私の備忘録


by tongchai0208
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

紅葉狩り@御岳山

e0125217_9514753.jpg

e0125217_9523212.jpg

11月28日の日曜日、近所のチョイ悪オヤジ4人(詳細は2008年11月24日 紅葉@丹沢湖をご覧下さい)と、例のごとく紅葉狩りへ。
それも、当日の10時頃連絡があって、出発は11時。

お酒の飲めない一人を運転手にして、まずは酒屋で泡の出る麦茶を買い込み、さて、どこへ行こうということに。
まだ行き先が決まっていなかった。
趣旨は紅葉を見ようということだが、この時間からだと行き先は絞られてくる。
一人が、車のカーナビで東京・紅葉で検索を始めた。
そこで出てきたのが、奥多摩の御岳山。
休日の地元から2時間ほどで行ける距離。
全員一致で御岳山へ行くことになった。
青梅に着いたのは1時過ぎ。
本来なら下山の時間なので、ケーブルカーの駅の横の駐車場に運良く停めることができた。
ここからケーブルカーで楽チンで登山。
御岳山駅から、みなさんほろ酔い加減でプラプラと歩き始める。
御岳ビジターセンター ⇒ 神代けやき ⇒ 武蔵御嶽神社へというコース
しかし私たち、御岳山を舐めてました。
神代けやきの前あたりから上り坂と登り階段の嵐。
ここまでで缶ビールを6本飲んだ私たちにとっては、罰ゲーム以上の辛さ。
やっとの思いで神社に着き、ここだけはまじめにお参り。

御岳山駅から往復1時間半のコースを2時間半もかかったのには驚いた。
まあ、途中のお土産屋のオバチャンをからかったり、串に刺したこんにゃくをつまみに缶ビールを飲んだりと。
おかげさまで、帰りのケーブルカーはもう夕暮れ時だった。

お土産に、ケーブルカー駅でわさびの葉を少々手に入れ、数馬の湯にでも入ろうと最初は言っていたが、もうそんな元気は残っておらず、運転手以外、車内で爆睡。
気がついたら、自宅でした。

高尾山もいいけれど、御岳山もなかなかいいですよ!
是非、行かれては??
[PR]
by tongchai0208 | 2010-11-30 09:56 | つぶやき | Comments(0)

ワラサのシャブシャブ

e0125217_13575426.jpg

昨晩、予告通りに飲み屋でワラサのシャブシャブを堪能。

前日に3本持ち込み、マスターに希望メニューをお願いした。
ブリシャブならぬワラサのシャブシャブ。
シンプルに野菜はセリのみ。
おまけに、カマの塩焼きを頼んだ。

当日、6時過ぎに友人3名と店に着くと、カウンター席に鍋が。
昆布だしのスープに火を付け、思い思いに切り身をしゃぶしゃぶ。
気を利かしてくれ、切り身は全て腹身。
全身がトロのようなワラサだが、腹身の脂は格別。
これをさっとお湯にくぐらせたセリを巻いて口に入れれば、もう・・・・・・
言うことありません。
セリ、意外と旨いのでお試し下さい。
水菜より、シャキシャキしていいですよ。
私の一押し!

カマ焼きも、抜群の旨さ。

〆に雑炊がめちゃくちゃ旨い!!

3人で2本分の腹の部分を食べてしまいました。

と言う事で、本日はお約束どおり二日酔いでございます。

外道の平ソーダもお刺身にしてもらったけど、身がモチモチでカツオには無い旨さ。

自分で料理をするのもいいけど、たまにはプロに造ってもらったのを食べるのもいいもんだね~。

マスターから、次回はアマダイをリクエストされたけど、まだワラサが釣れているようだったら、近日中にもう一度行こうかな?
正月用のお刺身用に。
[PR]
by tongchai0208 | 2010-11-26 13:58 | おやじの料理 | Comments(0)
予告通り、昨日、出漁して来ました。
行き先は、考えあぐねた結果、いつもの金沢八景より久里浜沖へ。
狙うは、またしてもワラサ。
一時不調だったが、ここに来て調子が良くなったようだ。

