私の備忘録


by tongchai0208
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ヤリイカ夜釣り@戸田港出船

e0125217_14435238.jpg
2017年、新春第一弾の釣行は、3日前から上向いてきた大瀬崎周辺の夜釣りのヤリイカに決めた。

そう言えば、昨年も最初の釣行は夜釣りのヤリイカだった。

結果から言うと、撃沈!

正月開けから天候も不順で、大荒れの毎日。

ネットを開いても、いまひとつ。

そんな中、16日に沼津の船が夜釣りのヤリイカの上向きの模様を伝えていた。

18日(水)に代休を取っていたので、昨年も良い思いをさせていただいた戸田港のふじ丸の船長に17日に電話を入れる。

予約は入っていなかったが、「出るよ!」の返事で、釣行決定。

当日の集合時間は、1530分。

久しぶりのお休みのため、ドライブ感覚で戸田の温泉にでも浸かってみようと家を9時に出発。

東名厚木ICから小田原厚木道路、箱根新道経由で沼津へ。

達磨山を山越えして、戸田港へ到着したのが12時前だった。

まずは腹ごしらえと、港近くの深海魚で有名な「魚重食堂」へ行こうと思ったら、お休み。

楽しみにしていたのに・・・

そこで、歩いて数分のところにある中華料理「海苑」へ。

店主のオバチャンが、「お元気?」と声を掛けてくれた。

数あるメニューの中から、お気に入りのモヤシそばをチョイス。

昔ながらの、中華料理屋さん。

その後、戸田の道の駅「道の駅くるら戸田」に移動。

ここに温泉があり、一風呂浴びる。

e0125217_14444507.jpg

2時ごろ、集合場所の船着場に行くと、先客があり、しばし歓談。

3時過ぎまで、客は2名。

とりあえず、船に荷物を運び込み、トモの右側を確保。

もう一人も、トモの左を確保したが、2人じゃどこでもいい感じ。

集合時間の3時半前に、船長と大船長が来て、同時に乗船者も1名乗り込み、総勢釣り客3名で出船。

大船長は、自分のお酒のつまみを捕りに行くと言う。

「こんなクソ寒い夜に、良く来るよ!」と言いながら、自分の縄仕掛けを準備していた。

戸田港を出て、進路を岸伝いに沼津方面へ。

まだ、ポカポカを暖かい日差し。

トレーナー1枚でも過ごせる気温。

大瀬崎をクルリと右に回り、内浦湾へ。

そして、3分ほどでエンジンがスローに。

目の前には、昨年良い思いをした光景が。

岸から200mほど離れた場所で船は止まり、ポイントを決めるために周辺をぐるぐると移動。

4時過ぎに、イカリを投入。

昨日は、6時半頃から釣れ始めたという。

この日は、プラヅノ5本仕掛けと餌巻き仕掛けの2本を出すことに。

良く見ると、3名とも私と同じ二刀流で竿を2本出していた。

5時過ぎにあたりが暗くなり始め、気温もぐっと冷えてきた。

17時半ごろ、船長が水中ライトを入れたので、私もここで第1投。

手持ちの2.5mマダイ竿にプラヅノ仕掛け、オモリは60号。

もう一本は、同じく2mのマダイ竿に、餌巻き仕掛けを3つ着け、オモリは同じく60号。

これは、置き竿にした。

水深は36mほど。

オモリを底に着いたら、しゃくるだけ。

最初の当たりは、底に着いた仕掛けをしゃくった瞬間に、ズドンと乗った。

胴長20cmほどのヤリイカ。

船中、第1号。

時計を見ると、18時前。

その後は、群がなかなか船を通過せず、当たりもまばら19時半ごろ、餌巻き仕掛けの竿先が水面に突き刺さった。

ゆっくり巻いてくると、胴長40cmを越すオスのヤリイカが食いついていた。

大船長も、「でけ~な~」と喜んでくれる。

昨年は、こんな大きさのイカがボツボツ乗ったのに。

e0125217_14492541.jpg

大きいのは、船中これのみ。

船長も「今日はダメだな~」と言いながら、22時に納竿となりました。

私の釣果。

12杯。内、マルイカ4杯。

スソは5杯でした。

撃沈!!

この日思ったこと。

・餌巻き仕掛けと餌の作り方、場所などは2016年2月5日の「ヤリイカ夜釣り@大瀬崎」をご覧下さい。

・しゃくり方だが、錘が底に着いたら1mほどしゃくり、3秒ほど待って落とすの繰り返し。

 この日は、マルイカが多そうで、おさわりは感じられるのだが、乗らないと言った感じ。

 間に、赤白の浮きスッテを1つ着けていたが、マルイカもヤリイカも良く乗った。

 プラヅノにもマルイカは乗ったけど・・・・。

・プラヅノ仕掛けにマダイ竿を使ったのが、敗因だと思う。昨年のようにLTの竿でやっていれば、マルイカの小さな当たりも取れたと思う。マダイ竿じゃ、ダメだね!!

・プラヅノは好みで良いと思うが、割と魚の形をした平べったい角が多いように思う。

 昨年のブログに写真掲載。

・大船長の縄仕掛けは、休み休み2時間ほどやっていたが、10杯ほど釣っていた。縄の引き方を見ていると、鋭く1mほどしゃくり、落とすと言うやり方だった。それで簡単に10杯を載せるんだから、凄い。

 プラヅノは丸い玉が繋がったような細いプラヅノだった。

・防寒対策は、念入りに!

 とにかく寒い!!

2017年の初釣行だったが、昨年も同じだった。

ヤリイカの夜釣り、近日中にリベンジしたい。

水深30mで40cmのヤリイカ、ちょっと他では味わえませんよ!!




e0125217_14514180.jpg





[PR]
Commented by まこあぱ at 2017-01-21 21:03 x
こんばんわ。お初です。
船のヤリイカ、12杯で撃沈ですか?
船ならではの評価ですね。

同じ頃、私は木負で岸からやっていましたがヤリは全く姿を見れませんでした。
なかなか難しいものです。

やっぱ大瀬崎の方が良いのかなぁ。
Commented by tongchai0208 at 2017-01-30 12:47
まこあぱさん、こんにちは。
随分日がたっての返信、ごめんなさい。
そうでしたか?
あの日は、大瀬崎の先端と江梨漁港の中間あたりの岸から300mほどところでイカリを降ろしてました。
大瀬崎の先端でも陸からの電気浮きをつけた釣り人が数名いましたし、私たちの船の真正面の崖下にも2名ほど釣り人がいました。
例年、陸からは江梨方面の方が良いように思います。
仕掛けも、餌巻きスッテが大型が乗りますよ!

また、書き込みお願いしますね。
by tongchai0208 | 2017-01-20 14:52 | 釣行紀 | Comments(2)