私の備忘録


by tongchai0208
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

e0125217_10303324.jpg

昨日、11月03日は語呂合わせで、いいオヤジの日ということで、マグロの道具を仕舞おうと思ったけど、いいオヤジの日なので諦めきれないオヤジは釣れないキハダマグロにリベンジしてきました。
当日は、茅ヶ崎港沖右エ門丸より突撃!
ミヨシ右側の座席をゲットし、6時半に16人のマグロバカを乗せ一路南下。
40分ほど走るも群れ無し。
そこから城ヶ島方面に進路を変えて江ノ島のやや右まで走ったところでスローになった。
7時過ぎ、「50m!」の合図で第1投。
当たり無し!
8時過ぎに、散水した2隻の一本釣りの船の周りを鳥が群がる4隻ほどの船団に合流。
葉山の船がカツオか平ソーダを上げていたが、時遅し。
着いたと同時に、散水を止め移動してしまう。

その後、12時半頃まで点々と移動を繰り返すも、食わない。
この時点で、船中ヒット無し!
隣のオヤジと「今日はダメだね。また空のクーラー持って帰るようだ」と話していた。

12時過ぎから岸よりの船団が慌しく移動しているのを見ていたが、痺れを切らした船長がその船団に向かった。

もう岸からとても近い。
(最初の写真がメジのポイント。岸が良く見える)
葉山沖?

ほぼ葉山の船だったが、メジと平ソーダの群れを追いかけているようで、到着したときにはタモ網を使う姿が各舟で見られた。
仕掛けをハリス14号3m、ハリは12号と小さめに変更し、合図とともに指示ダナ40mで開始。
開始早々に、「ガツン」という今日初めての当たり。
しかし、合わせを入れるまもなく外れてしまう。
その後、2本の平ソーダをゲットしたが、その間、当たり5回。
針が小さいのかと思い、ヒラマサの14号に結び直す。
すると同じような当たりが出て、下に突っ込む引き。
2.5キロのメジをようやく仕留める。
しかし時すでに遅く、2時前と納竿時間を過ぎている。
ここで終了となってしまった。
船中、誰かしらがメジか平ソーダを釣り上げていた。

e0125217_10315224.jpg

e0125217_10324339.jpg


さて、この日思ったこと。
キハダ狙いは、ハリス20号6mの仕掛けでした。
今期7回行った時点で今年は辞めようと誓っていたはずだったが、メジが釣れ出すと言う情報が入り、どうしても食べたくなった。
キハダマグロの子供ではなく、クロマグロの子供。
本当は自然保護の観点からあまり好ましくないのであろうが、旨いものは旨い!
大型のキハダだが、この日の船長曰く、群れは居る。
この日は群れが船の下を通過しても食わなかったし、流しているときにも船の周りにはマグロが着いている時間帯待ったそうだ。
メジだが、ハリスの太さはあまり関係ないようだった。
隣の方は23号3mで2本上げていた。
私は14号だったが、サメがたくさんいるので、掛かったらゴリ巻きで上げないとサメに横取りされてしまう状況。
掛かったら、即ゴリ巻き!
メジに関しては、餌付けはオキアミ1匹掛けが良いと思う。
2匹、3匹と掛けている方には、あまり釣れていなかった。

盛期のような船団は形成されていないのでちょっと寂しいが、船長も「昨年は11月7日までやっていたよ。」と言っていたが、まだまだヤル気満々。
美味しいメジ、今、釣れてます。
葉山、茅ヶ崎と出船している船宿は少ないですが、ぜひ旅立つ前のラストチャンス、行かれて下さい。

私は、今期キハダマグロ8回チャレンジで10キロ以上は釣れず完敗でした。
来年こそは・・・・・。
さあ、次は二ノ宮沖の泳がせブリに行こう!!


e0125217_10413994.jpg

メジのお刺身半身分 脂ノリノリ















e0125217_10432940.jpg

本日の釣果(船宿HPより拝借)
[PR]
by tongchai0208 | 2015-11-04 10:45 | 釣行紀 | Comments(5)