私の備忘録


by tongchai0208
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

茅ヶ崎沖カサゴ釣り 2

e0125217_1014321.jpg



烏帽子岩周辺を転々と回った後、今度は江ノ島沖に行くことになった。
船は渋滞も何も無いので、15分ほどで着いてしまう。

ポイントは江ノ島の浦磯周辺の真沖。
弁天様の祀ってある洞窟とヨットハーバーの大きな堤防の付け根付近の間の
岸から200メートルほど沖と考えていただきたい。
ここは、水深が10mほどでゴツゴツとした岩礁地帯。
いかにもカサゴのいそうなポイント。

相変わらずエサ取りのベラが多く、当たる葉結構あるので楽しいが、カサゴの当たりが
最初は少なかった。
釣れるのは15cmほどの小さなもので、すべてリリース。
おまけに、15cmほどの小さなオレンジ色の鮮やかなオニカサゴも釣れるのだが、
エラやヒレに毒針があるので、これも海にお帰り願う。
潮が変ったのか、途中からバタバタと20センチ以上のカサゴが入れ食いになり、
本日のクライマックス。
やはり、水深の浅いところからのカサゴの当たりは強烈。
竿をひったくるような当たりが、面白い。
水深3mで25センチ級のカサゴを釣り上げたときなど、これがカサゴかというような
引きを堪能できる。
1時過ぎに、水深10mで後ろのオヤジが、30cm級の大アジをダブルで上げた。
凄げ~、なんて感心していたら、私の竿にも強烈な当たりがあり、竿先が水面まで
持っていかれる。
船長が網を持って駆けつけてくれ、無事に40cm級の大きなアジを取り込む。
サバの切り身に食いついた。
釣り上げたときは、金色に輝く、それはもう旨そうなアジ。
もちろん、丁寧に血抜きをしてクーラーへ。

最後に、腰越沖に移動し、大き目のメバルを1匹追加して2時に沖上がり。

当日、35cmもある大きなメバルを釣り上げた人がいたが、メバルも今年は多いいという。
5cmほどのキビナゴやアジを用意すれば、かなりの確立で食いつくと思われるが、
サバの切り身は万能エサ。サバに食いつくメバルは大きいのは食いつくので必要ないと思われる。

さて、私は終わってみれば、半数近くを海に返しているがお持ち帰りは15匹をキープ。
しかしカサゴのみの釣果では、断然トップとのこと。
船長曰く、2位の人と10匹以上は差をつけていたという。
2位、3位の方はカサゴ船の常連客とのこと。
東京湾から相模湾へと道場破りと称して行ってみたが、みごとに勝ってしまった。

写真は、船宿のHPに載った写真。

ちなみに、根掛りで失ったオモリは合計6個だが、私の隣の方は20個以上無くしていた。
やはり腕もあるが、さおが皆さん、柔らかすぎの竿を使われているように思った。
船中でいろいろと話が出たが、やはり柔らかめのカワハギ竿が私は一番合っているように思える。
柔らかすぎる竿を使って根掛りをおこすと、まず、オモリを回収できない。
まあ、この辺は説明しずらいので、実体験して欲しい。


この日の夜は、行きつけの寿司屋でカサゴと大アジの刺身にカサゴの煮つけ。
品物が大きいので、旨かった~。

行くのなら、今がチャンスですよ。
[PR]
by tongchai0208 | 2008-06-15 10:02 | 釣行紀 | Comments(0)

茅ヶ崎沖カサゴ釣り 1

e0125217_8123553.jpg


6月10日(火)、私の職場は普通の会社でいうところの創立記念日で、強制的にその日は出社におよばずというお触れが出たので、ちゃっかりと釣りに行っちゃいました。

先週のイサキ釣りのリベンジとも考えたが、茅ヶ崎の特大カサゴにも興味津々。
いつも東京湾しか行っていないので、どんなものなのかと道場破りよろしく釣竿1本片手に出かけてみた。
とにかく、平均サイズが東京湾でいう大き目がほとんどで、30センチ級もよく混じっている。
数は東京湾とは比べ物にはならないが、大きさで惹かれてしまった。

7時半、出船。
最初のポイントは、茅ヶ崎港間沖の20メーターライン。
仕掛けは、東京湾で使っているものと同じだが、2本針とした。。
エサはサバの切り身が配られるが、いかんせん、身が厚い。
5ミリもあるので、包丁で丁寧に全部2ミリほどにそぎ落とす。
これをすることによって、エサがひらひらとよく動き、魚へのアピール度も違ってくる。
なお、少々長いので、私は皮の黒い部分(背の部分)を2センチほど切って使った。

