私の備忘録


by tongchai0208
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0125217_114023100.jpg

今年はキハダマグロにチャレンジ7回するも、瞬殺、サメ横取りとまったく上がらず、気力も無くなり今期は無念の終了宣言。
そこで、気分転換に伊豆下田から出船の利島沖のメダイ釣りに出かけてみた。

10月24日(土)に須崎港の久寿丸より6時出船。
この日は釣り客、私を含めて5名。
釣り座は船長が指定してくれるので、指示に従う。
私の釣り座は、右側のミヨシ。
道具は、キハダマグロの竿とリールをそのまま流用。
天秤にサニービシビッグに200号のオモリ。
クッションゴム2.5mm1mの先にハワイアンフックを取り付けた三叉サルカンを付ける。
この日の船長の指示は、ハリス10号3ヒロと1ひろのハリスにヒラマサ16号のハリを付けるように指示があった。
この二つのハリを三叉サルカンに付けたもの。
e0125217_11501822.jpg

e0125217_11421272.jpg

エサは、サンマの冷凍。
仕掛け、付け方の詳細はこのブログ2012年4月11日の「利島沖メダイ釣りで思ったこと」をご覧下さい。

船内で横になり、1時間もすると目の前に利島が大きく見えてくる。
7時過ぎ、戦闘開始。
指示ダナ、120m。
前日、食いの良かったポイントだそうだ。
出船前に船長に「銀ムツ釣りたいね?」とお願いしたら、今日はそのポイントに行ってみると言われ、期待する。
着いてみると数年前に2キロのムツを釣り上げたポイントだった。
「ムツよ釣れろ!」と念じながら指示ダナの3m下まで落とし、コマセを振り、120mで当たりを待つ。
すると、直ぐに当たりがあり、追い食いを思い、リールを手で巻き上げながら3m上げた所で、また大きな当たり。
頭の中では、2匹ゲット!、1匹はムツ確定と思いつつ巻き上げてみると、海面下に赤い色の魚が・・・。
なんと1投目に70センチはあろうかというハチビキが1ヒロのハリに、そして、3ヒロのハリには針が無く、ブタのしっぽ状態。
みなさん、ハリはしっかり結びましょう。
その後、各自メダイを上げるが、私にはその後15分ほど当たりは無く、何回か流し変えたところで待望のメダイが掛かる。
推定5.5キロ級(この日の船中大物賞)。
釣り上げた後、食いが悪くなり、船内も沈黙ムード。
1時間後に2匹目のメダイを釣り上げた後、船長が「潮が変だね、動かない・・・。」と言う。
30分ほど粘るも、当たり無し。
そして、2日前に釣れたポイントに移動するということで、利島を後ろに見ながら30分ほど伊豆半島寄りに船は走る。
e0125217_11433542.jpg

移動途中の写真

このポイントは、型は小さいが数が出る反面、2日前にはサメに相当持って行かれたので、掛かったら電動ハイスピードで巻いて、サメの被害を抑えてほしいと船長からアドバイス。
指示ダナ、同じく120mだったが、根回りを釣っているのか、たまに140mとか130mと指示が変わる。
3投目に当たりがあり、4キロ級のメダイを上げる。
その後、サバが釣れ始め、メダイが食いつく前にサバが食ってしまい、エサをサンマからサバエサに変える指示が船長からでる。
サバエサのサバエサの裁き方、ハリへの付け方は先ほどの過去のブログにもの簡単に書いていますが、船長に聞いてみて下さい。
しっかりレクチャーしていただけます。
サバエサに変えてサバは釣れなくなり、メダイの当たりをとることは出来たが、サメ野郎が出没し出し、
高速巻きでも電動で巻いて手巻きも加えるテクニックを駆使しても、パクパクと丸呑みされ、この後、6回当たるも全てサメに横取りされてしまい、納竿の12時半までに追加できず、この日の釣果はメダイ3匹、ハチビキ1匹と数的には少なかったが、1キロ2キロと言った小物が無く、品物が大きかったので満足の一日だった。
全部釣れていたら、私のクーラーには納まりきれなかったので、これで良し。
船宿に着いて、船宿の温泉で一風呂浴び、さっぱりした後、女将さんの天ぷらそばをご馳走になり、来た道を戻るも、東名の渋滞に嵌り4時間半後に帰宅。
e0125217_11451879.jpg