平日ということもあって、さすがに船団はできていなかったけれど、客は多かった。
協定で金沢八景の船は、午前8時から釣り開始。

ちょうど8時に、第一投。
55メートルコマセ籠を沈め、ここでコマセを出し、5メートル巻き上げて50メートルで当たりを待つ。
仕掛けは、6号ハリス6メートル。針はワラサの11号。
この日は、北東の風で干潮がお昼ごろと言う事で、私は船の後ろ方へ陣取った。
オキアミをたっぷり入れたコマセをふんだんに撒き、5投目に早くも当たり。
しかし、食いが浅かったのか、スッポヌケ。
まわりの常連に、野次られる。
すぐに、後ろの常連がヒット。
上がってきたのは、3キロ強のワラサ。
ここで、客が一斉にコマセ撒き。
そして、私に本日の第一号が。
同じ大きさのワラサ。

潮が船の前から後ろに流れているので、後ろにいる私は昼までが勝負と黙々と釣り続け、午前中で4本をゲット。
11時ごろには食いも一服し、前回同様に、マダイ釣りに切り替える。
ハリス3号6メートル、タナはワラサと同じ。
30分ほどで、1.5キロのマダイを仕留め、潮止まりまでに小さい物も含め3枚を追加。
1時半過ぎにまたワラサがまわりだし、ワラサの仕掛けに変更し、終了の15時までに2本を追加してこの日は終了となりました。
おかげさまで、結果はワラサが6本、マダイが4枚と大漁。

と、ここまで書くと上乗の釣りだったと思われるが、この日に使った針の数が20本以上。
下手だからワラサに切られたのかという理由ではない。
原因は、フグの仕業。
当たりも出ないで、巻き上げて餌を見ると針が無い状態。
この日、トップでワラサを9本釣り上げた常連は、30本以上針を取られたとか??
このフグの正体は、「ホシフグ」。
それも、コマセを食べ続けているからよく太っていて、25~30センチの大きさ。
これが、トラフグだったら別の意味で歓迎するけど、このフグ、皮膚にも微弱ながら毒があるそうで、やたらと手で触って針なんか外さないように。

ホシフグの馬鹿野郎!!

これから久里浜沖にワラサやマダイを釣りに行く方、針は多めに持って行きましょう。
市販の仕掛けしかもって行かない方でも、予備の針は必要ですよ。

下の写真は、そのホシフグ。


e0125217_9463997.jpg



おわび
いつも釣果を写真でお見せしていたのですが、この日はどうしたことか忘れました。
気がついたら、もう解体後でした。
あしからず

さて、本日は行きつけの飲み屋でワラサのシャブシャブとカマ焼き、鯛めし決定。
[PR]
by tongchai0208 | 2010-11-25 09:41 | 釣行紀 | Comments(0)

爆弾??

e0125217_14123317.jpg


昨日、ヨーロッパからお客が来るので、成田空港へお迎えに。

第一ターミナルの到着ロビーでボケ~っとしていたら、何やら、空港ロビーには似つかわしくない一群が!

その一群とは、爆弾処理班。

椅子に置いてある紙袋が怪しいらしい。

到着も遅れているし暇なので、一部始終を野次馬。

「反応があります」
「本物らしい」
などと言っているのがよく聞こえる距離。
警察犬も登場して、凄い雰囲気になってきた。

しまいには、ドラムカンのようなものに紙袋を入れ、一件落着。



昨日の夕刊、今朝の朝刊を見ても、そんな記事は無かったので、何事も無かったのでしょう。

しかし、1時間遅れの来客を待つ間、いい物を見せてもらった。


写真は、警察犬が調べているところ。
椅子の上の白いものが、紙袋。


さて、明日は自主休暇。
現在、出漁計画中。

お楽しみに・・・・
[PR]
by tongchai0208 | 2010-11-23 14:12 | つぶやき | Comments(0)
e0125217_2064122.jpg


昨日の予告どおり、行ってきました。

早朝は風もあまり無く、こりゃ大丈夫だと家を出たが、途中で海上保安庁の東京海上交通センターの気象情報を携帯で覗いてみると、4時過ぎで大島16メートルと。
まあ、出船できたら昼間で釣れればいいんだけど・・・的な考えで金沢八景の某船宿へ。
水曜日だと言うのに、お客さんちらほら。
マダイ・ワラサ船は出港時間には5人とちょっと寂しい人数だが、ゆったりと釣れることを考えれば良し!

