私の備忘録


by tongchai0208
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

小田原おでん祭り

e0125217_20203724.jpg


今日、所要のため朝から小田原へ行った。
小田原城近くの駐車場に車を止めたのだが、二の丸広場で”おでん祭り”開催中との張り紙が・・・


食ってきました。
鯵のちくわに・・・・・・
何を食ったか忘れた。
車じゃなかったら、ビール片手でということになったのだが、残念!!


で、10月28日(日)は小田原魚市場で10:00~17:00まで”小田原うお市場祭り”が開催されるとのこと。
お暇な方は、クーラーボックス持って行ってみたら??
[PR]
by tongchai0208 | 2007-10-21 20:24 | つぶやき | Comments(0)

駿河湾キハダ爆釣り

e0125217_1751996.jpg

e0125217_1751522.jpg
e0125217_187114.jpg



昨晩、沼津の船長から電話が。
キハダの大きいのが急に釣れ出したので、来ないかと言うお誘いが。
相模湾で釣れているキハダより一回り大きいと言う。

二つ返事で、行ってきました。

結果、11キロから14キロのキハダマグロ3本。
なお、キハダのヒットは7回。
一匹は150メートルも糸を引っ張っていき、痛恨のバラシ。
20キロより上のキハダだと船長は言う。
なにしろ、得体の知れない当たり頻繁。
やっとのことで取り込んだのが、上記の写真の3本のみ。
カツオは4~5キロ級、4本のみお持ち帰りで、あとは船長にあげてきました。

仕掛けは、魚がデカイのでハリスは30号3mを使ったけど、
これを引きちぎっていくキハダもいました。
もちろん、餌はオキアミ。

ということで、今日はこのへんで。

さあ、これより魚を持って、近所の寿司屋へ。

トロ、ドンブリ一杯食うぞー!!
[PR]
by tongchai0208 | 2007-10-14 17:52 | 釣行紀 | Comments(0)

富士山盛り

e0125217_833205.jpg
し、知らなかった・・・・・
世の中に、こんなに盛りの良いソバ屋があるなんて・・・・

昨日、横浜ららぽーとへ車で仕事に。
帰り道、連れと2人で帰り道、近くにある「つけ天の味奈登庵」へ行ってみた。
いつも通りすがりに、込んでいる店だな~と思って見ていた。

11時半に行ってみると、もう駐車場は私の車の駐車スペースを残してあと2台分。
いったいどんな店なのかと期待が膨らむ。
店構えが立派なので、こりゃいい値段なんだろうなと店に入る。
席に案内されるとき、連れが「あの天ぷらとソバのセット、いいね~」と私に耳打ち。
オネ~さんがやってきて、お茶とおしぼりを持ってきたとき、すかさず連れがこう言った。
「あそこで食べているのと、同じものを2つ」と。
すると、オネ~さんは「普通盛り、大盛り、富士山盛りがあります。大盛りはせいろ2枚分、富士山盛りは3枚分です」と説明する。
連れは、一言「富士山盛り、2つ」と。

運ばれて、2人で顔を見合わせた。
ソバが富士山のように盛られ、まるで大食い選手権の競技者になったような気分。
食っても食っても、ソバは減らない。
しかし、あと一口と言うところで、連れが私が下を向いた瞬間、自分のソバを2回に分けて私の容器に乗せた。
反則だ! いや、あれは犯罪だ。
有に1枚分はあったと断言する。
しかし、連れはこう言い放った。
「せっかく頼んだんだから、ちゃんと食べなきゃ店の人に悪いぜ。あ~、残すなんてみっともない。」と。

間食いたしました。

なお、天ぷらも揚げたてで、大きなエビとオクラ、かぼちゃ、ごぼうのかき揚げは付いて、富士山盛りでも普通盛りでも、値段は950円!
参りました!!

横浜近郊に数店構えるおそば屋さん。
名物、つけ天の富士山盛り、チャレンジしてください。
私? 当分、おそばは食べたくありません。

なお、写真は5回ほどソバを取った状態。
[PR]
by tongchai0208 | 2007-10-10 08:33 | つぶやき | Comments(1)

相模湾カツオ急上昇!!

e0125217_8184416.jpg

最近、シラスばかり食っていた大型のカツオが、ここ2日間で沖アミに反応するようになったようだ。
昨日も5キロ級のデブカツオを一人で20本近く上げた人も出たとか???
いったい、そのあとどうするんだろうね。
5キロのカツオ1本でも、普通の家庭なら十分すぎる量。
ちなみに、写真は今年釣り上げた4キロ級のカツオ。
血抜きをしたこのカツオ、絶品でした。
(持っているのは、どこかのオッサン)

なぎの今、こりゃ、行くしかないね?