この日思ったこと
前回書いているのであまり無いのだが、この日のトップは9匹だった。
釣れている人は、ほぼ竿を手持ちで当たりを待っていた。
私もそうだったが、サバエサの場合、エサが大きいため、食い込ますタイミングが悪く、私はすっぽ抜けがかったように思う。
当たりがあったら、すぐには合わせず、竿先で魚がエサを食い込むまでをイメージし、最後に竿を絞り込むような当たりまで耐えてから針掛りさせなければと思う。
ちょっと石鯛の南方釣りに似てるかな?
船長も、これば盛んに言っていたので、サバエサの場合、特にご注意下さい。
まあ、オモリ200号を背負ったマグロの道具を半日手持ちは痺れます。
でも、掛かったら水面までファイトするので楽しい釣りです。

下田までの道のりですが、第二東名長泉沼津ICから伊豆縦貫道でそのまま南下し、湯ヶ島、河津のループ橋を通り、河津より海沿いを下田までが一番早いように思います。
私は東名町田ICから乗りますが、この日は深夜1時に出発し、下田須崎まで途中何度か休憩しましたが3時間は切りました。
何時かって?? 怖くて言えません。

ぜひ、利島沖メダイ釣り、行ってみて下さい。

この日の船長のコメント(HPより拝借)
今日は利島沖のメダイ釣りに出船しました。朝の一投目から良型のメダイがあがり好調な出だしでしたが後半潮が変わると当たりが渋くなりポイントを変えました。別のポイントでも良型メダイが当たりましたがこちらでは何回かサメに持ってかれました。型のそろったメダイですので十分メダイの引きを味わえます。是非挑戦してみてください。



e0125217_1146996.jpg

[PR]
by tongchai0208 | 2015-10-26 11:47 | 釣行紀 | Comments(4)
e0125217_11262511.jpg

10月の3連休の真ん中、11日日曜日に久しぶりにマダイ釣りに出かけてみた。
今年のマグロは7戦で未だにゼロ。
あまりの当たりの無さに気持ちも萎えてしまい、心機一転、美味しいマダイを釣ってみようと沼津古宇の吉田丸の午後便に予約を入れる。
もう10年来通っているが、個性の強い船長とのやり取りも楽しく、この船宿でマダイ釣りの多くを学ばせていただいた。

当日、連休ということもあり、12時集合だったが、自宅を8時過ぎに出発。
東名横浜ICより沼津IC、伊豆縦貫道、伊豆中央道で長岡ICを出て、比較的空いていたので10時だいぶ前には船宿の駐車場に着いてしまった。
目の前の海は、富士山は見えないが雨も上がり、良い凪で絶好の釣り日和。
11時過ぎに午前便が帰ってくる。
全員がマダイとイナダをクーラーに入れていた。
船長と挨拶すると、「小さいけど、数は出てるよ! でも、午後から風が強くなるかも???」というお言葉が・・・。
実は、この日、マダイの後に夜便で絶好調のタチウオも予約を入れていた。
ヤバイ・・・・。

12時半に総勢6名の客を乗せ、出航。
私は右舷トモに釣り座を構える。
まあ、ここの船は通常船長が席を指定するが、この日のように客が少なく常連が多い場合、午後船はご自由にという感じ。
なぜか船長はミヨシを勧めるが・・・・。
基本的に、ここはあまり釣り座に関係なく釣れるので(流し釣り)、東京湾のように神経質になる必要は無い。
船長の指示する仕掛けは、4号10m。

