私の備忘録


by tongchai0208
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

金沢八景沖アジ釣り


e0125217_1348555.jpg

今日は暑いね~。
連休突入ということで、日ごろ溜まったストレスを解消しようと、昨日、珍しくアジ釣りに出かけた。
重たいビシをぶら下げて、ちまちました釣りのイメージで、あまり興味のない部類の釣りだが、食味に関しては侮れません。
今回は旨いアジを求め?金沢八景より、ブランドの金アジを釣りに・・・・・
それも、幅広の脂の乗ったアジとくれば、もう、それは旨いなんていうもんじゃありませんぜ!!

このところ、金沢八景沖から猿島沖のアジが絶好調!
7時半に港を出航、15分後には八景島と猿島の中間地点水深43メートルのポイントに到着。
仕掛はハリス2号の3本針にイカを赤く染めたものを米粒ほどに切ったもの。
当日はアオイソメを1センチほどに切った物も付けてみた。

合図とともに、イワシのミンチのコマセをコマセカゴに詰め投入。
底に着いてから1メートル上げ、コマセを撒き、50センチ上げて待つ作戦。
当日は潮の流れがあまりなく、条件は最悪。
普段なら、コマセを撒けば当たりがあるはずなのだが、音信不通。
5投目にやっと当たりが。
上がってきたのは25㎝級の幅の広い丸々としたアジ。
これを皮切りに、船中活気付く。
15匹ほど釣り上げたところで、群れも散り、群れを探して海上をあちらこちらへ。
猿島沖の水深35メートルでまたしても入れ食いタイム。
11時ごろだったと思う。
ここで40匹以上をゲットし、外道の魚も多彩。
イシモチ5匹、メバル6匹、カサゴ1匹、シロギス1匹。
3時過ぎに寄港した時点で、アジは20~30センチを64匹だった。
ちなみに、トップは94匹、最低は23匹だった。

アジ釣りというと、水深が100メートルは普通の釣りもの。
30~40メートルでアジ釣りができるのは、いいもんだ。

帰ってから、刺身とナメロウを作ってみたが、口の中に脂がねっとりとまとわりつくような、旨いアジだった。
20匹ほどを昨晩開いて干物にして、一夜干してみた。
今朝、朝食に焼いてみたが、絶品でした。

写真は、昨日の釣果の一部。

さて、今夜は東京ドームで巨人×広島戦を観戦。
一般席じゃなくって、スイート倶楽部席で客より接待受けに行ってまいります。
あの、ガラス張りのあそこだぜ!!
[PR]
by tongchai0208 | 2008-04-30 13:48 | 釣行紀 | Comments(0)

赤潮

e0125217_80327.jpg


前回、イナダ釣りに行った際、相模湾は赤潮がとても多く発生していた。
また、海底に沈んだプランクトンの死骸等が水温の変化で、海面まで浮遊していた。
もう、海中も春が来ている。
海水温も、20℃に上昇。
下田沖では、カツオが跳ねていると言う。

ちなみに、写真はそのときの赤潮。
凄い色でしょ?
[PR]
by tongchai0208 | 2008-04-22 08:00 | 釣り関連 | Comments(0)

たけのこ祭り

e0125217_11223381.jpg


e0125217_1129569.jpg


昨日、山梨県南巨摩郡南部町で開催された『たけのこ祭り』に行って来た。

南部町、聞き慣れない町名だが、山梨県の南部、静岡県の県境で町の中央を大井川が流れている、ひなびた田舎町。
ここは私の職場のボスの出身地。

会場となっている南部町役場に到着するや、玄関で町長直々のお出迎え。
町長室に通され、竹の子の天ぷらや煮物にビールの歓迎。
竹の子ご飯をパクついて、ガソリンも入ったところで、近くの竹山へ竹の子堀り。

先日の雨の後、あるわあるわ竹の子の入れ食い。
みんなは頭のでた見つけやすい物を掘っていたが、私はそんなものには目もくれずに直径8センチほどのまだ土の中にある美味しい竹の子探しに専念。
甲斐あって、10本ほどを1時間で掘った。
みんなは直径が10センチ以上の大きなものばかり獲っていたが、やっぱり小さい竹の子の方が美味しい。

20人ほどで200本ほどを掘り、近くの河原でバーベキュー。
焼いた竹の子、旨かった。

帰りに酔い覚ましに町営の「南部の湯」に浸かり、アルコールを搾り出し、帰路に着きました。

さあ、竹の子6本持って帰ったけど、どうやって食べようかな~?