8時過ぎに久里浜沖のポイントで第一投。
狙うは、前回同様ワラサ。
55メートルでコマセを振り、50メートルで当たりを待つのも前回と一緒。
ハリス6号で行うも、2時間船中当たり無し。
そして10時過ぎに私の隣の方の竿が物凄い勢いで突っ込んだ。
そして、魚が浮いてきたのを見て驚いた。
デ・カ・イ・
前回釣り上げたワラサよりも一回り大きい魚体。

しかし、網で掬う際に痛恨の糸切れでサヨナラ・・・・

この頃から、私の後ろの方がマダイを2枚釣り上げた。

ここで私の頭の中はワラサをあきらめてマダイにチェンジしようかどうか、もうぐちゃぐちゃ。
そして考え抜いた末に、マダイを狙うことに。
ハリス6メートル3号で、竿もマダイ竿に変更。
タナはワラサと一緒で、三投目で1キロ級のマダイをゲット。
悩んだ結果がこれだから、うれしさ100倍。
13時までに2枚追加したところで、西風がますます激しく吹いてくる。
波やうねりも激しくなり、上潮も手伝って、私、戦意喪失。
3時まで粘りましたが、その後はお魚からの当たりはゼロ。

ということで、本日、マダイ3匹、ワラサのバラシ1回と言う結果に終わりました。

もう少し海の状態が良ければと悔やまれる一日でした。

でも、相当でかいワラサ、泳いでますよ。

行くなら今がチャンスかな?
[PR]
by tongchai0208 | 2010-11-10 20:06 | 釣行紀 | Comments(0)

東京スカイツリー

e0125217_101507.jpg


7日の日曜日、浅草に用事で出かけた。
この日は、酉の市で物凄い混雑。
雷門の前は電車のラッシュ状態だった。
この交差点で、スカイツリーを携帯でパチリ。

以前見たときは、展望台までしか出来上がっていなかったが・・・・

用事を済ませ、時計を見ると午後2時前。
無性に天丼が食べたくなり、20年来通っている”天建”へ。
6組ほどの客が入り口横で行列を作っていたが、20分待ちで店内へ。
この店、かき揚げ丼が名物。
小海老、貝柱、イカ、三つ葉がどっさりと入った大きなかき揚げがドンブリにデンと載った一品。
運ばれてくるときに、ドンブリの蓋が閉まりきっていないのがご愛嬌。

e0125217_1024647.jpg


ぺろりと完食後、浅草近所の友人3人を呼び出し、通称”煮込み横丁”で3時半には宴開始。
最終的に竜泉の近くまで移動して飲み直し、上野駅に着いたのが9時過ぎと言う事で、私、完全にグロッキー。
月曜日の辛かったこと!


さて、明日ですが・・・・
4月の代休を消化しなくてはいけないので、強制的にお休みとなりました。
風が吹いていないようだったら、出漁予定。
さあ、どこに行こうかな??
[PR]
by tongchai0208 | 2010-11-09 10:02 | つぶやき | Comments(0)

