私の備忘録


by tongchai0208
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

戸田の深海魚定食

e0125217_145291.jpg

今日も休日出勤。
あ~、釣りに行きたい!!

さて、10月のいつだったか、息子が深海魚を食べに行こうと話しを持ちかけてきたので、家族で西伊豆の戸田へドライブ。
年に何回か、カツオ釣りで訪れるが、ここで食事をしたことが無い。
ここの名物は、高足ガニと深海魚の料理。
釣りに行く場合は、いつも暗い夜道がほとんどなので、昼間車で走ると、以外と発見があるもんだ。
途中、西浦で美味しいみかんを買い込み、大瀬崎などの景勝地を回りながら、昼過ぎに戸田に到着。
港に車を止め、目指す魚重食堂まで歩く。
e0125217_147321.jpg

戸田港の入り口の信号の側でグリーン?の建物だから、初めての人でも絶対にわかる。
ここは、戸田の船宿の船長から教えてもらった食堂。


店内に入ると、左に生簀があり高足ガニが。
ちょうど昼時と言うこともあって、席は私たちが座って満席となってしまった。
周りを見回すと、半数の方が天丼を食べていた。
人気があるようだが、私は深海魚の天ぷらと深海魚のお刺身のついた「魚重定食」1500円を注文。
天丼はどこでも食えるもんね?
せっかくここまで来たからには、お刺身も食べなきゃ。
家族も同じものを注文し、もう一品、戸田の町起こしのメニューとして掲示してあった「戸田トロはんぺん」なるものをご注文。
高足ガニは、1匹15000円と言うことで、財布と相談して断念。

運ばれてきた魚重定食を見て、驚いた。
盛りが違う。
おまけに、大好物の塩辛まで付いている。
どんな魚が刺身や天ぷらになっているのかは、魚重食堂のホームページをご覧下さい。
そしてはんぺん、これも深海魚で作ったさつま揚げと思って下さい。
添えられたマヨネーズを付けて・・・・ 
絶品でした。
この私が、もう少しで料理を残そうかと思ったぐらい、量は多かったです。
何人かで別のものを注文して、シェアして食べるのもいいかも。
深海魚、脂も乗っていて旨いですよ。

しかし深海魚の漁には禁漁期間があって、5月10日から9月11日までは食べられません。
これから秋の紅葉を見るついでに、戸田で深海魚を食べに行っては??

e0125217_1474819.jpg

港横のお土産屋で、高足ガニが生簀にたくさんいました。
これを見るのも楽しいかも?
[PR]
by tongchai0208 | 2011-10-30 14:07 | つぶやき | Comments(0)
昨日のご報告を。
23日日曜日に行ったときは、天気も悪く遠く房総の洲崎が良く見える場所でカツオ1匹と振るわず。
どうしてもまた美味しいキハダマグロが食べたいとの思いが強く、近日中に行ってやろうと思っていた矢先、昨日水曜日にポッカリと仕事の空白が出来(無理やりですが・・・)、リベンジ!

6時半前に茅ヶ崎港出船。
前日南風の強い中、良い釣果が出たにもかかわらず、この日も強い北風が麻からピューピュー。おまけに波も高く、余ほどの物好きでなければ行かない様な条件にもかかわらず、10名近くが乗船。
この日も前回同様に、城ヶ島沖のパヤオの南に向け波を欠き分けノロノロと。

パヤオを通過した当たりから、カツオ狙いの船が船団を形成していた。
その船団に合流。
今現在、相模湾でカツオを狙っている船のほとんどが集結。
盛期の賑わいはなく、10隻にも満たない船の数。
しかし周りを見ると、カツオが上がっている。
上から40mの指示で、希望に胸を膨らませて第1投。
この日の私の仕掛けは、ハリス16号3m、オキアミ2匹掛け。
ポツポツとカツオが上がりはじめるが、私の竿には一向に当たりなし!
カツオも2キロクラスの小さなものばかりで、内心「あれはいらないや」と思いながら、ひたすらキハダの当たりを待つも、時間だけが・・・・・。
20分ほどで他の船は船団から離れだし場所移動を始めたが、本船はこの後、3時間ほど全く場所を移動せず。
まるでマダイ釣りのようで、せっせとコマセを撒いての繰り返し。
この日は、風と波でのんびりと釣りを楽しむといった海ではなく、移動もままならない状況。
でも、お魚はたくさん居るようで、群れが終始コマセに反応していて、ポツポツと船中で当たっていた。

しかし!!
私の竿には全く変化なし。
ほとんどの人が、小さめのカツオやキハダを上げているのに、当たりが無いと、正直、焦りが出てくる。
終いには、バカにしていた小さなカツオでも釣れてくれ!と言う気持ちに。