船は目の前のいつものポイントではなく、内浦湾を北上し沼津港横の千本浜の目の前に到着する。
この時点で、若干の雨と南西の強い風が吹き始め、沼津のマダイ釣りでは体験したことの無いような大シケ状態を経験する。
大波が来るたびにローリングとピッチングで立っているのもやっとの状態で、指示ダナ40mから開始。
30分ほどで、待望の当たり。
500gほどのきれいなマダイを釣り上げる。
後ろのお客も1.5キロほどのマダイを釣り上げ、船上はボツボツとマダイが上がりだす。
2時間ほどで、私は同じ大きさのマダイ4枚とイナダを2本上げた所で、船酔い者が出てしまったため、あえなくこのポイントは終了し、また対岸まで引き返す。
この時点で、私は全身びしょ濡れ。
対岸まで来ると先ほどよりは、波風も少なくなってきたが、でも、荒れた海には変わり無し。
定番のポイントを点々とするも、当たるのはサバのみ。
シメサバが食べたくなり、5本ほどキープ。
そのまま、終了1時間前に撤収となり、本日のマダイ釣りは終了となりました。
当然、夜のタチウオも中止。
最初のポイントで最後までやっていたら、10枚は釣れたかも??

さて、この日思ったこと。
この船宿は、竿を竿掛に置いて待つ釣りは嫌い、手持ちで誘いをかける釣りを推奨している。
だから、私もここでは短めの竿で終始手持ちで釣っている。
釣行前に、船長からのアナウンスで「やさしく上に誘うように」との指示が出た。
この日の私は、指示ダナの約9mまでビシを落とし、フワフワとコマセを出し、途中コマセは出さずに指示ダナまで巻き上げ、待つという方法に徹した。
コマセ籠は80号統一だが、私はここではLサイズのビシをいつも使用している。
そして、コマセの量だが、2摘み程度と少な目。
LLサイズのサニービシに目一杯詰め込むことはしません。
サバを寄せるだけ。
この日は、終了までに配られたコマセの半分も使ってませんでした。
この地区では、ある時期、コマセ籠にオキアミを3匹程度なんて指示も出るくらい。
少な目を意識しましょう。
4匹釣れたうち、3匹は誘い上げた瞬間に食いついてます。
つくづく誘いは大事だと痛感。
竿掛に掛けて当たりを待つ待ちの釣りより、手持ちで誘って釣り上げた方が釣ったという喜びが大きいですよ。
エサはコマセから拾って使おうと持参しませんでしたが、エサ向きのオキアミが中々見つからず、形の良い3cmほどの小さなオキアミを使っていました。
でも、エサがコマセと同じ大きさなので食ったのかも??
大き目をお好みの方は、持参をお勧めします。

夜のタチウオは残念でしたが、今のタチウオはお腹に子を持っていて美味しいからまた来てよと船長が言ってました。。
当日は出ませんでしたが、この場所でワラサ、メジマグロ、そして1キロを超えるマアジも釣れます。
近いうちに、マダイとタチウオ、リベンジ決定です。

帰りは、全身ずぶ濡れのため、長岡温泉の日帰り温泉「弘法の湯」で一風呂浴び、のんびりと家路に着きました。
[PR]
by tongchai0208 | 2015-10-14 11:26 | 釣行紀 | Comments(3)
e0125217_170596.jpg

e0125217_16532431.jpg

e0125217_16542613.jpg

e0125217_1655311.jpg

このところキハダマグロの様子が良いようで、9月30日(水)葉山のたいぞう丸より出撃。
結果は3キロ級カツオ2本のみ。
キハダマグロはかすりもせず。

当日、たいぞう丸のキハダ・カツオ船に乗船。
釣り座は左舷トモ。
マグロ船混んでいたので、キハダ・カツオ船に乗ったが、客は8名とゆったり。
この船に乗ったのには、訳がある。
それは、まだ今年3回釣行してカツオを釣っていないので、どうしてもカツオを釣って食べたいという思いがあったので・・・・。
出航まえ、船長と10分ほどお喋り。
今のポイントは、茅ヶ崎から大磯の間、岸から2キロ?だそうだ。
俗に言う、「キワ」のポイント。
他にもいるんじゃないかと尋ねると、「昨日休みだったので、城ヶ島沖から初島沖まで探索したけど全然居なかった。」という返事。
前回とだいぶ様子が違う。
まして、カツオは?と聞くと、この日に行くポイントでマグロとカツオが混成していて、仕掛けを変えればマグロもチャンスがあるとのこと。

