ブログトップ

昼飲み@浅草~新大久保~新宿

e0125217_17423158.jpg

e0125217_17432034.jpg

お正月気分もまだ抜け切らない1月8日、友人数名と浅草で14時より昼飲み。
浅草といえば、有名なのは通称“ホッピー横丁”と呼ばれる通りだが、ちょっと値段設定がお高い。
私たちが腰を落ち着けた飲み屋は、この通りに程近い場所にある「焼き鳥もつ焼きくじら・浅草弥太郎」という居酒屋。
昨年から、浅草で飲むときはいつも利用している。
この店、なんと中生380円。
酎ハイ300円。
ホッピー外250円、中200円。
飲み物も、下町情緒たっぷりのものが多数揃ってます。
焼き鳥は90~100円。
おつまみ類も、めったに食べられないくじら料理全般580円以外は180円から300円台と非常にリーズナブル。
このお店、ホッピー横丁の各店よりも各段に安いから、常連客も多く昼間から混んでいますが、お財布にやさしい飲み屋です。
ちなみにこの日はここに約3時間居て、生ビール1杯、酎ハイ7杯、ホッピー3杯ほど各自飲んで、たっぷりとつまみを食べて、会計は一人当たり4,000円でお釣りが来ました。
ここまで飲まなくても、適量であれば、非常に安く飲めますよ。

と、店を出た後、千鳥足で浅草寺にお参りに。
そして、上野経由で山の手線に乗り、辛い鍋でも食べようと言う事で、韓流のメッカ、新大久保へ。
毎回来るごとに、街並みが変わっている場所も東京では珍しい場所だ。
韓流ブーム、恐るべし!
名だたる韓国料理の店は、ほぼ行列状態。
あまりの混雑のため大久保界隈を諦め、区役所通りへ歩くも通りは大混雑。
こっちは、酔っ払っているし飲めればいいやという気分だったので、目に飛び込んだ区役所通り沿いの地下にあるタイレストランへ。
初めて入った店だったが、これが大当たり。
客はタイ人のグループのみで、ガラガラ。
このレストラン、名前は忘れました。
つまみは、日本語でわかりやすく表現すると「カニのカレー粉炒め」「豚の首肉の焼き豚スライス野菜添え」「きしめんのような麺の激辛ヤキソバ」を4人で注文。
量もそこそこの盛り付けで、上記のメニューで2時間持ちました。
カニのカレー粉炒めは、タイ米をチョイスして、この汁を掛けて食べるとこれまた絶品。
上記の品、この界隈で頼むとほぼ1,000円なのだが、この店は800円だったような?
中盤、先客のタイ人おばちゃまのグループに声を掛けられ、テーブルをくっつけて盛り上がり、これからカラオケに行こうとナンパされるも、丁重にお断りをして店を出る。
このとき、21時過ぎ。
同行の面々、まだ帰る素振りもなく、強引に新宿駅方面に歩かせ、新宿大ガード脇の思いで横丁へ移動。
つるかめ食堂で、この日最後の酒盛り。
私は酎ハイ2杯で、グロッキー。

延々8時間弱、酒に溺れました。
翌日が成人式で休みで良かったよ!
[PR]
Commented by gop at 2012-02-07 12:18 x
先日、浅草で昼間っから飲んだ時、弥太郎に行きました。
3時に行って、4時に満席。しかも若い連中ばっかり。さすが。

その後、上野の新しいタイ料理屋へ。アメ横ビルの横です。
大久保は、伝説の店「プアンタイ」が、復活しました。行きましょう!
Commented by tongchai0208 at 2012-02-07 14:19
まいど、
このところ超忙しいので、ご無礼しております。

弥太郎、なかなかいいでしょ?

プアンタイ、いいね~

この前、鶴間のリナへ行ってきた。
店の表は以前のような小料理屋風ではなく、タイメシ屋そのものに改装していたけど、中はね~。
あのまんま。
17日に行く??
by tongchai0208 | 2012-01-10 18:08 | つぶやき | Comments(2)