私の備忘録


by tongchai0208
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

茅ヶ崎港出船カサゴ釣り

e0125217_14415546.jpg


前回予告した通り、5月26日に合法的なお休みを取って、相模湾のカサゴ君に殴りこみをかけてきたのだが、予想に反して、あえなく撃沈となってしまった。

前日からの低気圧の通過で、25日から荒れ模様。
しかしお休みを取れない私には、天候はある程度無視して行くしかない。

この日は、茅ヶ崎港から出漁。
朝7時の出船には、私を含めて5名のお客が。

港を出ると、案の定、2メートほどのうねりが・・・・

好ポイントの平島も烏帽子岩も目もくれず、船は一路江ノ島方面へ進む。
烏帽子岩を通過し、5分ほどの所で、船は止まり、釣行開始。
水深30メートル。
しかし、うねりがあり、船の上下動が激しいために底にいるカサゴ君にエサをアピールさせることが非常に難しい。
そして、船が上下に動くので、オモリを岩に食われ(俗に言う、根がかり)、30分で4個ロスト。
この時点で、帰りたくなった。
まわりも同じようで、やっと開始から1時間ほどで船中第一号が上がるが、私には音沙汰ナシ。

2時間後にやっと私にもカサゴ君からの魚信があったが、上がってきたのは、カサゴの小学生クラス。
オヤジを呼んで来いとお子様には海にお帰り願った。

船長は、ここを見切りをつけ、江ノ島を通過し腰越港の沖にある定置網の近くに移動した。
水深25メートル。
時間は11時前。
私のクーラーは空っぽ。

あせる。

この頃になると、うねりも収まって、コンディションは最高とまでは行かないが、まあまあな感じ。
第一投で、20センチクラスのカサゴをゲツト!
その後ボツボツと釣れ続き、途中、超高級魚のオコゼも釣れてしまった。
全身毒針のこの魚、針を外すのに苦労した。

2時に納竿。
バケツの中には24匹のカサゴ君が。
そのうち、6匹はオレンジ色のダルマカサゴ。
いちいち毒針をはさみで切るのも面倒なので、海にお帰り願った。

e0125217_14423345.jpg


終わって見れば、船中2番手。
しかし、前回の東京湾の48匹に比べたら半分。

さて、なぜ今回は撃沈なのか??
それは、30センチクラスのカサゴが私にはまったく釣れなかったと言うこと。
当日、33センチのジャンボカサゴは釣れていたのに・・・・
今回は大きくて20センチ止まり。
大物を求めて茅ヶ崎に行ったのに。
これじゃ、東京湾で釣っているのと同じじゃん!!

6月に、再度リベンジ決定しております。
それはいつか??
ヒミツ!


トップの写真は唐揚げで美味しいオコゼ君。

真ん中の写真は、1時ごろの釣果。


さて、今夜はこのカサゴを持ち込んで、飲み屋でカサゴ三昧。
どんな料理になっていることでしょう?
[PR]
by tongchai0208 | 2010-05-27 14:45 | 釣行紀 | Comments(0)
e0125217_19371546.jpg



このところ仕事の方がとても忙しく、1ヶ月ぶりのお休みが取れたので、横浜の金沢八景からカサゴ釣りへ。

本日の釣果  私    ・・・・48匹
         常連さん ・・・57匹

もちろん、船中2番でした。

釣り場は、私の大好きな南本牧埠頭沖の水深15m。

午前中、ハゼ釣りのようにカサゴの入れ食いでした。

何でって??
カサゴに抜群の濁りが入っていたため。
今がチャンスですよ!
明日も絶対に釣れるでしょう。
例年、これから爆釣が続きますよ。
入門には今がベスト!!

なお、相模湾の烏帽子岩周辺のカサゴ釣りも始まったので、大型を狙いに近日中に出漁予定。
休みが取れれば・・・・・

今日は簡単に更新します。
これからカサゴを捌かなくちゃいけないので。
[PR]
by tongchai0208 | 2010-05-22 19:38 | 釣行紀 | Comments(0)

東京湾猿島のマアジ釣り



e0125217_18464054.jpg
連休と言う事で、私の爺さんが「アジ釣りにでもいこう?」とのお誘い。
まあ、敬老の日ではないが、5月2日に親孝行の意味も含め半日のアジ釣りに横須賀市内の某港より出船。

船宿のオヤジは、「今日はマダイにエサ撒きに来たんじゃないの?」とからかわれ、常連にも「マダイ、のっこみ真っ最中だよ? 一緒に乗ろうよ」との甘い誘惑。
心は揺れたが、隣に爺さんがいるので、泣く泣くマダイを予約。

しかし!!
この日は、マダイ船に5名しか乗っていない!!
しかし、マアジ船は20名以上のお客が・・・・・
当然、2船出しとなったが、まあ窮屈な事。
考えようによっては、コマセが効く?

マダイ船を涙を飲んで見送ったあと、マアジ船出航。
目指すは、5分の猿島横の水深28メーター付近。

私はライトタックルで60号のビシでハリス1.5号の2本針。
エサの青イソメを小さく切った物とアカタンを付け、戦闘開始。

底から1メートル上げた所でコマセを振り、50センチ上げた所で当たりを待つというパターンで終始釣った。

第1投目から運良く魚信があり、最初の頃は20センチ級のブランドの黄金アジが釣れ盛る。

同行の私の爺さんにもそれなりに釣れ続け、開始から2時間ほどはポツポツと釣れていたが、9時を回ったところで、徐々にあたりもまばらになってきた。

まあ、後半の2時間で私は5匹という状況。

11時半のお終いまでに、私は47匹、爺さんは29匹の釣果。
ちなみに、船中トップは74匹でした。

まあ、爺さんのおもりをしながらなので、上出来でしょう。


夜は脂の乗ったアジをお刺身、ナメロウ、おまけに干物まで作ってしまいました。

まだまだ釣れてますよ??
うまいアジでした。


おまけ
この日のマダイ船、またまた絶好調で最大3~4キロクラスも3枚上がったとかで、船中、ボーズ無しとの事でした。
悔しかったことは言うまでもありません・・・・・・
[PR]
by tongchai0208 | 2010-05-06 18:45 | 釣行紀 | Comments(1)

マダイ3.7キロ@沼津


e0125217_17301185.jpg

4月29日、東京地方は前日から大嵐。
でも、大きなマダイを釣りたい!の一心で、東京湾へ行こうか前日、悩みに悩み
”この分じゃ、東京湾はうねりと強風で無理かも?”と考え、沼津の内浦湾だったら大丈夫だろうと釣行決定!

着いてみると、海はベタ凪。
釣行開始30分後に、写真の3.7キロのマダイをゲット!!
10時半の納竿までに、1.5キロ~2キロのマダイを4枚釣り上げ、合計5枚。

毎年、連休明けに良い思いをしているので、2週間後に再チャレンジ予定。
[PR]
by tongchai0208 | 2010-05-03 17:30 | 釣行紀 | Comments(0)