ブログトップ

ムギイカ@沼津内浦湾

e0125217_16232942.jpg

5月の連休5日に、マダイと夜釣りのムギイカ、ダブルヘッダーにチャレンジ、

今年のゴールデンウイーク後半はどこも天候状態が悪く、時化が続いていた。

5日しか行ける日がなく、ボーズ覚悟で前回3キロ弱のマダイを釣り上げた西伊豆戸田へ向かう。

早朝のマダイ狙いは、9時過ぎには風が強まり、結果的には私は生体反応なくボーズ。

いや、ほとんどの方がボーズ。

しかし、風を避けて戸田の湾内でマダイを狙ったが、乗船者の女性が4キロはあろうかと言う立派なマダイを釣り上げたのにはタマげた。

夕方のムギイカ出船を期待したいところだったが、昼前にはもう出船できるような海ではなく、渋滞の中を帰らねばと考えていたら、船長が、深夜便なら風も収まり出れるけどと船内でアナウンス。

半分のマダイの客が、深夜便に変更希望。

もちろん私も。

ということで、下船し集合時間の2230分まで約10時間をどう潰すか悩んだ。

車は港に置き、戸田観光としゃれ込んだ。

まずは昼飯と、数多くある戸田名物の深海魚料理の店を素通りして、いつも行く素朴な子供の頃にあった懐かしい中華料理屋(俗に、ラーメン屋と言ってたな?)で餃子と焼酎水割りで、店主のオバチャンと世間話。おかげで「これ食べてよ」の言葉に甘えておしんこやら魚の煮付けをつまみながら、その後3杯飲んで酩酊。締めに昔ながらの醤油ラーメンはお約束。

車に戻って、その後、爆睡。

温泉で汗を流し、10時前に再度起床。

11時前に、12名の客を乗せて出船。

例年、土肥沖のポインへ向かうが、まだ本調子ではなく、現在は、北上して大瀬崎を回って内浦湾が主な釣り場。

風も収まり、前方にイカ釣りの灯りが無数に見える。

道具を準備して気がついた。

今回は手釣りの練習をするという目的を持って来たのだが、車に縄を置き忘れてしまった。

ショック!!

仕方なく、今流行の電動直結で挑むことにする。

イカリを入れ、船上の電気が灯る。

深夜0時前に第一投。

60メートルから上を探る。

10分後に船内ボツボツ乗り始め、私にも。

ボースは免れた。

しかし、どうも食いが悪い。

午前2時過ぎに、角を浮きスッテから11センチのプラ角ブランコ仕掛に変ええ見た。

この時点で、海面から30メートル上で食いだしていた。

セオリー通り、20メートル沈めた辺りからリールをサミングして止めて出してを繰り返し30メートルまで降ろす方法で、一発目から食ってきた。

それを見た隣のお客さん、すかさず仕掛チェンジ。

プラ角に変えて電動直結で開始。

直ぐに乗った。

私の方はボツボツ程度だったが、隣のお客さん、ほぼ入れ食い。

プラ角直結仕掛を作ってくればと悔やんだのは言うまでもない。

辺りが明るくなり、目の前に富士山が見え出した4時過ぎに納竿。

私の連休は終わりました。

結果、当日のトップは78杯。

私?  38杯。

私の実力からすれば、こんなもんでしょう。

e0125217_16245322.jpg

e0125217_16255488.jpg

この日思ったこと

この日、手釣りの練習ができなかったのは残念!

毎年、トップをたたき出しているのは手釣り。

再チャレンジ、確定。

・基本的に角は浮きスッテだが、日によってプラ角が良い日もある。

浮きスッテの直結、浮きスッテのブランコ、プラ角のブランコ、プラ角の直結。これだけ揃えれば問題ないでしょう。

・電動直結だが、私も昨年、見よう見まねでやってみたのでなんとも言えないが、今の主流はこれのようで。当日もほとんどの方が電動直結。コツはと聞かれても、「周りの釣れている人を真似ているだけ」としか、今は答えられない

ムギイカの夜釣り、こうこうと灯りをともし、海面を照らす。イワシなどの小魚が寄ってきて、それを狙うイカが寄ってくると、ここまでは分かるのだが、では、イカはどの変に居るのか? 灯りの中や灯りと暗闇の部分、等々。私もそう思っていたが、数年前、大船長から「ムギイカは、船の下に着くんだよ」と教えられた。そう言えば、この周辺の冬の岸際のヤリイカの夜釣りでは、船の下に投光機を入れて船底も照らしている。

ということで、ムギイカの夜釣りは、船底狙いをイメージして釣って欲しい。

・ブランコ仕掛の場合、タナの10メートル手前からサミングでラインを止めたり出したりして指示ダナまで降ろす方法は、今回もとても有効だった。止めた瞬間、乗ってきた。

・ブランコでの竿の操作だが、シャクッた後に必ずイカが抱きつくであろうを取ること。ほとんどここで当たるが、この後、ス~っと竿先を1メートルほど上げて止めた瞬間も良く当たりが出た。ご参考までに。

・サバは居ないと言うことだったが、当日、午前3時前から大きなイワシの群れが海面に上がってきて、この群を持ち上げているのはサバ。プラ角の私には、サバの洗礼が。

30センチほどのサバが5匹ほど掛かってしまった。

・これからまだまだ釣れ続くと思うが、風の無い雨降りは最高の条件となる。

この週末、良いんじゃないかな??

私的には、伊豆大島沖のアカイカ(ケンサキイカ)に興味津々。

給料入ったら、行ってきます。

ケンサキイカの60センチは、是非釣ってみたい。

さぞかし美味しいことでしょう。


[PR]
Commented by スナブ at 2018-05-18 16:54 x
はじめまして。相模原市鵜野森在住のスナブと申します。
”船釣りファン”の心をグッと掴んだ楽しいレポートを毎回楽しませていただいております。

5月15日に大島の「夜アカイカ」行ってきましたが、潮速く2枚潮、30~40mの水深で120号なのに
オマツリ続出。船中3分の2がボーズで、小生はかろうじて1杯でした。
アカイカの味はあらゆるイカの中で最高と思っているのですが、なかなか問屋が卸してくれません。
潮が落ち着いたらチャレンジしようかと思っています。
昨年は不漁でしたが、今年はチャンスかもしれませんね。

釣りおやじ様とご近所のようですね。よろしければ情報交換いたしませんか。
snb5p1129@hotmail.com

Commented by tongchai0208 at 2018-05-21 09:03
スナブさん、おはようございます。
いつも読んでいただいて、ありがとうございます。
60センチのケンサキイカ、憧れますよね。
日本海ではシロイカと言う呼び名で胴長35センチまでは釣ったことがあるのですが・・・・。
15日、残念でしたね。
ひと時、爆釣でしたが、このところ不調のようで。
昨晩も撃沈のようでしたね。
コストパフォーマンスを考えると、もう少し先に行こうかな?
鵜野森とのこと。
私は川向こうの中町在住です。
これからも、お付き合いのほどよろしくお願いします。
by tongchai0208 | 2018-05-11 16:27 | 釣行紀 | Comments(2)