私の備忘録


by tongchai0208
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

営業時間

e0125217_18263395.jpg


昨日、近郊のタイレストランに行ってみた。
ここのタイ人のオバチャマとは、お友達。

で、見つけたものが、写真の文句。

営業時間 気が向いてから~飽きるまで

だからアジアは面白い。


追伸:日曜日に出漁かも??
Uta君、庖丁研いでおいてね。
[PR]
# by tongchai0208 | 2012-03-02 18:27 | つぶやき | Comments(0)

本日の釣果

e0125217_2005861.jpg

イサキ 23匹
マダイ 3キロ 1匹

e0125217_2013042.jpg


場所 静岡県下田・須崎港より出船


お疲れモード、MAXのため これにて寝ます。
[PR]
# by tongchai0208 | 2012-02-21 20:01 | Comments(0)

いざ、出漁!

e0125217_6523480.jpg

おはようございます!
久しぶりに、出漁しました。
さて、何が釣れますか?お楽しみに。
[PR]
# by tongchai0208 | 2012-02-21 06:52 | 未分類 | Comments(0)

OROKA

e0125217_149566.jpg

私の友人、A-1(エイイチ)さんがアニメーション制作で手がけたショートアニメ「OROKA」が、昨年山形国際ムービーフェスティバル2010のアニメCG部門で、なんと、スタジオジプリの作品を抜いて、最優秀作品に選ばれた。
この作品、ペットを人間に置き換え、殺処分の現状を描いた15分の短編アニメ。
見終わると、ハッピーエンドで終わるのではなく、誰もが心に何かを感じることのできるアニメだ。

この作品、町田にある「町田・デザイン専門学校」の産学ネットワーク展(卒業制作展 2月17~19日開催)の初日、17日(金)の11時から、作者のA-1さんが制作の裏話を披露した後に、上映する。
なぜかA-1さんは、この学校の卒業生。

お暇な方は、行ってみては??
[PR]
# by tongchai0208 | 2012-02-07 14:11 | Comments(0)

e0125217_9471069.jpg
急遽、休みが取れたので、現在、爆釣中の沼津沖のタチウオ釣りに行ってみた。
午後4時半出船と言うことで、自宅を1時過ぎに出発。
東名高速も渋滞は無く、沼津IC経由で出船場所の沼津港には3時半前には着いてしまった。
海はベタ凪、風も無くポカポカ陽気。
4時には、今日乗船する9名が集合し、4時20分には出船。

この所、東に30分ほど行った田子の浦沖が好調とのこと。
ちょうど、富士川の河口と田子の浦港の間周辺の岸より。

この日の仕掛けは、全長3メートルの天秤仕掛け。
オモリは、60号を使用。
仕掛けの真ん中に、50センチの枝針を付けた2本針仕掛け。
私以外は、水中ライトやケミホタルなどの集魚のための灯りを仕掛けに付けていたが、私は何も無し。
余計なものを付けないほうが良いことは、この周辺の船長たちから聞いていたので・・・・・。

エサは、サンマの切り身。

5時過ぎに、第1投。
指示棚は50メートルから上とのこと。
と、もう当たりがあり、本日第1号ゲット。
指3本級。
ここから、怒涛の入れ食い!
開始早々から、19時半位まで入れれば食い付く状態で、このまま続けば100匹は?などと思ったが、そんなに旨い話しは無いわけで・・・・。
その後は、急に食いが落ち、船も場所を移動しながら、ポツポツモードに。
納竿の22時までで、私、46匹でした。

この日は、最初の入れ食いの時は、50メートルまでオモリを落とし、そこから上に竿をしゃくりながらリールを2回し巻いて止めの繰り返して、30メートルまで上げて、当たりが無かったら、また50メートルまで落としての繰り返し。
止めて、次のしゃくりの時に、ガツンと掛かるパターン。
30分後には40メートルから30メートルの間でほとんど釣れた。
置き竿の方も、この時点では釣れていたが、食いが悪くなってからは、途端に釣果伸び悩み。
ここで、最終的にはトップとの差が歴然と。

当たりの少ない時は、尚更、エサを動かし、魚がエサを追わせる様な操作をしましょう。
リールで3メートルほど巻いて来ては止めるという方法でも、食いの悪いときには有効でした。

ということで、沼津沖のタチウオ釣り、今、絶好調です。
流石に海の上は寒いですが、結構、竿をしゃくり続けていると、身体も暖まりますよ。
入れ食いを堪能したければ、ぜひお早めに!!