船団を形成していた船は、パヤオの南側あたりに船団を作り、徐々にパヤオを越え、北西方向に移動していた。
群れが、ちょっとだけ岸に近づいている。

11時ごろ、ようやく最初の場所を移動し、そこで4キロ級のカツオをこの日、初めてゲット!
この群れを追いかけるように移動を繰り返したが、この群れはキハダが相当混ざっている群れのようで、皆さん、18号のハリスを切られたり、200メートルほど走られたりと、結構な群れだった。
カツオも4~5キロ級の旨そうな魚体が多かった。
しかし、この日はサメの邪魔が物凄く、掛かった瞬簡に食われてしまうことも多く、水面に上がってきても針に掛かった魚を食べようと海面に顔を出してくる場面も多々ありました。
このサメの正体は、ヨシキリザメ。
水面に出てくるときは、エサを前にして興奮しているので、落ちようものならパックリをやられちゃうでしょうね。
揺れる船の上で、真下にサメが泳いでいる海でのフィッシング。
ビビリました。

私にはこの日は、カツオ1本だけの釣果でしたが、船中トップは3匹で、ボーズは2名様。
常連さんは、早急にリベンジを約束してました。
私にも!

この日はとても魚が多く、一時は上から30mから60mまでびっしりと魚探に映っている場面があり、また、上記の文にも書きましたが、群れがパヤオから北上しているようです。
帰りには、パヤオから相当北西に行ったところにも船は居ましたし、鳥の群れも多かったです。
今日はどうかわかりませんが。

まだまだ行けますよ!
お天気の良い凪の日を狙っていけば、キハダの夢も叶うかも??

私?
これ以上行くと、家族にバカ呼ばわりされちゃうから思案中。

でも、楽しいよね!
年に1回の大物釣りのチャンス。


やっぱり、近日中に行きますので・・・・・・

おまけ
昨日釣り上げたカツオ、お刺身にしていただきましたが、背の部分の脂が乗って抜群に旨かったです。
タタキにするなんて、もったいない。
[PR]
by tongchai0208 | 2011-10-27 18:10 | 釣行紀 | Comments(0)
e0125217_834969.jpg

本日、カツオのみ。

詳細は明日。

これから、飲みに行ってきます。
[PR]
by tongchai0208 | 2011-10-26 17:41 | 釣り関連 | Comments(0)

懲りずにまたカツオ出漁

e0125217_862391.jpg

有り余る代休消化のため、懲りずに茅ヶ崎から出船!
今日は北風ピューピュー。
海は最悪。

今の釣り場は、城ヶ島の真南。

遠いね〜!!

さて、結果は如何に?
乞うご期待!
[PR]
by tongchai0208 | 2011-10-26 06:29 | 釣り関連 | Comments(0)
e0125217_1949394.jpg

e0125217_19501672.jpg


いやいや、今日は疲れました。
結果、私はカツオ1本のみでした。

茅ヶ崎から6時出船のカツオコマセ釣りの乗合船に乗ってきましたが、ほぼ終日、湾内クルージングと言っても過言ではありませんでした。
午前中は、11時頃までカツオ探索でクルージング。
今日は南の風のため、少々波がポチャポチャしてたけど、なかなかカツオが見つからない。
船長がようやくソナーで魚群を探知し、この日の第一投は、10時前。
水深40メートルの指示が出て、コマセを振るも、当たりなし。
この時点で、南には大島が大きく見え、右端には利島まで見えていた。
そして三浦半島の先端が見え、房総半島の先端がよく見えるあたりだった。
そう、ここは東京湾を出たあたりの”沖の瀬”と呼ばれる海域。
房総半島のよく見える陸地は、館山の洲崎だ。

茅ヶ崎からカツオを探して、よくこんな遠くまで来たもんだ。
でも周りの船は、おなじみの相模湾沿岸の船。
乗船している私も驚いたぐらいだから、みんなさぞかし驚いたんじゃない?

昨日は、城ヶ島の沖に浮かぶパヤオで瀑釣との情報だったが、今日はカツオ君、もっと南下してました。

12時前に、前方にものすごくたくさんの鳥が飛んでいる。
近づくと、上の写真(今日の鳥山です)のようにこの日一番大きな鳥山ができていた。
下からカツオ君がイワシを捕食しながら上に追い上げ、空からは鳥がイワシをパクパク。
ものすごい数の鳥だった。

しかし!!
10分ほどの長い鳥山にかかわらず、オキアミの餌には、カツオ君、見向きもせず。
しかし、船長、釣り客、アドレナリン、マックス!!
でも、食わず!

その後、沖上がりの13時過ぎになっても、船中誰も1匹のカツオもゲットできず。
いわゆる、船中全員ボーズというやつでした。

ここで船長、意地でも1匹釣るまでは・・・・
との思いで、自主残業決定!

そろそろ諦めかけた、2時前に、ようやく3キロほどのカツオをお客がゲット。
今まで散々肩透かしを食らわせていたカツオ君が、オキアミに反応し出し、なんと私の竿にもアタリが!
同じような3キロほどのカツオ君を私もゲットし、ボーズはまぬがれました。
またルアーで乗船されていた方も、ジギングで7キロほどのキハダマグロをゲット。
船中、にわかに活気づき、15分ほどで5人ほどの方がカツオをキープされ、船長、ホッと一息!