ワラサ@久里浜沖

e0125217_2156367.jpg

このところ、休日は休みなんだけどお付き合いのような用事でなかなか釣にも行けなかった。
カツオ君は旅立ったみたいだし、10月のチャンスは逃してしまった。

昨日、ネットで情報収集とばかりにいろいろと船宿のHPを見ていたが、相模湾はいまいち。
しかし、久里浜沖のワラサが火曜日は良かった様子。

ということで、11月3日の祝日、金沢八景より久里浜沖のワラサ釣りへ行ってみた。
本来は、マダイ船として出船しているのだが、外道としてワラサが食うらしい。

3ヶ月ぶりの船宿。
船長から、「今日はワラサで行こう。最低でも5号のハリスを使ってね?」とのお言葉。

3日は干潮が朝8時過ぎで、それ以降、上潮。
東京湾の奥へと潮が流れていく。
風は北東。
と言うことは、船の舳先は湾奥を向く。
潮の流れは、船の後ろから前へ流れる計算だ。
8時以降、ミヨシ(船の前)で釣れば、自分の針は一番前にあるということになる。
すなわち、コマセで誘われた魚が、最初に食いつくと言うわけ。

こんなことを考え、今日はミヨシの右側に座席を取る。
(この日は、早朝は客も少なく、どこでも自由に座席が選べた。)


7時半出船。
8時前に久里浜の沖に到着。
休日なのに、船の数がいやにに少なかったのには驚いた。

この日の私の仕掛けは、サニービシ80号に1mのクッションゴム、ハリスは6号を使用。
付け餌はオキアミを抱き合わせに2匹付け。

船長から、「55メートルまでビシを沈めて、コマを出し、50メートルまでビシを巻き上げて当たりを待つ」との指示が。

コマセの巻き方は、皆さん、いろんな方法をとられているが、私のこの日の撒き方は、55メートルでコマセを全部出し切り、そのまま5メートル巻き上げて当たりを待つ方法で一貫した。
サニービシは上の窓は全開、下の隙間は閉めた状態。
55メートルでコマセの煙幕をイメージした。
もちろん、アミコマセより、オキアミの量は多めで!

8時過ぎに第一投。
早くも、一番後ろ(トモ)のお客さんがヒット。
3キロほどのワラサ。
立て続けに、後ろ側が活気付く。
しかし、7回当たって3本しか上がっていなかった。
皆さん、当たりのあった方は糸を切られていた。
まだ、コマセは後ろに流れているので、先頭はちょっと不利。

9時前に今度は流れが逆になり始め、私にも、コマセを振って50メートルで待った瞬間に、強烈な当たりが!!
糸を出したり巻いたりとゆっくりとやり取りをしながらタモ網に収まったのは、4キロ強のでっぷりとしたワラサ。
夏のイナワラとは別物の風格が。
ブリに一歩手前風。

その30分後に1匹追加して、当たりは止まってしまった。

ここで記念撮影。

e0125217_21559100.jpg



潮の流れが速くなり、11時から1時前までは辛抱の釣り。

1時過ぎにパタパタと当たり出し、私も1匹追加。

その後、終了の午後3時まで当たり無しでこの日を終えた。

今日は、まあ釣れないだろうとクーラーもマダイに使っているクーラーを持っていったが、3匹とも、身体を曲げてもフタが閉まらず、とうとう自宅までフタを閉めずに持ち帰った。

まあ、私にもこんな日があるんだね。

1匹をさばいてみたけど、物凄い脂。
刺身で食べてみたけど、獲れたてピチピチはいまいち旨くなかった。
あのねっとりとした魚の脂を堪能したいなら、明日以降だね。

e0125217_2157669.jpg


と言うことで、明日はワラサパーティーだ!!

全身がトロのような久里浜沖のワラサを食べたかったら、今がチャンスですよ!!

本日の釣果
3.5~4キロ強のワラサ3本のみ。

お疲れなので、もう寝ます。
おやすみなさい。

一番上の写真は、1匹さばいた後に写真を撮るのを忘れて、慌てて撮ったもの。
マイルドセブンのタバコの箱が小さく見えるでしょ?
それだけデカイのよ!!

一番下は、とりあえずお刺身にしてみましたと言う写真。
これで片身の3分の2の量。
半分食べて、残りはヅケに。
明日の朝は、熱いご飯にヅケを乗せてお茶かけて・・・・
抜群に旨いです。
[PR]
by tongchai0208 | 2010-11-03 22:01 | 釣行紀 | Comments(0)