私の備忘録


by tongchai0208
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

相模湾キハダマグロ最終回?

e0125217_2032142.jpg


長らくお待たせいたしました。
このところ仕事の方も忙しく、更新ままならず。

さて、前回の小田原メジマグロ釣りは惨憺たるものでしたが、
昨晩、茅ヶ崎の某船長より悪魔のお誘いが。
このところ、キハダマグロ、釣れたり釣れなかったりとだいぶ気難しくなってきていますが、
この1週間は、調子が良さそう。
でも、カツオ・キハダはオキアミには目もくれず、秋刀魚を追い掛け回していました。
まあ、せっかくのお誘いですし、断るのもなんなので、行くことに。

11月11日(日)6時30分に茅ヶ崎港を出船。
海上はあいにくの荒れ模様。
でも釣りバカは12名乗船している。
全身にシブキを浴びながら南下すること50分、鳥山も無く相模湾の真っ只中で
第一投。
仕掛けは、80号のサニービシにハリス20号4メートル。
ハリはでかいヤツ。
オキアミ房掛け。

船長の指示するタナは、50メートル。
二投目で竿先がフワフワして急に海中に突き刺さる。
カツオ特有の当たり。
案の定、4キロクラスの私のように丸々と肥えたカツオ。
船中、入れ食いとなる。

3本釣り上げた後、何の前触れも無く竿先が海中に突き刺さる。
合わせをくれるが、竿が上がらない。
それどころか、身体ごと海中に持っていかれそうなぐらいに下に潜る。
当然、リールは巻けないがここは体力勝負。
上がってきたのは、13キロ・1mにちょっと欠ける大きさのキハダマグロ。
でかい。
持参のクーラーに入れたが、カツオ3匹とキハダ1匹でもう何も入らない状態。

その後も移動を繰り返し、もう一本、同じ大きさのキハダを釣り上げ、
港に帰ってみれば、キハダ2本と50cm級のカツオが6本と大満足の釣行でした。

なお、カツオの群れはまだ相当数見ましたし、秋刀魚を追いかけているキハダマグロも何度か見ることができました。
中には30キロ級のマグロも跳ねていましたから、まだまだ釣れそうですよ。

行くんだったら、天気の良い凪の日を狙えば、かなりの確立でキハダにご対面できるかも?
なお、ハリスは16号では簡単に切られますのでご注意のほど。

今日はドッと疲れたので、料理は明日にしましょう。
さあ、トロ食い放題だぜ!

写真は本日の釣果。
カツオの大きさは50センチなのでキハダ[#マグロの大きさを想像してちょうだい。
[PR]
by tongchai0208 | 2007-11-11 20:18 | 釣行紀 | Comments(0)