一投目、3回ほど底の状態を探るべく、3回ほどオモリを底から持ち上げた瞬間、ガツガツとカサゴの当たり。
上げてみると、竿のしなりが凄かった訳だ。
しょっぱなから、29センチの大カサゴ。
同じような大きさを3匹立て続けに上げる。
この間、10分。
しかし、船中で釣れているのは、私ただ一人。
船長が、マイクでみんなに激を入れるが、沈黙。
この調子で釣れ続けたら、クーラーには収まりきれないだろうなどと、安易な考えが頭の中に浮かぶ。

底は岩盤にところどころ岩があるような場所で、比較的、初心者にはやり易い場所だと思った。
しかし、決定的に東京湾と違うのは、エサ取りの小魚が多いいということ。
大事なエサが、1回の投入で、ボロボロに食いちぎられてしまうこと。
犯人の多くは、ベラ系の魚。
20センチほどの大きな丸々と太ったベラを、帰りまでに20匹は釣り上げただろう。

30分ほどで、私を除いてほとんどの方がカサゴの顔を見れた。
しかし、私の隣のオヤジはゼロ。
当日は左右に5名ずつ乗船。
私は右舷の一番前に陣取った。

次に向かったのが、烏帽子岩の西側、
水深は20メートルから2メートル。
ここは、岩礁の延長で、底はゴツゴツした岩。
カサゴ釣りで、一番腕の試される場所。
オモリが、コロコロと転がっていく。
そんな、転がった先がカサゴの棲家。
20センチ以下はお帰り願って、大きいもののみキープ。
ここは、入れ食いを堪能。
水深2メートルからの30センチ級の大カサゴの当たりは強烈だった。

とりあえず、今日はここまで。


写真は、烏帽子岩西側のポイントから。
烏帽子岩、近くで見ると、本当にしょぼい。
[PR]
by tongchai0208 | 2008-06-12 08:22 | 釣行紀 | Comments(0)

多分、絶好調!

先日のイサキ釣りは完敗だったが、金沢八景から猿島当たりの海の色を見て、思った。
何を???

5月後半から、この周辺のカサゴ釣りが絶好調なのである。
この魚、澄んだ水はあまり釣れないのだが、濁りがあると途端に入れ食いになる魚。
6月6日の水の色はまさにそれ。
釣り物を間違えたかも?と、その日の朝思ったぐらい。

案の定、昨日の猿島周辺のカサゴ釣り、100匹の大台超えるほどの釣れっぷり。
水深も15メートルほどだと思われるし、行くのなら今が最高かも??

ちなみに100以上釣る人は超の付くベテランだが、初めての人でも、今ならば40は固いだろう。

う~~~、行きたいけど時間が無い。

まあ、7月になれば、もっと水深の浅いところで、30cm級が顔を出す。
それまで、私は我慢しましょう。

カサゴの自己ベストを出すのなら、今ですよ!!


う~~~ん、間違いない!!
[PR]
by tongchai0208 | 2008-06-08 09:25 | つぶやき | Comments(0)

剣崎沖イサキ釣り??

e0125217_20573482.jpg


e0125217_2058173.jpg


しばらく、このブログもご無沙汰してました。

結構、毎日マメに見ていただいている方が二桁なのには、タダタダ感謝!(ペコリ)

さて、代休も2桁以上あり、ここいらで消化しないとまた消されてしまうので、強制的に
仕事を他人に押し付けて、行ってまいりました。剣崎沖へ・・・・

今月に入り、天気も入梅の様相で、東京湾のイサキ釣りが開幕する。
4日の夜、金沢八景の某船長から、「今日、剣崎でマダイ狙ってたんだけど、あんまり食わないので、マダイ道具にウイリーを付けてシャクッてみたら、イサキの入れ食い。でかいよ~。40センチ級もずいぶん上がったよ。」と、声が弾んでいた。
この話を聞いて、イサキじゃないけど、すぐに食いついた。
翌日は来客多しで断れないので、6日の金曜日に行くよと返事をしておいた。

翌日、代休を取りその日の夜にネットを見てみた。
金沢八景の船宿は休日なので、他の港のホームページを見ると、まだまだいけそうな予感。
こりゃ、爆釣じゃない?とほくそエミながら、車に道具を積み込み、10時前に就寝。

翌日4時に起床し、金沢八景へ。
船宿に着くと、平日ということもあって、1番乗り。
でも30分もしないうちに、イサキ船には10人余りの客が・・・・
もう、爆釣間違いなしとばかりに意気揚々。
船長も7時半の出船にもかかわらず、7時過ぎにはもう行こうと剣崎沖を目指して出航してしまった。
猿島を過ぎたあたりまでは、波も風もなく穏やかな海の様相が観音崎を過ぎて久里浜沖を通過するころになると、うねりが出てきて、ドッタンバッタンと揺れだした。
左手前方に城ヶ島が見え出したころ、船の進行方向前に釣り船の船団ができていた。
平日だというのに、30隻ほどいただろうか?
ほとんど満席に近い状態で乗っている。
「客の半分以上は、ズル休みだぜ」と隣の常連客の一言が笑えた。
その常連客も、ズル休みのクチ。
私?
正々堂々と、”代休”。ここが違うのよ!!

