ブログトップ

沼津湾沖メジマグロ釣行 詳細


e0125217_10293998.jpg
9月24日に、今、まさに爆釣りの続いている沼津湾のメジマグロ釣りに出かけてみた。
早朝5時出船にもかかわらず、4時半には12名のツワモノが港に集合。
東京湾、相模湾の乗り合いは休日ともなれば片舷10名ほど詰め込み、オマツリ必死で釣らなければならないが、こっちは予約制なので、昨日は同じ大きさの船でも片舷6名とゆったりと釣りを楽しむことができる。
5時前に船は一路、行程5分の港の沖に。
ここが今日の釣り場だ。
近すぎる・・・・

さて、本日の私のお道具は、ワンピースのマダイ竿、道糸PE6号、天秤にサニーカゴの80号、クッションゴム1mの3㎜、ハリスは8号で4.5m、針はヒラマサの13号1本針。
コマセは沖アミで付け餌も沖アミ。
なお、当日はスペシャル餌として8㎝ほどの生きたシコイワシが生簀に泳いでいた。
(なお、周辺の釣り宿でシコイワシで釣らせるところは無いでしょう)

5時過ぎに第一投。
タナは20m。
25mでコマセを振りながら20mまで巻き上げ、そのまま当りを待つ。
しかし・・・・
全員当たり無し。
不穏な気配。
周りを見れば、物凄い数の船が。休日ともあって、レジャーボートでの釣り師も多い。

15分後に群れが回ってきたのか、まわりでボツボツ釣れだしたが、私には来ない!!
焦る!

そしてやっと当たりがあったと思えが、マルソーダ。
バカヤロ~。

ほぼ全員が釣れた際も、私は蚊帳の外。
アドレナリン、分泌度、最高潮。

そして、手持ち竿をひったくるようにメジからの当たりがあったのは、第1投から40分後。
前回のキメジやカツオほどの引きは無いものの、マダイ竿で釣り上げるのだからスリル満点。
竿は折れんばかりのしなりを見せる。
上がってきたのは、1.8キロクラスの平均的なメジマグロだった。

その後、群れは去ってしまったのか沈黙。
そりゃ、あれだけの船がいてコマセを同じように撒いていれば、メジも一ヶ所に留まることは無い。
船長も今日はじっくり移動せずに、同じ場所でじっくりと構えて回遊している群れを待ちながら釣る作戦に出た。
他の船は、釣れなくなると直ぐに移動してしまう。
コマセをパラパラと撒き続け、餌もシコイワシに代えて見た。
すると、ボツボツと当たりがあり、結果的には12匹のメジが釣れた。
下の25日の写真参照。

当日は圧倒的にシコイワシの餌に軍配が上がったようだ。
案の定、帰ってメジを捌いて見ると、ほとんどのメジの胃袋には沖アミは入っておらず、餌で使用したのと同じ大きさのシコイワシが大量に入っていた。
恐るべし、生き餌。

なお、この日の午後からは沖アミで爆釣だったようだ。

相模湾のキハダも10キロ休が釣れているし、カツオも4キロ以上の大きなカツオが入れ食い。
沼津湾も港からすぐのところで、クーラー満タン状態でまだ釣れ続いている。

さあ、今ですよ。行くのは・・・・・

なお、近日中に、相模湾に釣行予定。
[PR]
by tongchai0208 | 2007-09-27 10:24 | 釣行紀 | Comments(0)