そして、帰路についたわけですが、茅ヶ崎港まで遠いこと。
私、飛沫を浴びているのも気がつかず、瀑睡してました。
港に帰ったら、全身ずぶ濡れでした。

まだ、カツオ、キハダマグロはいます。
美味しいカタクチイワシが沢山いて、それを捕食しているのでオキアミの餌に食ってくれないのでしょう。
この調子だと、そろそろカツオ船を取りやめようかと言っていた船宿も、もう少し営業するのでは?

ラストチャンスです。
魚はいます。

ぜひ、近日中に行かれては??

私にも釣れました。

船長の残業決定がなければ、全員ボーズだったね。

ちなみに、ラストチャンスに居なかった船は、ほぼ船中全員がボーズのようでした。

カツオ釣り、何があるかわからないね~
昨日は瀑釣でも、今日は???
はっきり言って、博打だぜ!


写真は、私の釣り座から撮った”鳥山”です。
この下にカツオとキハダがイワシを持ち上げているのです。
海面に逃げるイワシが、鳥の餌食に・・・・・
自然界の営みです。
[PR]
by tongchai0208 | 2011-10-23 19:50 | 釣行紀 | Comments(0)
このところ調子の悪かった相模湾のカツオ、キハダが城ヶ島沖のパヤオで食ったとのこと。
今期の最終戦と思い、日曜日だけど、行ってきます。
これを逃したら、来年まで釣れないもんね!!
ちょっと南風がそよそよしてるけど、釣れるかな!?

乞うご期待!
[PR]
by tongchai0208 | 2011-10-23 03:22 | 釣行紀 | Comments(0)
e0125217_9562260.jpg


昨晩、持ち込んだキハダマグロでマグロ三昧で、本日案の定、二日酔い確定。

先ずは、マグロの南蛮漬けから始まり、マグロとカツオのお刺身盛り合わせ。
そして、カマ焼きから究極の食べ方、卸した骨をスプーンで身を掻き出して食べる中落ち。
一緒に添えてあった韓国海苔に巻いて食べると絶品。
最後にマグロと長ネギのネギマ串揚げ。
中がほんのりピンクで、これまた絶品。
これで、私はギブアップ。

大将が言っていた。
「キハダマグロをちょっと馬鹿にしてたね~。旨過ぎ。脂の乗りが抜群!」
プロも絶賛の旨いキハダマグロ、まだ江ノ島沖で跳ねてます。
昨日は、私が行った日以上に爆釣だったらしいです。

旅立つ前に、是非一度行って見ましょう。
10キロ以上も夢じゃないです。

ハリス16号で3メートル以上、針はできれば環付きの針。
あとはマグロを掛けてから取り込むまでは、腕次第。

今朝、家族に
「まだ休みがたくさんあるし、明日、また行こうかな?」
と行ったら、
「冷蔵庫のマグロを何とかしてから行ってくれ~」
との冷たいお言葉。

一生懸命、マグロを食べて冷蔵庫を空にしてから、近日中に挑戦予定!

今夜は、漬け丼だ~。


Uta君、昨日はどうもご馳走様。
旨かったよ。
下の写真、お借りしました。


町田近在の方、旨いキハダマグロ、がみ屋1丁目に行けばまだ食べられると思います。
今日は、更に脂が回って旨くなっていいることでしょう。
行ける方は、「釣りオヤジのマグロ下さい」と言いましょう。

店は、こちらを見てね!!

おまけに、Uta君のブログはこちら

e0125217_955141.jpg

[PR]
by tongchai0208 | 2011-10-12 09:56 | つぶやき | Comments(1)

キメジ爆発!@相模湾

e0125217_204718.jpg


連休最後の10月10日月曜日、美味いカツオが食いたいと思い立ち、茅ヶ崎から出船。

ほぼ満席の状態ながら、ミヨシ(前)の席を確保。

最初のナブラで4キロ級の丸々太ったカツオを2本ゲット!!

8時前に10キロ級のキハダマグロを仕留め、直ぐにカツオをゲット。

12時前に江ノ島の見える場所で、相模湾のカツオを狙っている船が全員集合状態。
小田原から葉山までの船が船団となり、泳ぎ回るカツオを追いかけ、この日はどの船もよく釣れていた。

12時過ぎ、先程よりちょっと小さなキハダマグロを釣り、クーラーに入りきらなくなったため、私、戦線離脱。
この辺から、キハダの食いがよくなり、当たればキハダといった感じ。

今日は、良い思いをさせていただき、早々の離脱にも関わらず船中トップでした。


今日の私のお道具。
ハリス16号、3メートル。

今日は、ハリスの短い人はなかなか食わなかったように思う。

あす以降、出漁される方、3メートルでやってみてね。

それから、針には余計なものは付けない方が良いみたい。
隣の方は、船特オキアミ(オキアミのイミテーション)を付けていたが、可哀相にボーズでした。

シンプルに、オキアミ3匹掛けで!

まだまだ、相模湾のカツオ・キメジ、行けそうですよ。
旅立つ前に、是非行ってみてください。


本日の釣果
カツオ4キロ級 3匹
キメジ10キロ級 2匹
でした。

e0125217_20474534.jpg

e0125217_2050508.jpg

[PR]
by tongchai0208 | 2011-10-10 20:48 | 釣行紀 | Comments(0)