきたのは、20cmほどのカイワリが2匹。

その後、船中、コンスタントにマアジやカイワリ、レンコダイが上がり出す。

6時過ぎに、タバコに火をつけるために竿掛けに竿を掛けて火を着けていると、大きく竿が引き込まれ、35cmほどのマダイが上がる。

同じクラスのマダイを3匹追加し、お魚の部は終了。

ここから、メインのイカ釣り。

イカリを上げ、10分ほど走ったところが今夜のポイントだった。

周りには船は無いが、彼方に点々と集魚灯が燈っている。

土曜日ということもあって、数えただけで40隻を超えていた。

e0125217_16414146.jpg


竿は、同じくマダイ竿。

仕掛けは、イカ角を3m間隔で5本付けてみた。

全長15m以上の長い仕掛け。

7時過ぎにイカ釣り開始。

船長の指示は、底から海面まで探るようにとのこと。

30分ほど誰も釣れず。

そこで、真ん中の角を外し、伊豆で抜群の効果がある餌巻きスッテに塩漬けの鳥のささ身を巻いた物に交換してみると、船中1号で胴長20cmほどの白イカが掛かった。

e0125217_16431569.jpg


その後、2時間で船中5杯。

私は、まだ1杯。

渋い。

納竿の12時まで3時間あるが、せっかく東京から来てこれでおしまいとは情けない。

先週までスソでも20パイは釣れていたのに??

まあ、満月なので期待はしていなかったが、それでもあまりにも・・・・。

10時過ぎから船中でポツポツ上がり始めると、私の竿にも待望の当たりが。

上がってきたのは、胴の長さが30cmを超える立派な白イカ。

そこからあの手この手でイカをだまし続けるも、納竿の12時までに同じ大きさの白イカを追加してこの日は終了。

船中トップは、9杯。

12名中、5人ボーズ。

まあ、3杯はこの日に限っては良い方だった。

この日の結果。

マアジ 25cm級26

レンコダイ 1520cm5

カイワリ 20cm級 4

マダイ 35cm級 4

白イカ 3

この日思ったこと

・白イカはこの地方での呼び名で、ケンサキイカだ。

 でも、胴長が30センチ以上のケンサキイカが釣れるのは魅力。

 地元の魚屋でも11,000円以上の値がついている。

 そして、刺身は旨い。

 人気があるわけだ。

・イカに関して、竿はマダイ竿のような柔らかい竿が良い様だ。硬い竿だと、身切れしてしまうので。

・イカの釣り方だが、関東のようにシャクッで釣る釣りではなく、竿掛けに竿をかけて、電動リールでゆっくり水面まで巻いてくる釣り方が基本。最初は面食らったが、これで釣れるのだから面白い。

・テクニックは特に無いが、しいて言えば、巻き上げ速度だと思う。数年前に釣れた速度は、電動リールの3ぐらいだったが、今回は、巻き上げ速度は1で掛かってきた。とてもゆっくりなスピードだ。そして、満月の夜なので、イカは底の方に居るらしく、30m以上上では私には掛からなかった。オモリが海底から10m上げた前後で3ハイとも乗ってきた。

・当日の仕掛けは、ハリス5cmのブランコ仕掛けで終始通した。

・当たった角は、赤緑と緑白。そして、身餌の餌巻き。それぞれに食いついたが、餌巻きがこの日は良いように感じた。トモの方が、下から2本を薄緑色の蛍光のプラスチックの平らなスッテにキビナゴを巻いた仕掛けを使っていたが、この角に良く当たっていた。私もイカナゴを巻いていれば良かったかな??

次回、持っていこう。

・魚釣りの方だが、胴突き6本針は慣れないと本当に苦労する。私は4本でやっていたが、他の方とそん色無く釣れた。しかし、絡むときは絡むもので、写真の仕掛けの次に就けたのが、ケイムラカワハギ皮の付いた胴突き仕掛けを仕様。

この針に換えたとたん、連続してマダイがヒットした。

マダイは、私以外は1枚上がったような??

ケイムラ、マダイには良いかも?? アジは、釣れなくなったが!

・イカ釣りのポイントでも、胴突き仕掛けでアジが狙える。イカをやらずに釣り続けていた方は、夜に入り30cm以上のマアジをだいぶ釣っていた。

しかし、隣のオヤジがポツリと私につぶやいた。

「イカ釣りしているとき、コマセ巻かれると今まで釣れたためしがない。」と。

この方、最終的に6杯。

魚釣りをしている方は、私の反対側。

潮の流れは、私の後ろから前へ。

イカはコマセに寄るのだろうか??

寄るのであれば、私の仕掛けはコマセの中にあったはず。

・最後に、関西の釣り人は面白い。話好きだし、持っている道具も関東には無いものがあり、そんなのを見せてもらうのも面白かった。釣れなくても、良い時間を過ごせたので私的には大満足の釣りだった。

また、来年、行けたら行こう。

e0125217_16480172.jpg


[PR]
Commented by ヨシケン at 2016-08-26 19:52 x
こんばんは。
関西の釣りおやじはよくも悪くもズバズバ来そうですね。
ケンサキイカってのは色々なところで人気で珍重されるようでが、そんなに旨いんですね。
アジとマダイも釣れて、帰省しての宴会も盛り上がったのではないでしょうか。
by tongchai0208 | 2016-08-23 16:49 | Comments(1)