私の備忘録


by tongchai0208
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

マダイ釣り

e0125217_1041940.jpg


前日が社員旅行で、翌日の27日に職場全体がお休みのため、久しぶりに茅ヶ崎から、今、爆釣が続いているマダイ釣りに出かけてみた。
4時半には、このところマダイが釣れ盛っているためか、6時半出船の時点では、20人近くの釣り客が・・・・
平日だというのに、人気の高さが伺える。

当日、私はミヨシ(船の前の方)の右側に釣り座を構える。
ここは、東京湾のように船を固定する釣り方ではなく、流して釣るのであまり場所は関係ないと思っている。
道具立ては、一般のコマセマダイと一緒。
しかし、皆さんはハリス3号の長さ6mでやっていたが、私はハリス2.5号の5mと短めでやって見た。
湘南では私が短めのハリスでいい思いをしている。
まして、サバが多い時期、少しでも短い方が楽である。

釣り場は船宿の企業秘密なので、あえて詳しくは書かないが、大磯の西側とでも書いておこう。
水深20mと夏の釣り場。
砂浜で水遊びをしている人が肉眼で良く見える距離。

7時前に第一投。
2投目に本日の第一合が私に!!
30㎝級のこの辺ではレギュラーサイズのマダイを釣り上げる。
その後サバとワカシ(ブリの幼魚)の入れ食いの合間に10時までの4匹ゲット。
この日は大潮だが、潮が流れず風もないため、まるで池の上で釣りをしている様相。
とにかく暑かった。
このころからそこそこマダイを釣った安心か、集中力を欠き船長室に入り込み、ご休憩。
本来であれば、もっと釣れと言う船長もあまりの暑さにそんなことは一言も言わない。
魚探を見ながら世間話。
魚探を見ていると、コマセを振った後にサバやワカシの群れが映り、底から1mほどのところにマダイの反応が見れる。
確実にマダイがいるのだが、潮が動かないのでマダイが食わない。
これで動き出せば、相当の数が釣れると見た。

本来、1時半に終了がだが、今日は暑いから1時に納竿しようと船長が言う。
そりゃそうだろう。これ以上やったら熱射病で病人が出ること必死!!
それぐらい暑かった。

私はライトタックルの竿を代え、ハリス4mで再チャレンジ。
置き竿にせず、持ち竿で餌を動かし誘いを入れたのが功をそうしたのか、30分で2匹のマダイをゲットし、計8匹で本日の竿頭。

船中20匹とのことなので、当然、ボーズの方も居たということになる。

船長とも話したが、前回の台風の後、よく釣れるようになり、このまま当分釣れ続くようだ
トップ10匹以上の日もあるそうだ。
マダイ釣りで良い思いをしたければ、今の内ですぞ!!
ただし、土日は相当の混雑になるので、平日はお勧め。
仕事サボっても、行く価値はあリますよ!!

写真右上の裸足の足は、私。
それぐらい暑かったのよ!!
[PR]
by tongchai0208 | 2007-07-28 10:41 | 釣行紀 | Comments(0)