下の写真は、この日の釣り場。
この後、ここで入れ食いが始まった。
目の前には、富士山が!
e0125217_9484384.jpg

[PR]
# by tongchai0208 | 2012-01-30 09:49 | 釣行紀 | Comments(0)

本日、沼津より太刀魚!

e0125217_153927100.jpg

急遽、爆釣しているタチウオに参戦。
4時半出船。
海はベタ凪で風も無く、ポカポカ陽気。
さて、釣れるでしょうか?

結果は、お楽しみに!
[PR]
# by tongchai0208 | 2012-01-29 15:39 | 未分類 | Comments(0)
e0125217_17423158.jpg

e0125217_17432034.jpg

お正月気分もまだ抜け切らない1月8日、友人数名と浅草で14時より昼飲み。
浅草といえば、有名なのは通称“ホッピー横丁”と呼ばれる通りだが、ちょっと値段設定がお高い。
私たちが腰を落ち着けた飲み屋は、この通りに程近い場所にある「焼き鳥もつ焼きくじら・浅草弥太郎」という居酒屋。
昨年から、浅草で飲むときはいつも利用している。
この店、なんと中生380円。
酎ハイ300円。
ホッピー外250円、中200円。
飲み物も、下町情緒たっぷりのものが多数揃ってます。
焼き鳥は90~100円。
おつまみ類も、めったに食べられないくじら料理全般580円以外は180円から300円台と非常にリーズナブル。
このお店、ホッピー横丁の各店よりも各段に安いから、常連客も多く昼間から混んでいますが、お財布にやさしい飲み屋です。
ちなみにこの日はここに約3時間居て、生ビール1杯、酎ハイ7杯、ホッピー3杯ほど各自飲んで、たっぷりとつまみを食べて、会計は一人当たり4,000円でお釣りが来ました。
ここまで飲まなくても、適量であれば、非常に安く飲めますよ。

と、店を出た後、千鳥足で浅草寺にお参りに。
そして、上野経由で山の手線に乗り、辛い鍋でも食べようと言う事で、韓流のメッカ、新大久保へ。
毎回来るごとに、街並みが変わっている場所も東京では珍しい場所だ。
韓流ブーム、恐るべし!
名だたる韓国料理の店は、ほぼ行列状態。
あまりの混雑のため大久保界隈を諦め、区役所通りへ歩くも通りは大混雑。
こっちは、酔っ払っているし飲めればいいやという気分だったので、目に飛び込んだ区役所通り沿いの地下にあるタイレストランへ。
初めて入った店だったが、これが大当たり。
客はタイ人のグループのみで、ガラガラ。
このレストラン、名前は忘れました。
つまみは、日本語でわかりやすく表現すると「カニのカレー粉炒め」「豚の首肉の焼き豚スライス野菜添え」「きしめんのような麺の激辛ヤキソバ」を4人で注文。
量もそこそこの盛り付けで、上記のメニューで2時間持ちました。
カニのカレー粉炒めは、タイ米をチョイスして、この汁を掛けて食べるとこれまた絶品。
上記の品、この界隈で頼むとほぼ1,000円なのだが、この店は800円だったような?
中盤、先客のタイ人おばちゃまのグループに声を掛けられ、テーブルをくっつけて盛り上がり、これからカラオケに行こうとナンパされるも、丁重にお断りをして店を出る。
このとき、21時過ぎ。
同行の面々、まだ帰る素振りもなく、強引に新宿駅方面に歩かせ、新宿大ガード脇の思いで横丁へ移動。
つるかめ食堂で、この日最後の酒盛り。
私は酎ハイ2杯で、グロッキー。

延々8時間弱、酒に溺れました。
翌日が成人式で休みで良かったよ!
[PR]
# by tongchai0208 | 2012-01-10 18:08 | つぶやき | Comments(2)
e0125217_11385354.jpg


予定通り、1月4日水曜日に初釣りに行きました。

しかし・・・。

天気予報は最悪の情報で、南西の風が吹き荒れるとのこと。
2012年の最初を飾る釣行なのでマダイと最初から決めていたが、前日、東京湾にしようか相模湾にしようか、それとも沼津?といろいろと考えた末、決まらず。
道具だけを車に積み、就寝。
翌日、気象庁の予報をチェックすると、伊豆大島で南西の風が10メートル。
一か八かで、東京湾の金沢八景に決めた。

