私の備忘録


by tongchai0208
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0125217_1950115.jpg

e0125217_19501765.jpg


先週に引き続き、23・24日の2日間、お休みを返上してボランティア活動。

今年で4回目となる横浜赤レンガ倉庫でのタイフェスティバルが模様された。
私は、初回からゴミ担当でのお手伝いで参加させていただいているが、今回はゴミ以外に移動トイレのメンテナンスまで任され、よろず臭いもの担当ということになってしまった。

まあ、初日の土曜日は天気もまずまずだったが、日曜日は夕方からあいにくの雨。
終了の20時前には、全身びしょ濡れ。

雨の中にもかかわらず夕方からもお客さんもたくさん来てくれたし、皆さん元気だったね~。

最終日の19時過ぎには、各店共に値引き合戦。
1時間前まで一皿500円で売っていた料理が、最後には50円だったところも。
缶ビールと料理で200円なんていう所もあったね~。

来年行かれる方、最終日の19時過ぎ、狙い目です。
それも、入れ物やバックを用意しておけば完璧!!

主催者側より、また、来年もやるとのこと。

私? もう年だからね~

考えておきます。

e0125217_19505346.jpg

e0125217_1951738.jpg

e0125217_19513875.jpg




写真、一番上の2枚は初日の夜19時ごろ。

下は、翌日のオープン直後の風景。
[PR]
by tongchai0208 | 2010-10-25 19:51 | つぶやき | Comments(0)
e0125217_14282356.jpg

e0125217_14312154.jpg

いつも魚釣りに呆けている私だが、ちょっと違った一面を。
アウトドアの好きな私が、ひょんなことから「子どもたちが自然の中でのびのびと思いきり遊べる場所をつくりたい!」という趣旨の活動している飲み友のママさん方に誘われて、協力させていただいている。
本音は、たくさんの若いお母さん方とお近づきになりたいだけだけど・・・・

『三ツ又冒険遊び場「たぬき山」』という私有地の竹やぶの山をお借りして、私達が小さかったころの野山を駆け回り、泥んこになって遊ぶを再現したような場所だ。少々の悪さやいたずらは目をつむる。
ガキ大将養成所? まあ、そんなようなもんかな??

10月16日土曜日に、このたぬき山の一大イベント、『チャレンジ☆だ☆たぬき山まつり』に、私の職場の兵隊さん10名を連れて参戦。

e0125217_14315164.jpg


私は、4名の新兵を引き連れて、「水面渡り」というアトラクションを担当。

e0125217_14293398.jpg

本当はこんなアトラクションだった!

それは、前日に穴を掘り、そこに水を張り、イスのような台を池に散らばせて、子どもがその上を歩いて渡るというもの。水深は20センチに満たない。
まつりのタイトルが、「チャレンジ」。
濡れたらどうしようと躊躇する子やお母さんに至っては、「濡れたらどうするの? 止めておきなさい」などなど、1日係わって考えさせられた。

子どもたちは、泥んこ遊びが大好きだ。
せっかくのおまつり、こんな日こそ、子どもの好きなようにさせてあげればと思うのだが、どうも親の意見が先に出てしまう。
子どもは、友達がやっているのを横目で見て・・・・・
何人もの子どもが渡っていったが、中にはドボンをはまってしまう子も。

当日は10月にもかかわらず、とても良い天気で気温も急上昇。
午後からは、汗ばむ陽気で、子どもたちはもう自ら池の中に落ちはじめ、前述の子どもも親の目を盗んで、最初から池の中にドボン。
もう、全身泥だらけ。
「水面渡り」というアトラクションは、「泥んこプール」へと名を変えてしまった。
もうこうなったら親も笑うしかない。

e0125217_1432458.jpg

この後、写っている子どもたちは全員池の中へ・・・・

でも、こんな体験が大人になったときに良い思い出になるんだよね。
泥まみれになったんだって!!