6時前に港を出港後、江ノ島を通過し茅ヶ崎の烏帽子岩を通過したあたりから、目の前に大きな船団ができていた。
馬入川の河口沖の船団に近づき、6時40分に第一投。
いつもマダイ釣りの際のポイントに近い。
指示ダナは20m。
しかし、魚は居るのだが、食い気なし。
ここ数日の食いと違うらしい。
9時ごろまでは、キハダとファイとしている船の黄色い回転燈がいくつも見えた。
私もこの間、マグロの仕掛けに変えてみたりと手を尽くすも空振り。
10時前まで平塚沖に居たが、あまりの食いの悪さに船団を離れ小田原方面を探索開始。
二ノ宮沖まで行くも、一度も投入の合図無し。
そして11時半頃、船のエンジンが全開でまた元の船団に到着。
着くや否や、投入の合図。
指示ダナ20m。
すると私の竿に初めての当たり。
巻いてくる手ごたえでカツオのブルブルという感触が。
取り込んだのは、今期初の丸々と太った3キロ級のカツオ。
しかし、船に入ったのは私のを含め3匹のみ。
たった2分ほどで祭りは終了。
船長が、今日はもうここを動かないとアナウンス。
20m~25mにカツオの反応がずっと出ているのだ。
12時頃にカツオの仕掛けをマグロの仕掛けに変え、ここからマグロ狙いを決め込んだが、14時前、周りの船を見ていたらカツオが釣れ出したので、急いでカツオ仕掛けに変更。
それを見ていた船長も「カツオが食いだした」とアナウンス。
三投目に隣の人と同時に当たりがあり、先ほどと同じ大きさのカツオをGet。
しかし、この食いも長く続かずこの後むなしく納竿の合図。
この日の竿頭はカツオ2本で私でした。
半数近くがボーズのこの日の状況は、ざぞかし船長もお疲れだったでしょう。

さて、この日思ったこと。
・前回は平ソーダがポツポツと釣れてそれなりに楽しめたが、この日はまったく掛からなかった(船中1匹?)。前日は大きな平ソーダが掛かっていたと船長は言っていたが。
カツオに関して仕掛けだが、船長推薦はハリス1.5m。なるべく小さな針でエサのオキアミをきれいに着けるようにとのこと。
前回、このアドバイスを忠実に守り、そこそこの釣果を上げた。
今回も写真のように1匹掛けで成功した。
e0125217_16573599.jpg


・付けエサだが、前回から「オーロラ??」という(商品名忘れた)高い値段の箱入りのエサを使っているが、3Lの大き目のオキアミばかりなので針にエサを付けやすい。
・マグロに関してだが、この日も船長曰く「船の周りを泳いでいて、船の下に近づかない。」。
昨今、ハリスの長さが昨年に比べて長くなった感じ。
12mとか10mとか・・・・。
私は8mで挑戦したが、理由はこんな所にあるのかも?
・文中にも書いたが、ポイントがあまりにも岸よりでビックリした。
馬入川の河口の湘南大橋を走っているトラックが肉眼でわかるのだ。たぶん、車で走っているときに海を見たら、大船団が確認できると思う。
昨日も真鶴から城ヶ島までの港の船が勢ぞろい。
その数、30隻?40隻?数えてはいないが、大磯から茅ヶ崎港の前までいる図は壮観。
茅ヶ崎港からの出船だったら、ポイントまで5分だね。

さあ、今日から10月。
まだまだチャンスはあるので、近日中、5回目の挑戦検討中。
[PR]
by tongchai0208 | 2015-10-01 17:01 | 釣行紀 | Comments(2)