船宿に着くと、やはり風の様子をみているとのこと。
船長も最悪の場合は、港前でアジ釣りに行こうとお誘い。
とりあえず、荷物をマダイ船に置き(この日は、風を計算に入れて右舷トモに)、待合室で常連さんと歓談。
マアジに乗り換えるお客も多く、どうしようか迷ったが、10時ごろまでは出来るだろうと初志貫徹で乗り返せずにマダイ決定。

7時半前に出航。客は8名。マアジ船は満員御礼状態。
久里浜沖まで約40分。
船が観音崎灯台を過ぎた当たりから、波が荒くなってくる。
久里浜の東電の大きな煙突が見える沖が、今日の釣り場。
久里浜と金谷を結ぶフェリーの航路のすぐ横。

この日の私のお道具は、マダイ竿に電動リール、80号のサニービシに1メートルのクッションゴム。
その先に、ハリス4号4メートルに小さなヨリモドシを付け、その先に2.5号のハリス4メートルを結び、ハリはマダイ針9号を付けたもの。
最近の久里浜沖のマダイ釣りは、平均して8メートルのハリスが主流になってきている。
以前だったら、6メートルが標準だったが。
そして、お魚が小型が多いので、ハリスの太さも2.5号と細い。
まあ、大型が掛かったら、後は腕次第だけどね。

この船宿、コマセは少量のアミコマセとオキアミ。
マダイ釣りに関しては、コマセを大量に撒けと言う船宿もあるが、ここは、極力少量を撒きましょうという主義で、この日もエサ取りが多いので、終日、オキアミをほんのひとつまみ程度コマセ籠に入れただけ。
この船に乗る常連は、皆さん、こんな感じで釣っている。

また、この時期はなぜかマダイが底から結構上の位置に泳いでいるらしく、コマセ籠を一旦底まで落としてコマセを巻きながら、ハリスの長さ分の位置前後で当たりを待つ従来の釣り方ではなく、この日は水面からのタナ取り。
この日は終日移動しなかったので、船長からの指示は、55メートルまでコマセ籠を落とし、そこでコマセを出して、5メートル巻き上げた水面から50メートルで当たりを待つというもの。
リールからのPEラインには、10メートルごとに色分けされており、さらに1メートルごとに色が付いているのだ。
それを見ながら、指示通りに釣ればいい。
私はこの釣り方は好きだ。
まあ、他の船宿では底からのタナ取りが多いが、底の魚を驚かさない点では、利に叶っている釣り方だ。

さて、8時過ぎに開始。
10分過ぎに他の客がマダイを釣り上げるが、私には9時半まで音沙汰無し。
この時点で、8名中、5名がマダイをゲットしているが私は蚊帳の外。
初釣りだからという分けではないが、この日の天候を考えるといつ撤収してもいいぐらいの状況。
南からのうねりが激しく(2メートル以上の波)、トモにいる私の場所は、上下動1メートル以上。
風は強いし、立って釣りことは難しい状況で、船に乗るのがお好きではない方は、一発で船酔い確定。
まあ、余ほどの物好きでない限り、釣りをしようと言う状況ではないのです。
そんな状況の中、諦め掛けた10時前に待望の当たりがあり、1匹ゲット。
ここから、11時半まで、怒涛のマダイの入れ食いが始まった。
なんと、1時間半で7枚のマダイが釣れてしまった。
これは自己新記録。
その中には、ハリス切れが3回。
入れれば食うとまでは言いませんが、よく釣れました。
しかし、左舷の方は蚊帳の外でした。

何故でしょう??

この日の干潮は7時ごろで、そこから上げ潮に変わり、満潮が12時過ぎでした。
風は南西の予報と言うことで、船の舳先は神奈川県側を向き、7時過ぎからは、潮が左舷から右舷に流れるという理屈です。
こうなれば、私のエサは常に船から先端にある状態になるわけです。
そんなことを頭に入れ、私は右舷のトモに場所を取りました。
これが大正解。見事に予想が当たりました。
この日トップ10枚を上げた方は、右舷ミヨシ(船の前)の方でした。

それから、この日の入れ食いにはもう一つ、訳が。
釣れていた人は、置き竿ではなかったということ。
上下動の激しいこんな日に、置竿にしていたら、コマセ籠が上下に踊ってしまい、エサも不自然な動きに。
こんな日は、不精をしないで、持ち竿で竿先を船の揺れに逆らって上下動を押さえましょう。
そして、誘いをかけましょう。
この日釣れたマダイ全てが、誘いで釣れました。
特に、竿を下げてエサが沈んでいるときに食うパターンが多かったです。

こんなことも参考にされてみては???

