私の備忘録


by tongchai0208
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

納竿→玉砕

2007年の最後を締めくくろうと、昨日、金沢八景より前回行った久里浜沖のイナダとマダイ釣りに行ってみた。
結果から先にお話しすると、見事に討ち死に!!
前日の天気予報で、朝から南西の強い風が吹くとのの予想が出ていたが、年末の休みに入ってから自由になる時間がなく、30日しか空いていなかったのが実情。
29日に行けていれば爆釣だったのだが、返す返すも残念。

当日の早朝、7時ごろまでは風も無く、絶好の天気だったのだが、その時点で海上保安庁の海況情報で伊豆大島で風速10メートルとあった。
東京湾の場合、早朝、大島で10mの風があるときは、まず海上は荒れ模様の確率が非常に高い。
普通だったら、絶対に行かないのだが、本年度最後の釣りとなれば、行っちゃうでしょう。
案の定、8時過ぎには南西から西の風が強く吹き付けてきて、波も半端じゃないぐらいのうねりを伴った波で、船の上では何かにつかまっていないと転んでしまう。
そんな中、1時間半ほど釣りをしたが、あえなくボーズ。
なお、周りには30隻ほどの釣り船の船団ができていた。
悪天候の年末だと言うのに、私と同じ、釣りバカオヤジがたくさんいたことには驚いた。

今年一年を振り返ると、まあ、今年もよく釣らせてもらった。
なんといっても、御蔵島沖で釣り上げた30キロのキハダマグロが今年の金賞。

さて、2008年はどんな年になるのだろうか?

なんて書きながら、正月休み、どこに釣りに行こうかなんて考えている私は、バカ??
[PR]
by tongchai0208 | 2007-12-31 17:22 | 釣行紀 | Comments(0)

絶品!

e0125217_9444759.jpg


昨日のイナトバ、天日干しにして2日目で、写真のように飴色に・・・・
脂が乗っているイナダなので、干物にもうっすらと言うよりべったりと脂が浮き出ている。
どうです?旨そうじゃありませんか??

で、試食の感想は???
さっと焼いてみましたが、塩味と魚の旨味が口の中でジュワ~。
絶品でございました。
ビールのすすむこと!

これぞ、釣りが趣味で良かったな~と感じる瞬間。

残り2本のイナダも昨晩、早速イナトバにしちゃいました。
[PR]
by tongchai0208 | 2007-12-18 09:44 | おやじの料理 | Comments(0)

イナトバ

e0125217_830392.jpg


14日に釣ったイナダ、刺身やシャブシャブ、カマの塩焼きや大根と煮たりと少々飽きてきた。
そこで、船長から聞いた”イナトバ”というヤツを作ってみた。
トバと言えば、鮭で作られたものは市販されているが、イナダは聞いたことが無かった。

さて作り方だが、ここは男の料理、レシピもクソもない。
イナダを三枚におろし、皮のついたまま腹骨をそぎ取る。
中骨を取り除くと、片身が二つになります。
この二つになったものを、再度包丁を入れて、細長い切り身が片身で四本、両面で八本になります。
この細長い切り身を乾きを良くするために、包丁で皮を切らずに切れ目を入れます。
これを好みの塩加減で適当に塩水に漬けます。

あとは干すだけ。
私は洗濯バサミで物干し竿に吊るしました。

これで2日間干せば、出来上がり。
焼いて食べれば・・・・・・・

まだ食べてませんが、今日一日干して、今夜試食。

感想は明日にでも・・・・


写真は物干し竿に吊るしたイナトバ。
[PR]
by tongchai0208 | 2007-12-17 08:30 | おやじの料理 | Comments(0)

イナダ爆釣@久里浜沖

e0125217_13553322.jpg


年末の夜のお誘いも断り続け、ようやく風邪も治った昨日、今、絶好調の久里浜沖のイナダ釣りに金沢八景の某船宿から出かけてみた。
先週からトップ60本なんていうとんでもない釣果に、絶対に行ってやると心に誓ったのだが、無残にも風邪を引いてしまい、もんもんとしていたが、仕事が一段落したので、溜まった代休を消化する意味も兼ねての釣行。
7時半出船だが、釣りバカのサガ、子供の遠足と同じで5時には船宿に着いてしまった。
釣り座を確保(左舷のとも)し、船宿で船長と釣り談義。
話の成り行きで、船長から今日ビデオ持って行くから撮らせてとぜがまれる。

