私の備忘録


by tongchai0208
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

タチウオ@沼津沖

e0125217_20562229.jpg


またしても、久しぶりの更新です。
2月は京都の奥座敷、舞鶴に釣竿入れて行って来ましたが、雪と悪天候で出船ならず・・・・。
やっぱり日本海。涙を呑んで、帰って来ました。
東京に帰ったのは、東京地方は大雪だった日。
それからと言うもの、忙しく、釣りなんて行ける状態ではなかったけど、夜中にネットで各エリアの情報収集はバッチリ。
このところ風の強い日が多く、東京湾も相模湾もいまいち。
そんな中、沼津のタチウオの夜釣りが絶好調!
でも、夜釣りだから土日で行くしかないと決め、2月26日土曜日に、行って参りました。
船長に電話をすると、週末は凄い船の数だから平日に来なよとの事。
でも、休めないのがサラリーマンの辛いところ。
マダイはあまりよくないけど、美味しいマアジが釣れているから、午後船に乗った後にタチウオにしたらと言われ、ダブルヘッダーの予約をしてしまった。
まあ、舞鶴で船に乗らなかったので、良しとした。

当日、8時過ぎに家を出て東名高速で沼津まで。途中、釣り道具やでタチウオの仕掛けを1つとタチウオ針を購入。
11時過ぎに港に到着すると、もう3名の釣り人が大きなクーラーを出していた。
私と同じ、ダブルヘッダーの方だ。
12時半にまずはマダイを狙いに出航。
でも、その前にマアジ釣りをと言うことで、マダイの道具にハリス3号6メートル、3本針の仕掛けを結び、指示ダナ20mから開始。
エサ、コマセともにオキアミ。
しかしこの日は、マアジ君元気なし。
私の最初の魚信は、20cmほどのマダイ。
元気なうちに、海にお帰りねがった。
そして、次ももう少し小さなマダイ。
これもリリース。
隣の方は、その間、マアジを3匹釣っているので、少々焦る。
午後4時までマアジに遊んでいただき、8匹としょぼい釣果。
4時にマダイを狙いましょうと、本命ポイント平根へ。
ハリス10メートルで狙うも、30分ほど当たり無し。
そして、最初の当たりは30cmほどのマアジ君。
次も、マアジ君。その次もマアジ・・・・・・・。
とうとうマアジの入れ食い。
終了の5時半までに、私、33匹のマアジをゲット。
他の方も、みんな同じような釣果で、マダイは皆、顔見れず。
と、ここで港へ帰り、マダイ用の小さなクーラーを持っているお客は下船され、夜の部のタチウオの方が乗り込んできた。

と、ここで乗船前の私と船長の会話。
「竿はどんな硬さの竿がいいの?」
「マダイ竿でも、固めの竿でもどっちでもいいよ。」
「釣り方はどうやるの? しゃくった方がいいの? それとも置き竿?」
「好きなやり方で釣りなよ。漁師じゃないんだから。頭使って、遊んでよ。」
答えになっていないのである。
でも、自分流で遊んで下さいと解釈させて頂いた。

この日の私のタチウオのお道具。
竿は胴のしっかりした7:3調子の2メートルのグラスロット。いつもカツオを釣るときに使っている竿。
これに電動リールを着け、60cmの太目の天秤にオモリ60号を着け、仕掛けはタコベイとも着けずに、ハリス8号3メートルにタチウオ針1/0号の2本針。ビニールパイプを持ってくるのを忘れたので、着けなかった。
と、至ってシンプルな仕掛け。
これに配給された10cmほどのサンマの短冊を針に縫い刺し。

ポイントの沼津・千本海岸沖にはこれでもかと言うほどのタチウオ船団が。
遊漁船、漁師の船の入り乱れ、沼津湾沿岸の港(清水港・由比漁港なんてところの船もいた)から集まってきたと思うほどの船団がライトを照らしているので、夜じゃない感覚。
ざっと数えても100隻は下らないんじゃない?

e0125217_20571939.jpg

船の360度、全てこんな感じ。携帯で撮っているのでピンボケ、失礼!

