ブログトップ

小田原沖マダイ・イナダ釣行

e0125217_17111598.jpg



ここ数日、寒くなった。
あんなに暑かったのに、こんなに寒くなるなんて・・・・

カツオも海で跳ねているし、この秋は釣り三昧でもと思ったのもつかの間。
10月の仕事の予定表を見ると土日のほとんどが出勤になってるじゃないのよ!!
やべ~~~~

つーことで、この寒さを押して先週金曜日に30日の日曜日に釣りに出かけようと決めたのはいいけど、生憎のお天気は下り坂。
土曜日は用事を済ませ、その日の夜、どこに行こうか一人作戦会議。
相模湾のキハダ・カツオはこの急な冷え込みで、まったく魚に遊ばれている状態だし、剣崎沖のワラサもパッとしない。
初島沖のワラサも予約制だからどこもいっぱい。
天気予報を見ると、雨で相模湾と剣崎沖は北風ピューピューらしいのでカツオにワラサは断念。
考えた末、小田原ならばこの天気だったら凪で風もそんなに無いんじゃないか?と小田原行きを決定。
狙うはマダイ、で、あわよくばイナダでもといった欲張った釣行。
4時過ぎに、小田原の某船宿へ。
運良くマダイ五目の左舷のとも(船の後ろ)の席を確保できた。

客は私を含め8人。
ソウダガツオやサバの多いこの時期、隣との間隔が広いとオマツリの心配をしなくて済む。
同宿のカツオ船は満席。
でも、心の中で「今日もこの中で何人釣れるんだろうね?」なんて思ったり。
当然、当日は雨模様。
こんな日にカツオが爆釣した経験は無い。
今日も昨日と同じように、カツオの群れと追っかけっこするんだろうな???

7時過ぎに出船。
5分もしないで、最初のポイントへ。
小田原港の目の前。

当日の私のお道具。
竿はダイワのリーディングX A55にしてみた。2mと短くて軽いのが良い。これ、あとで正解だった。
リールは不精なもので、電動リール。道糸PE6号でコマセカゴを付けた天秤仕掛け。なお、小田原地区はコマセカゴの規定でFLサイズ。黄色いサニーカゴだ。ハリスは3合を6mにクッションを1m。
コマセはアミに沖アミをミックス、付け餌は沖アミ。

第一投。水深35mから始める。
しかし、最初の当たりは30㎝にも満たないサバ。
その後、サバの猛攻。
釣っては海へポイの状態が続く。
何度か場所変えをして、ようやく上がってきたのは20cm級のマダイ。船中第一号・・・・。

9時頃、酒匂川河口沖のポイントで小さなマダイが釣れたが、あんまり小さいので海に戻す。
しかしその後、私の後ろの客がバケでメジマグロの小さいのとイナダを釣り上げた。
メジマグロには興味を示さなかったが、イナダの刺身は食ってみたいと思い、その客に情報収集。
その間も、イナダ入れ食い。
沖アミ餌でもポツポツ上がり始める。

急いで、道具箱からバラフグのバケを取り出し、6号ハリス2mでマダイ仕掛けをはずし、クッションゴムを付けたままでセット。コマセカゴの下を絞め、上の穴を半分に調節。
アミコマセを八分目に詰め、水深40mのところを35mで止めて、そこから一気に10m位までコマセを振りながらリールを巻く。
最初の当たりは、28mでガツンと当たり。
40㎝級のイナダをゲット。
そのあとはもう入れ食い。
ジャスト10匹を釣ったところで、場所移動となってしまった。
しかし、入れ食いはいつやってもいいもんだ。
沖アミ餌の方は、その間、一人3匹程度の釣果だと思う。
2.3回場所移動した時に、水深10m前後で久しぶりの当たり。
40㎝ほどの可愛いメジマグロがヒット。
私のバケにはあまり反応が無かったが、後ろの人はハモ皮のバケで入れ食い。
途中、私の2つ隣の釣り人に3キロ弱のワラサがヒット。
沖アミ餌で食っていた。

そんな調子で、移動を繰り返しながら沖上がりの2時半を迎え、本日の釣行は終了となった。

結果は写真のとおり。
なお、イナダ、メジマグロともコマセや沖アミは胃袋に入っておらず、8㎝程度のシコイワシがぎっしりと詰まっていた。
イナダ、メジを釣りたい方は、断然、まだバケが有利だと思う。
[PR]
Commented by 六本木に行ってないミヤ at 2007-10-03 08:00 x
お久しぶり♪
忙しいといいながら、たのしんでるじゃん。
いいなぁ
Commented by tongchai0208 at 2007-10-03 08:18
ミヤちゃん、あら、見てたのね~。
それも朝早くから・・・・・
ブログなんか見てないで、仕事しなさいよ!!
by tongchai0208 | 2007-10-02 17:11 | 釣行紀 | Comments(2)