この日のお道具は、竿はダイワのリーディングX A55。2mと短くて軽いので、手持ちで釣るには最高。
仕掛は80号のサニービシに片天秤、1mのクッションゴムにハリス4号3mの2本針にしてみた。
餌は沖アミで枝針にはカツオで大活躍した“特船オキアミ”の30mmを付けてみた。後で書くが、これが当たった。

7時半出船。平日だというのに、私と同じように会社を休んで来ている釣りバカ10名を乗せ一路久里浜沖へ。
8時過ぎに第一投。
タナは45~35mとアナウンスされる。
沖アミを針に付け、アミと沖アミをミックスしたコマセをコマセ籠に詰め、海面から43mで止め、1mずつコマセを出しながら40mで再度コマセをよく振り、当たりを待つという釣り方で最初はやってみた。
直ぐに竿先がプルプルと震え、この釣りの税金ともいえるサバが。
40㎝を超える大きなサバなら別だが、30㎝に満たないやせ細ったサバは邪魔者。
サバを10匹ほど釣った直後、船中第一号のイナダが上がった。
これを合図に、船上はイナダで活気付く。
私にも直後に第一号が釣れる。
40㎝ほどの丸々と肥えたデブイナダ。
11時までに20本ほど釣り上げた。もう、持参のクーラーには入らず、バケツに詰め込んでいた。
大きい物では50㎝を超えるものも5本ほど・・・・
この大きいイナダは、全て枝張りに付けたあの“ニセモノの沖アミ”で釣れていた。
途中、ビデオ撮影に2度ほど協力し、写真も撮られてしまった。
案の定、その日の船宿のホームページに貼られていた。

この日の魚の活性はお世辞にも抜群とは言えず、餌を動かさなければ食ってこなかった。
置き竿で釣られている方は、この時点で5匹も釣れていなかったのではと思う。
また、ハリスの長い方も苦戦していた。
私の隣の方は、ハリスを6mもとっていたため、サバの餌食に。
午前中の入れ食いタイムにも、イナダは釣れずにサバのみ。
何度か、3mにしたらとアドバイスしたが、頑固ジジイなのか船長もアドバイスするも聞き入れず。
でも、このオッサン、2時過ぎに3mに渋々変えたら連荘でヒットするも、もうすでに時遅し。
ほとんどの人がクーラーの入りきれないほどのイナダを釣り上げ、2時半には私も含め、帰り支度。
船長も痺れを切らして、早めに帰ることとなった。
隣のオッサン、イナダを3匹ゲット。危うくボーズだった。
私の釣果はイナダ36匹。トップは38匹だった。
こんなに持って帰ってもしょうがないので、バケツに入れてあった6本を隣のオッサンに進呈した。
さて困った。持参のクーラーには15本がやっと入ったが、あと15本をどうやって持って帰ろうか???
結論は、袋に入れて持って帰ったのさ!

さて、袋に入れた15匹のイナダは地元の寿司屋に直行。
私は刺身にして食べたけど、脂がたっぷりとのってまるでブリの刺身を食べているよう。
そして、シャブシャブにしてみたが、これまた最高。
さあ、今夜もイナダシャブだぜい!!

なお、船長に教えてもらったイナダの干物、明日作ってみます。
鯵の干物を想像しているあなた、、違うんだな~。
次回、作り方と試食の結果をここでご報告。

写真は私のクーラーに詰め込んだイナダ。
タバコと比較して下さい。
立派なブリの子供です。
[PR]
by tongchai0208 | 2007-12-15 13:55 | 釣行紀 | Comments(0)

ギブアップ!

とうとう2週間前から鼻がジュルジュルするな~と思っていたら、案の定、先週末に高熱が!
昨日、3週間ぶりの休みだというのに、一日中布団の中で唸っていた。

ちくしょ~。

あと今年もわずかの日数を残すところとなった。
今週は忘年会の誘いもほぼ毎日あるのだが、今週は完全無視を決め込むつもり。
身体を早く直し、、海に行きたいのよ。

もしかすると、今週末、行っちゃうかも??
城ヶ島沖のメジマグロ釣りに・・・・・
それまでマグロが旅立たなければ良いが!!
[PR]
by tongchai0208 | 2007-12-10 08:15 | つぶやき | Comments(0)