と言う事で、今の久里浜沖のマダイ釣り、絶好調です。
行くなら今ですよ!!

さて、今日は2012年初出勤の日。
適当に仕事をこなして、がみや一丁目に行きますか?
昨日のマダイを昨日渡してあります。
Uta君、今日はどんな料理を食べさせてくれるのかな??

おっと、昨年末の久里浜沖のマダイ釣りの釣果をお知らせしていませんでしたね。
マダイ1匹とイナダ君1匹で撃沈でした!!
報告が遅れました。
[PR]
# by tongchai0208 | 2012-01-05 11:38 | 釣行紀 | Comments(0)
さあ、2012年がスタートしましたね。
どんな年になるのでしょうか?

さて、今年の初釣りは1月4日に決定!
どこに行くのかは、未定です。

今年は、どんなドラマが待っているのかな?

今年もよろしくお願い致します。
[PR]
# by tongchai0208 | 2012-01-01 21:40 | 未分類 | Comments(0)
e0125217_7333569.jpg

今年最後の魚釣り。
金沢八景より、マダイ釣りへ出発。
釣れるかな?
[PR]
# by tongchai0208 | 2011-12-27 07:33 | 未分類 | Comments(0)

忘年会

e0125217_11533945.jpg

2011年もあともう少し!
というのに、私、風邪をひいてしまいました。
しかし、治らない。

先日は、以前から個人的にお付き合いのある青木理事長が主催している異業種交流会「起業推進クラブ」の忘年会が信濃町で。
飲んだ、食った。
風邪を押して、調子に乗って、3次会までお付き合いしましたが、それなりに濃い人脈が・・・・。
お金を儲けたいと願う人が集まると、いろんな話しが飛び込んできて、結構楽しい会です。
興味のある方は、HPをご覧下さい。
毎月、銀座で定例会を開いています。

さあ、あと今年も残すところ12日。
机の上でも片付けますか??
[PR]
# by tongchai0208 | 2011-12-19 11:52 | つぶやき | Comments(0)
e0125217_9542018.jpg

昨日は、先日釣り上げたアマダイを町田・がみ屋一丁目にて美味しくいただいてきました。
昆布の味のよく染みたアマダイの昆布じめ、そして皮の部分が美味しい塩焼き。
どちらも絶品でした!!
これだから、お魚釣り、止められないね~。

さて、そんな美味しいお魚がたくさんある中、アマダイ釣りに付きモノの外道と呼ばれるお魚達が、これまた美味しい。
アマダイ釣りの美味しい外道代表格3種類を紹介しよう。

まず、ヒメコダイ。通称、アカボラと呼ばれる15㎝前後の赤いお魚。
この魚、小骨が少々多いが、お刺身やカルパッチョ、天ぷらなど何にしても美味しい魚。
とにかく釣れたらクーラーへ。
小さな魚だけど、手間隙かけて捌けば、その食感に驚きますよ!!
この日は、4匹釣れました。
e0125217_9582140.jpg



次に、ガンゾウビラメ君。
本来はもっと大きくなるらしいけど、なぜか大きくても15㎝止まり。
釣り上げたときに、風でひらひらと葉っぱのようになるほど透き通っていて、肉厚ではない。
しかし、味はいい。
私は、好んで唐揚げで食べてます。
腸を出して、背骨に沿って両面切れ目を入れれば、食べるときに楽です。
この日は、11匹釣れました。
e0125217_9594468.jpg



最後に、キダイ、別名レンコダイ。
これも、10㎝ほどの小さな物しか釣れませんが、これも塩焼きや煮付け、変わったところで干物も旨いです。
この日は、3匹釣れました。アマダイと一緒に、干物にしました。
e0125217_1003957.jpg




この日は釣れませんでしたが、ホウボウやイシモチ、鬼カサゴ、ヒラメなどなども嬉しい外道です。

連日、相模湾のアマダイ釣り、絶好調の様相。
美味しい外道も合わせて釣ってきて下さい!
[PR]
# by tongchai0208 | 2011-12-16 10:00 | 釣り関連 | Comments(0)

アマダイ釣り@茅ヶ崎沖

e0125217_9481011.jpg


12月13日(火)にアマダイ釣りに行ってみた。
2年ぶりのアマダイ君。
このところ、調子が良いらしく、賑わっているとの情報。

マダイに行こうかと思ったが、もれなくイナダ君がおまけで付いてくるし、寒いのでいちいちコマセを詰めるのも面倒だし・・・・などと思い、シンプルにオキアミのエサだけ付ければいいアマダイに決定。