e0125217_14322348.jpg

大人のためのイベント、ベリーダンス大会。

こんな竹やぶの森の中です。


一緒に協力してみたい人は、是非、HPをご覧下さい。
[PR]
by tongchai0208 | 2010-10-18 14:37 | つぶやき | Comments(0)

相模湾クルーズ

e0125217_12462334.jpg


このところ仕事も忙しく、9日・10日は出勤と言う事で、世の中、3連休だとか言っている人がうらやましかった。
しかし、11日の月曜日は何とかお休みにしておいた。

今年は楽しみにしていた相模湾のカツオのが思いの他よくない。
ところが10日の日曜日、突如爆釣の報が入ってきた。
どのホームページを見ても大爆釣で、早上がりなんて書いてある船宿も。
天気予報を見ると、晴天で気温も高いという。
しかし、最後の連休、混雑は必至!

悩んだ。

しかし、もう11月までは釣には行けそうもない。

そして、あえて込み合うのを承知で、湘南の某船宿に行ってみた。

早朝にもかかわらずもの凄い混雑。
マダイの船に変更しようかと思ったぐらい。
当日は、運良くミヨシに席を取ることができた。
船の一番前の席だ。

6時出船。
一路、真沖へ。
しかし・・・・・
午前中、魚影見つからず。
鳥山もなし。
昨日の今日?
船長も首をかしげ、カツオを探している他の釣り船の船長の無線からは、ため息が・・・・

相模湾クルージング6時間。
コマセも乾ききり、タバコの本数が増すだけ。
1時間ほど昼寝をしてしまった。
隣のオヤジと「今日は無理だね。戦意喪失だよ。」
なんて話していたときに、急にエンジンの音が唸りだした。
ちょうど、初島が見える当たりから小田原方向に全速力。
二宮の沖に鳥山ができたとのこと。
20分ほどで、前方に5隻ほどの船団が見えてきた。
周りを見回すと、相模湾クルーズ?の船がこちらに向ってきているのが見える。
全員が、コマセを詰め、餌をつけて戦闘準備完了。
エンジン音が小さくなるや、「30メートル、急いで~」と船長から突撃命令が。
しかし、この回は空振り。
周りを見回すと、10艘ほどの船が。
葉山、江ノ島、茅ヶ崎、平塚、大磯、小田原のカツオ船が二宮沖に集結。
ルアーの釣り人が、カツオを揚げているのを目撃。
カツオはいる!!

次に、鳥山が団子状態になっている所に走り、指示は15メートル。

ここで、私に初めての当たりが!
強引に巻き上げ、上がってきたのは3キロ級の丸々と太ったかつお君。
船内をみると、カツオと引張りっこをしている人や、隣近所の仕掛けをカツオの引きに負けてぐちゃぐちゃにオマツリしている人。
1本ゲットしたら、気持ちに余裕が。
私の隣のオヤジもオマツリに参加していたので、少々お手伝い。
このとき、時間は2時過ぎ。
普通なら、もうとっくに帰る時間。
しかし、どの船も帰ろうとしない。
私の船は2時半に終了したが、半数近くの船はまだまだ残業していた。

この日、私の釣果は2本のカツオ。
最後に釣り上げたカツオは4キロ以上あった。
船中20名でトップ2本が3人。
ボーズは10名だった。

この日は雲ひとつない快晴で、私の顔と腕は真っ黒に日焼けしてしまった。

カツオ釣り、本当に終わるまでわからない。
今月はもう行きたくても無理だが、11月にまだいるようだったら、もう一度チャレンジしたい。

おまけ
4キロのカツオ、昨晩捌いてみたけど、物凄く脂が乗って全身トロのよう。
今夜、美味しくいただきます。

釣り上げたカツオの写真は携帯電話の電池切れのため、写せず。
上の写真は、11日の二宮沖のカツオ船軍団。
[PR]
by tongchai0208 | 2010-10-12 12:46 | 釣行紀 | Comments(0)