写真は、道の駅のモニュメント。
[PR]
by tongchai0208 | 2008-04-21 11:22 | つぶやき | Comments(0)
e0125217_14494582.jpg


昨日の続き

水深58メートルから開始。
エサが海底から2メートル上を漂うように、コマセカゴが海底に着いてから3メートル上げてコマセを振り、また3メートル上げてコマセを振る。そして、2メートル上げ、コマセカゴの位置は海底から8メートル上にあるようにセット。

しかし・・・・
潮の流れがない・・・
風もなく、海面は池のような状態。
9時過ぎまで、船中音沙汰無し!
周りの船も釣れている様子がない。
船長曰く、魚探には大きな反応が出ているというのだが・・・・
ウソか誠か、船長のところまで行って、魚探を見せてもらった。
スゲ~~~~
真っ赤に反応が出ている。
やはり潮が動かないので、魚もやる気がないらしい。
差を竿掛けに掛け、船長と船長室で雑談すること20分。
後ろのオッサンか、イナダを掛けた。
でかい!!
50センチは有に超えている。

急いで、戻り、餌を詰め替え、投入。
音沙汰無し。
すると、同じオッサンがまた掛ける。

船長が、そのオッサンとふたことみこと。
そして私のところに来てこう言った。
「どうもイナダがハリを見ている様だから、細めの小さな針に変えなよ。そして、コマセはアミを入れないで沖アミだけを使いなよ。」と。

今日のイナダは、百戦錬磨のつわものといった感じで、エサの不自然なものは口にしないちょっと賢いイナダで、軸の太いハリだと、その重みで不自然な漂い形をするのだろう。そして、コマセも大きな沖アミがたくさん撒かれている方に寄ってくるのだと思う。

私はその話しを聞いた途端、今まで4号のハリスと太軸のワラサバリを3.5号のハリスに小さめの伊勢尼のハリに交換し、大きめの沖アミを1匹丁寧に付け、コマセも沖アミのみを詰め込んで釣行開始。
コマセの撒き方もちょっと工夫し、そこから3メートルよりコマセを撒きだし、1メートルごとに撒き、8メートルで持ち竿で当りを待つという作戦に出た。
コマセの帯を作るイメージ。
1分のインターバルの中でも、竿を持ち、エサをたまに動かすことをして見る。
待ち時間も1分とインターバルを短くし、コマセを撒いては上げるということを5回ほど行ったとき、
当日、初めての当たりが!
合わせを入れると、物凄いパワーで下に突っ込み始めた。
秋口に釣れ盛るイナダとは桁違いのパワー。
50メートルの底から引き上げるのにも、腕が痛い。
上がってきたのは、55センチの丸々としたイナダ君。
立派にブリの風格が備わっている。
これを皮切りに、回りでも当たりが出始めるかと思いきや、船中は活気付くが、イナダ君の当たりはない。

隣のオッサンが、どうやって釣り上げたかを聞いてきたので、教えて上げる。
すると、2投目でヒット。
この魚、自分の船の下にコマセで群れを足止めしてしまえば、入れ食いになる魚。
この後、続けざまに5匹釣り上げ、私のクーラーは満タン。
船長はまだ釣り続けろとうるさいが、腕が痛いので小休止。
ほんの20分ほどの間のこと。

しかし、要領の悪い人もいるもんで、船中16名乗っていて、最終的にまったく釣れなかった人が6名もいたこと。
船長がちゃんと教えているのに、かたくなに自分流を貫いた人ばかり(帰港後、船長談)。

昨日は、イナダも海面まで浮いて、バチャバチャと泳ぎ回り、釣果の方は芳しくなかったようだが、あの強い引きを堪能したい人は、ぜひ、今の内に釣行をお勧めします。
上記の釣り方を行えば、バッチリ。

で、最終的に9本釣って船中トップと言う成績でした。

今日も、昨日と同じ写真で申し訳ありませんが、新聞紙の大きさから想像してください。
もちろん、旨かったのは当然でございます。
[PR]
by tongchai0208 | 2008-04-18 14:50 | 釣行紀 | Comments(0)

季節外れのイナダ釣り

e0125217_874271.jpg


1ヶ月のご無沙汰です。
ネタが無かった訳じゃないのですが、皆様、お久しぶり!

先週ぐらいから、相模湾の鎌倉沖?にイナダが回ってきた。
この時期に釣れることはめったにない魚だけど、今年はなぜか大きな群れが。
それに魚の大きさがでかい!!
盛期のイナダは40センチもあれば大きい方。
でも、今釣れているのは50センチを越す大きさ。
これが10匹平均で釣れていたから、さあ大変。

3週間ほど休み無しで働いていたので、ここで強制的に自主休暇をとり、
行ってまいりました・・・・ きのう・・・・

茅ヶ崎の某船宿より7時出船。
連日の釣れっぷりに、平日にもかかわらず満員御礼。
人気の高さがうかがえる。
あまりの客の多さに、2隻出し。

出航後、港を東に進路をとり江ノ島沖を通過、約30分ほどでカメギ根周辺に到着。

イナダということで、マダイの道具でハリスは4号6メートルを使って見た。
針も針折れの無いよう、軸の太いものを使う。

アミコマセに沖アミをミックスし、コマセとして使用。
付け餌は沖アミ1匹を針に刺す。

うぅ・・・・

これから会議なので、この続きはまた明日。

写真は釣れたイナダの一部。
デカイデショ???
[PR]
by tongchai0208 | 2008-04-17 17:52 | 釣行紀 | Comments(0)