当日、7時出船も、客は私を含め4名。
座席は、船の後ろトモの右側。四隅を4人で固めた状態で出船。

ポイントは茅ヶ崎港の真南、水深80mほどの場所。

当日の私のお道具は、2mのマダイの竿に電動リール、30㎝の天秤に60号のオモリ。
仕掛けは、面倒なので船宿にあったものを購入。
全長2.2m、ハリス3号2本針の仕掛け。

これにオキアミを丁寧に付け、第一投。
オモリが底まで着いたら、1mオモリを上げて待つ。
これがこの日の基本の釣り方だった。

しかし、アマダイと言うお魚、これでは釣れません。
1m底から上げた状態で、エサが底付近を引きずっているかちょっと上を漂っている状態です。
これにアクションを加え、50cmほど上にちょうどエビが底から跳ねているイメージでゆっくりと竿先を上げます。
これが基本です。
私は、この日は20秒間隔で動かしていました。
絶対に竿掛けに掛けて、当たりを待たないように。
この日も、これをやっていて船長に注意されている人がいました。

そしてここから、人よりも多く釣る方法を教えます。
まず、海底の水深は常に変化しています。
この日も80mの水深でも、海底は少しずつ起伏があり、1回の流しでも上下3mほどの差がありました。
最初に底から1m上げた所から、ずっとその位置をキープしていた場合、エサの位置が相当にずれてきます。
基本的に、エサは底をはっているイメージですから少しでも深くなった場合はこれでは釣れません。
ということで、1分に1回はもう一度オモリを底まで落とし、再度1m上げるようにしましょう。

次に、これからお話しする方法は、昔大磯の船長から教わった釣り方です。
オモリが底に着いたら、すぐに上にあげないで、オモリで底の泥をパタパタとかき回すように操作するのです。
ただ竿先をオモリのテンションを感じながら動かすだけですが・・・・・。
これによって、濁りが出て底にいる魚もこの濁りに興味を持ってきます。
そして、ス~ッとオモリを1m上げるのです。
多く場合、ここで当たりが出ることが多いです。
外道と呼ばれる魚が多く掛かることは否めませんが、この日は、終日、この方法を行っていました。

10時半頃までに上記の方法を行いながら、大型は出ませんでしたが、7匹と絶好調。
こりゃ、15匹は行けるんじゃないか?と、思った瞬間から、その後、2時間私には当たり無し。
まあ、釣りってこんなもんでしょう。

14時の終了間際に本日最大の38センチを追加し、この日は8匹で船中トップでした。

大型は釣れませんでしたが、他船では45cm級も釣れたようですし、トップ14匹何で言う船もあったそうです。

只今、相模湾のアマダイ釣り、絶好調です。
是非、行ってみて下さい。
そしてこのアマダイ、釣りも楽しいですが、お楽しみは、このお味。
さて、何にして食べましょうかね??

Uta君、木曜日に行きますから!!
美味しいアマダイ料理、お願いします!!
[PR]
# by tongchai0208 | 2011-12-14 09:39 | 釣行紀 | Comments(0)
e0125217_1537100.jpg

先ほど、茅ヶ崎港に着きました。
今日は、久しぶりに美味しいアマダイを〓〓

今日の私の釣果は、8匹でした。

詳細は後ほど。
[PR]
# by tongchai0208 | 2011-12-13 15:03 | 未分類 | Comments(0)

行ってきます!

e0125217_6401284.jpg

おはようございます。
今日は、茅ヶ崎より久しぶりに××釣りへ。
釣れなかったら、恥ずかしいので釣れるまでヒミツ。
じゃ、またねー
[PR]
# by tongchai0208 | 2011-12-13 06:40 | 未分類 | Comments(0)

X-Dayはあした

明日、出漁します。

Uta君、庖丁を研いで待っててね!

さて、何を釣りましょうか??

明日のブログをお楽しみに!!
[PR]
# by tongchai0208 | 2011-12-12 16:09 | つぶやき | Comments(0)

師走です

久しぶりにこのブログを開いてみました。
そういえば、12月はまだ何も書いていなかったんだね~?

今年も後2週間ちょっとで終わり。
しかし、仕事の方は山積みで、考えただけで嫌になっちゃうね。

あ~、代休を消化して年内中に1回は釣りに行きたい!

でも・・・・

いや、行っちゃおうかな????