さて、本日のお道具は、1.8メートルのライトタックルの竿に、カサゴで使うリール。
もちろん手巻き。PEラインは1号と超極細。
まあ、いつも使っているカサゴのお道具と同じというこっと。
これに60号のサニービシFLサイズに天秤を付け、3メートルのウイリー仕掛け。
ウイリーは、ピンクと蛍光グリーン、白の3本。
お魚釣りのわからない方にちょっと解説。
針にピンクだの白だのの色の付いた糸を巻いたもの。
これがコマセのアミエビにお魚は見えるらしく、餌も付けないで釣れてしまうという代物。

今日の私の席は、左側の船の一番後ろ。
風が南から吹いているので、私の席の前方は東京湾の奥を向いている。
潮の流れ?
これが、本日の鍵でございました。
流れは太平洋から東京湾に流れているのでございましが、その流れが、それはもう
半端じゃございませんでっした。
60号のビシを沈めても真っ直ぐに降りず、斜め45度いやそれ以上に降りる状態でした。
まるで川。
船長の指示する魚の入る層は20メートルから13メートルの間。
とりあえず25メートル糸を出して、そこから自分の糸が15メートルになるまでしゃくってはこませを詰め替えという作業の連続。

5投目にゴツゴツという生体反応、いや魚の当たり。
慎重に巻き上げると、25センチj級の丸々と太ったマアジ。
普段は50メートルだの100メートルだのと結構深い場所に入るのに、推測するに、水深10メートルほどで釣れたと思われる。
なぜならば、ハリが真っ直ぐに降りているわけじゃなく、斜め45度。
まあ、そんなことはどうでもいいんだけど、この1匹を皮切りに私は怒涛の入れ食い。
それも私一人だけ。
8匹釣り上げたところで、ようやく回りにも釣れ出した。
マアジの食った針の色はピンクがほとんど。
しかし、すでに時遅し。
全員が釣れたその後すぐに、ばったりと当たりは消えてしまった。
私、後2匹追加して、合計10匹。

さてこの後ですが、相変わらずの潮の流れに相まって、今まできれいな潮が茶色い濁った潮に変わってしまい、入れ食いタイム後、3時間、生体反応皆無となってしまった。
船長いわく、「反応はびっしりとあるんだけどな~」というものの、釣れない事には話になりましぇん。
1時ごろにやっと隣の常連客が0センチほどのかわいいイサキをゲットするも、私には音沙汰なし。
前のほうで、30センチ級のメジナが釣れたのが本日の大物賞。

この日は、終日潮が早く、1時過ぎからは剣崎周辺の釣り船が帰った後、金沢八景周辺も船宿だけになったので、東京湾では珍しい、流し釣りを体験しました。

本来、東京湾では船を一箇所に固定するような釣り方が多いのだが(碇は打たない。船長の船の操作で・・・)、この日はイサキの群れが固まっているところを潮の上から順番に流して、群れを外れたら、また潮の上に戻って流すというやり方。
船長も船の操作が大変だけど、釣り客もそりゃ大変。
このころになると、南風が強くなり、おまけにウネリも半端じゃなく強烈なものに・・・
20メートル先の船が波で見えなくなるんだから。
船尾は常に上下5メートルはエレベーター状態にあったね~。
つかまるところは無いし、両手は釣竿とリールと持ってるでしょ?
おかげさまで、船を下りても足腰砕けました。

そんな状態で、釣り始めから船が旋回するまでのインターバルが5分も無い状態。
1投入魂で一流しで1匹釣れれば、上出来。
私、最後の最後までイサキには見放されました。
でも、10センチほどの可愛いイサキは釣れたけど、持って帰るのはね~。
親を呼んで来いと、逃がしてやりました。

この日は、イサキ釣りの船でマアジトップ賞をいただきましたが、イサキは最下位。

帰り道、どっと疲れました。


この時期のイサキ釣り、ハリスは1.5号を使ってください。
1.7号の仕掛けも売っていますが、断然お勧めです。
いや、これは説得力無いね。
イサキは釣れなかったんだから・・・・


ちなみに、今日も撃沈とのこと。
でも、いないわけじゃないので、そのうちに釣れるんじゃないの??
[PR]
by tongchai0208 | 2008-06-07 20:58 | 釣行紀 | Comments(0)