最初の指示ダナは80メートルから70メートルの間とアナウンス。
久しぶりのタチウオ釣り。周りのベテラン風の方々の釣り方を5分ほど見ていた。
みんなに遅れて、第一投。
ふわりふわりと1mごとにリールを巻く手を止め、当たりを待つ。
これが皆さんのやり方だった。

次に70~60メートルとアナウンスのあった時に、70メートルまで仕掛けを沈め、ふわりふわりではなく、鋭くしゃくるように1mごとに止めて、3m巻いたところで少し待ってみると言う作戦に変更。
すると、ガツガツというタチウオがエサを突っついている当たりが出た。
食い込みのグイっと竿先が持ち込まれる当たりを待つが、このタチウオにはエサを食い逃げされる。
当たりのあった64メートル付近に再度、しゃくって待つと、また当たりが。
30秒ほど待つが次が無いので、大きく空合わせ。
すると、竿先が根掛かりのように重く、ここで始めてヒット。
電動リールで強引に巻き上げ、船中第1号をゲット。
指4本級。

次も同じように空合わせでヒット。
まだ、ベテラン勢は釣れていない。
私に釣れるもんだから、隣のベテランが私と同じ方法に変え、ヒット。
そのうち、私の回りの方は、みんな同じしゃくり方をしだし、ボーズ脱出。
だんだんタチウオの遊泳層が上に成り出し、30メートルでも食うようになってきた。

入れ食いは、7時から9時半頃まで続いたが、10時を回ると、魚が動き出し、船も散り始め、10時半には船長がもう帰ろうと言うことで、終了。

けっか、私は指三本から4本強を32本でベテラン勢を蹴散らし、船中トップ。

e0125217_2143219.jpg

本日、最大 タバコの箱と比べてください。

e0125217_20594345.jpg


しかし、この倍の数のタチウオをバラシているはず。
ハリス切れ20回以上はしている。8号の太いハリスでも。
それから、タコベイトをつけている方は、早々に外していた。
また、水中ランプは必需品を言われているが、この日に限っては、必要なかったように思う。
餌の付け方だが、餌の切り身の端の部分の中央から針を刺して、縫い刺しも身の中央に針を刺すように心がけた。
適当にやると、餌が回転してしまう。

餌が無いと思い、電動で巻き上げて5mぐらいで食いついてきたものも数回あった。
この日は、早い動きの餌にタチウオは食いついたように思える。

タチウオ釣り初心者の私だが、終わって見れば船長の話しに納得してしまった。
自分で釣り方を考えなさいって!!



沼津のタチウオ釣り、今、一押しです!!
平日行けば、爆釣まちがいなしでしょう。

自分で釣り上げたタチウオ、美味しいよ!
[PR]
by tongchai0208 | 2011-02-28 21:00 | 釣行紀 | Comments(0)

あれから・・・

久しぶりの更新。
あれから3回、相模湾にマダイ釣りに行きましたが、ほとんど撃沈。
私の行く翌日は、必ずと行っていいほど大型マダイが上がっていて、それを聞いた私は傷心の日々。

6日の日曜日も茅ヶ崎に行ったけど、マルボーズ。
サバにもバカにされ、お土産はクーラーボックスに氷のみ。
後片付けの楽だったこと。

その翌日に5.5キロのマダイが上がり、今日も3キロ強が上がったとの船長からの報告が。

そして最後に私の心に突き刺さる一言が!









「餌、撒きに来なよ!」
これで当分、相模湾へ行くのは止めた。



所用で今週末から日本海へ行ってまいります。
もちろん、竿は持って行くつもり。
仕切り直しで、大漁を期待してます。
でも、冬の日本海。。
うまく天候が良ければいいんだけど。

ちなみに、行く所はここ
このページを見て、驚かないように。
まだ、日本にはこんな所があるのです。
[PR]
by tongchai0208 | 2011-02-08 17:02 | つぶやき | Comments(0)