ブログトップ

2017年ムギイカ夜釣り@沼津沖

e0125217_17325555.jpg

昨日に引き続き、ダブルヘッダーの後半戦へ進めます。

5月5日、午後船にてマダイを狙うも、クロダイ2枚で撃沈!

そして、同じ船で折り返し、スルメイカのお子様、『ムギイカ』を狙いに夜便で出船。

マダイ道具を片付け、マダイでご一緒だった方と私で右舷に座る。左舷にも、夜便から乗り合わせたお客が2名の合計4名で7時前に出船。

この日は対岸の沼津港寄りの水深100mにイカリを降ろした。

周りにも、点々と船が停泊しだす。

7時過ぎ、船長より「80m付近から海面まで探って!」とアナウンス。

さて、私は、この日持ち込んだのは、竿と縄。

どちらが良いか迷い、横にいる常連さんに「今日は、どの仕掛けでやりますか?」と聞いてみる。

縄も持っているけど、最初は、竿のブランコでやってみる。」との返事。

船長は、縄を持っているんだったら、縄にしなよと勧める。

しかし、縄でイカ釣り、経験無し。

度胸が無いので、浮きスッテ2.55本を付けたブランコで第1投。

80mまで落として、50cm上げては止め、50cm上げては止めを繰り返し海面まで丁寧に探る。20分ほどやってみたが、当たり無し。

8時前に後ろのお客が、ポツポツ上げ始める。

焦る!

仕掛けを見ると、電動直結でやっている。

迷った。

仕掛けを、直結仕掛けに換えれば済むのだが、出船前の船長の「何で竿なんか使うのよ。縄の方が楽でしょ?」という言葉が脳裏に焼きついていたので、ここで、縄仕掛けに変えることにする。

常連の方も、縄をやってみると準備をはじめた。

手釣りの直結浮きスッテ2.59本で50mから始める。

なんで50mか?

用意した縄が50mしか無いので・・・。

初めての縄仕掛け。

手繰り方は過去見てきた方法で、リズムに乗せてやってみた。

手繰るスピード、手繰る長さ長さなどを変えながらやっていると、10分もしないうちに、重みを感じ、上げてくると体長10cmほどのイカが上から2本目の角に掛かっていた。

船長が、イカがだいぶ浮いてきたので、40mから上を探るようにと指示が出る。

時計を見ると、8時半。

その後、ポツポツと乗り出したが、2杯、3杯と角にかかってくることは無く、この日は全て1杯ずつ掛かってきた。

まあ、初心者なので、追い食いは10年早いだろう。

そんなこんなで、終了の11時過ぎまでの私の釣果。

20杯。

船中トップ61杯。

私、スソでした。

トップの方は、電動直結で終盤は入れ食いでした。

e0125217_17340288.jpg
       ブランコ仕掛けの浮きスッテ2.5号

e0125217_17353167.jpg
            縄直結仕掛け

この日思ったこと。

・縄での手釣りを始めて経験したが、手繰るスピードがまだ良くわからないので、再挑戦決定! 自分的には面白いと思う。竿やリールの重さも無く、道具もシンプル。

・この日は船長の指示で、竿も縄もオモリは80号を使用。

・9時頃から水面にイワシが跳ねだした。それと同時に、イカも上に浮いてきたが、6日はイワシの量が多く、角には反応せずに惨憺たる釣果との事。イカ釣りも、今日釣れたからと言って、翌日釣れるとは限らず、一発勝負の様相。

・縄釣りの場合、カツオを釣るときのように、指にゴムを付けると楽だった。是非、ご持参下さい。

・トップの方が電動直結だったが、私もこの日は迷った。縄を竿に変えるだけだったが、初志貫徹で行きました。まあ、変えたところで、巻き上げスピードやシャクリの幅など、その日に合ったものを探さなければ釣れないし。

「漁師じゃないんだから」と言い聞かせ、船を下りました。

今年はまだ300だ、400だの爆釣は内容ですが、次回、戸田港よりムギイカ、チャレンジ致します。

釣れたイカ、さっと茹でて生姜醤油やマヨネーズで食べると柔らかく、ビールに最高!


[PR]
by tongchai0208 | 2017-05-09 17:36 | 釣行紀 | Comments(0)