But、世間で言う3連休ではございますが、私は
仕事がびっしり・・・・

うぅ~、無念の涙でございますぅ。


行くなら、今ですよ!
[PR]
by tongchai0208 | 2007-10-05 08:19 | 釣り関連 | Comments(0)
e0125217_17111598.jpg



ここ数日、寒くなった。
あんなに暑かったのに、こんなに寒くなるなんて・・・・

カツオも海で跳ねているし、この秋は釣り三昧でもと思ったのもつかの間。
10月の仕事の予定表を見ると土日のほとんどが出勤になってるじゃないのよ!!
やべ~~~~

つーことで、この寒さを押して先週金曜日に30日の日曜日に釣りに出かけようと決めたのはいいけど、生憎のお天気は下り坂。
土曜日は用事を済ませ、その日の夜、どこに行こうか一人作戦会議。
相模湾のキハダ・カツオはこの急な冷え込みで、まったく魚に遊ばれている状態だし、剣崎沖のワラサもパッとしない。
初島沖のワラサも予約制だからどこもいっぱい。
天気予報を見ると、雨で相模湾と剣崎沖は北風ピューピューらしいのでカツオにワラサは断念。
考えた末、小田原ならばこの天気だったら凪で風もそんなに無いんじゃないか?と小田原行きを決定。
狙うはマダイ、で、あわよくばイナダでもといった欲張った釣行。
4時過ぎに、小田原の某船宿へ。
運良くマダイ五目の左舷のとも(船の後ろ)の席を確保できた。

客は私を含め8人。
ソウダガツオやサバの多いこの時期、隣との間隔が広いとオマツリの心配をしなくて済む。
同宿のカツオ船は満席。
でも、心の中で「今日もこの中で何人釣れるんだろうね?」なんて思ったり。
当然、当日は雨模様。
こんな日にカツオが爆釣した経験は無い。
今日も昨日と同じように、カツオの群れと追っかけっこするんだろうな???

7時過ぎに出船。
5分もしないで、最初のポイントへ。
小田原港の目の前。

当日の私のお道具。
竿はダイワのリーディングX A55にしてみた。2mと短くて軽いのが良い。これ、あとで正解だった。
リールは不精なもので、電動リール。道糸PE6号でコマセカゴを付けた天秤仕掛け。なお、小田原地区はコマセカゴの規定でFLサイズ。黄色いサニーカゴだ。ハリスは3合を6mにクッションを1m。
コマセはアミに沖アミをミックス、付け餌は沖アミ。

第一投。水深35mから始める。
しかし、最初の当たりは30㎝にも満たないサバ。
その後、サバの猛攻。
釣っては海へポイの状態が続く。
何度か場所変えをして、ようやく上がってきたのは20cm級のマダイ。船中第一号・・・・。

9時頃、酒匂川河口沖のポイントで小さなマダイが釣れたが、あんまり小さいので海に戻す。
しかしその後、私の後ろの客がバケでメジマグロの小さいのとイナダを釣り上げた。
メジマグロには興味を示さなかったが、イナダの刺身は食ってみたいと思い、その客に情報収集。
その間も、イナダ入れ食い。
沖アミ餌でもポツポツ上がり始める。

急いで、道具箱からバラフグのバケを取り出し、6号ハリス2mでマダイ仕掛けをはずし、クッションゴムを付けたままでセット。コマセカゴの下を絞め、上の穴を半分に調節。
アミコマセを八分目に詰め、水深40mのところを35mで止めて、そこから一気に10m位までコマセを振りながらリールを巻く。
最初の当たりは、28mでガツンと当たり。
40㎝級のイナダをゲット。
そのあとはもう入れ食い。
ジャスト10匹を釣ったところで、場所移動となってしまった。
しかし、入れ食いはいつやってもいいもんだ。
沖アミ餌の方は、その間、一人3匹程度の釣果だと思う。
2.3回場所移動した時に、水深10m前後で久しぶりの当たり。
40㎝ほどの可愛いメジマグロがヒット。
私のバケにはあまり反応が無かったが、後ろの人はハモ皮のバケで入れ食い。
途中、私の2つ隣の釣り人に3キロ弱のワラサがヒット。
沖アミ餌で食っていた。

そんな調子で、移動を繰り返しながら沖上がりの2時半を迎え、本日の釣行は終了となった。

結果は写真のとおり。
なお、イナダ、メジマグロともコマセや沖アミは胃袋に入っておらず、8㎝程度のシコイワシがぎっしりと詰まっていた。
イナダ、メジを釣りたい方は、断然、まだバケが有利だと思う。
[PR]
by tongchai0208 | 2007-10-02 17:11 | 釣行紀 | Comments(2)