で、いつ?

私にもわかりません。

この分で行くと当分の間は、更新はないでしょう。
[PR]
# by tongchai0208 | 2011-12-07 08:18 | つぶやき | Comments(0)
e0125217_1019574.jpg

11月27日(日)、のご報告。
この日は、久しぶりに東京湾のマダイ釣りに行ってきた。
前回、ワラサ釣りに行った以来で、久しぶりの東京湾。

7時過ぎに、八景の小柴漁港を出航。
しかし、日曜日にもかかわらず6名と大名釣りの様そう。
私ともう1名の客を除き、残りの4名は常連の大ベテラン。
この日は、トモ(船の後ろ側)の左側の座席を取った。

仕掛けは、80号のサニービシに天秤を介し、クッションゴム1メートルの先に基本は3号のハリスを使用するのだが、この所ちょっと小ぶりが多いとのことで、常連の薦める2.5号と細くして8メートル1本針とした。

e0125217_10202783.jpg

私のお道具


大半の船は、久里浜沖か剣崎沖に行くが、この所状況が悪いので、久里浜火力発電所の先の下浦と言うポイントへ向う。
8時過ぎに、第一投。
ここの常連は、コマセをたくさん入れずにオキアミを主に大さじ2杯分ほどで釣る。
他の船長だと、「コマセをたっぷり撒いて」とアナウンスし、客もこれでもかというほどコマセを撒くが、この時期、ウマズラハギなどのエサ取りも多く、マダイを寄せる前に外道を集めてしまう。
この船もアミコマセは配られるし、お代わりも自由。
しかし、常連は最初の1杯だけで、一日を過ごす。

私も東京湾でマダイを釣るときは、そんな感じです。
でも、ちゃんと釣れますよ!!

スカスカのコマセ籠で二投めに当たりがあり、400gの綺麗なマダイを釣り上げる。
9時の時点で、船の四隅の方は同じような型のマダイを私も含め二枚ずつゲット。
しかし、イナダが回ってきて、マダイが釣れなくなる。
ここでモーニングタイム終了。
ここから1時ごろまで沈黙の時間が続く。
船長も、無線で久里浜沖や剣崎沖の僚船とやり取りしているが、どこも芳しくない様子。
この船は、大移動することもなく、下浦のポイントを小移動を繰り返す。
2時過ぎに、潮が動き出し、イナダがまた釣れだし、2時半頃に立て続けに船内でマダイが上がりだす。
私も1枚追加し、3時に終了。

結果、マダイ3枚 イナダとりあえず6本(小型はリリース)。
その他に大きなマアジとマサバでした。
船中トップ4枚で3枚が私も含め2名、2枚が2名でボーズ1名を言う結果でした。
港に帰港して船長に聞いたが、久里浜で1日通していた船は船中ゼロの船もあったとか。

今の東京湾、ワラサが当たったら交通事故と思って、ハリス2.5号の8メートル。
コマセはアミコマセを少量。
これでやってみて下さい。

そうそう。
この日は、全て上からタナを取る方法で、この日の指示は35メートルまで仕掛けを降ろし、ここでコマセを振り、5メートル上げて35メートルのところで当たりを待ちました。
どうも、マダイが神経質なようで、仕掛けを降ろすと魚探から消えてしまうとアナウンスが度々ありました。
この周辺は、コマセをいったん海底まで降ろし、そこからコマセを巻いて待つ方法をとりますが、今日ボーズだった船は船宿名を聞いて、底でタナを取っている船でした。
ご参考までに!

e0125217_10213336.jpg

帰りに観音崎を通過 海上から見た観音崎灯台

e0125217_10231835.jpg

猿島沖通過 左に黒く見えるのが猿島
その横が横須賀
そして夕日に浮かぶ富士山。
[PR]
# by tongchai0208 | 2011-11-28 10:05 | 釣行紀 | Comments(1)

東京湾マダイ釣り速報!

e0125217_16171082.jpg

やっと、港に着きました。
とりあえず、今日の釣果を写真で載せておきます。

詳細は、後ほど!

さぁ、帰ります。
[PR]
# by tongchai0208 | 2011-11-27 16:17 | 未分類 | Comments(0)

マダイ@東京湾!

e0125217_752227.jpg

おはようございます。
これから、金沢八景よりマダイ釣りに行ってきます!
今日は日曜日なのにガラガラ。
さて、釣れますか?
[PR]
# by tongchai0208 | 2011-11-27 07:05 | 未分類 | Comments(0)